Atlassian Summit 2015 2日目 現地レポート

1日目につづき、Atlassian Summit 2015 2日目の現地レポートです。二日目はITチーム向け、ビジネスチーム向けのキーノートについて紹介したいと思います。 Keynote for IT Teams (Didier Moretti) ITチーム向けキーノートではKudos!というアトラシアンの感謝を示すためのアクティビティの紹介から始まりました。 アトラシアンの中でKudos!の感謝を受けるチームとしてITチームが第2位となっています。ITチームは迅速な対応ができて当たり前という周りからの認識のもと仕事をしているわけですが、JIRA

続きを読む »

Atlassian Summit 2015 1日目 現地レポート

11/4-5の二日間で開催されているAtlassian Summit 2015に参加するためにサンフランシスコまでやってきました。2600人もの参加者が来場し、非常に活気に満ちています。   アトラシアンでテクニカルマーケティングを担当する新村が初日の様子をレポートさせていただきます。 初日は二つのキーノートとブレークアウトセッション、そして夜にはSummit Bashというパーティがありました。

続きを読む »

アトラシアン サミット 2015 で発表された 6 つのポイント

アトラシアン サミット 2015 が開幕しました! 共同 CEO のマイクとスコットが本日 (11 月 4 日) オープニング基調講演を行いました。現在、アトラシアンサミットの参加者 (2,600 人強) はブレークアウトセッションに没頭しています。皆さんは基調講演に参加、または、基調講演のライブストリームをご覧になりましたか? ハイライトをご希望の皆さんはご心配なく。こちらでご用意いたしました。 1.

続きを読む »

[I am a speaker] ワークフローを征すものはJIRAを征す!

アトラシアン製品に関連する講演、勉強会セッションをする方に「特製 T シャツ」をご提供させていただておりますが、その中から、今回は、10月23日に開催された Atlassian User Group Nagoya 大畠様をご紹介します。 Atlassian User Group Nagoya Atlassian User Group は現時点で日本では、名古屋、東京、大阪に支部があり、アトラシアンユーザー様のコミュニティ、情報共有の場として盛り上がっています。各支部の活動については

続きを読む »

アジャイル&DevOpsコンファレンスで講演、最新アトラシアン製品連携デモ

資料を公開しました。 継続的デリバリーを支える開発環境 from Tomoharu Nagasawa 実際にデモでご覧いただいた構成は以下になります。   あなたも、アトラシアン製品に関する講演をしてみませんか? 【特製スピーカーTシャツ】をイベント、コミュニティ、社内勉強会などでお話しする方々にご提供させていただいています。ぜひ、お気軽にお問い合わせ、申請してください。     開催前時点の情報 直前の告知となってしまいましたが、来週月曜日

続きを読む »

JIRA Service Desk 3 リリース: ITIL に対応したい IT チームに加え、非技術系チーム向けのサービス機能も提供

アトラシアンの社員は、ユーザーと触れあい、話を聞くことが大好きです。2 年前に開催された Summit 2013 で、アトラシアンは JIRA を IT チケットツールとして見ていた顧客に応え、JIRA Service Desk を紹介しました。Summit 2014 では、チケットを自由に発行できるようにエージェントベースの価格モデルを採用した新しい JIRA Service Desk を発表しました。そして今日、新たな進化を発表できることをうれしく思います。JIRA

続きを読む »

「JIRA Software」を提供開始: アジャイル チームで使われている #1 ソフトウェア開発ツール

科学者であり歴史学者でもあるスティーブン・ジェイ・グールドはかつてこう言いました。「進化とは、絶え間ない『分岐』と『拡大』のプロセスである」。グールドが言っていたのは人間の進化についてですが、過去 10 年間の JIRA の進化についても適応と進歩の同じ概念が適用できます。 今日、JIRA 開発の次なる「分岐」を発表することができ大変うれしく思います。私たちはこの「分岐」を特にソフトウェアチーム、すなわち

続きを読む »

Bitbucket で何をつくった? #BuiltWithBitbucket キャンペーン

Bitbucket Server と Bitbucket Cloud (以前の Stash と Bitbucket.org) の使い方について、多くの方と話をする機会がありました。当社は、これまでにも Bitbucket の顧客がどのようなものを作っているかについて色々と学んできています。 簡単に言うと私たちは畏怖しています。 例として Halogenics のケースを挙げます。同社は、生体医学と教育の分野で Bitbucket を使用してデータベースとソフトウェアソリューションを開発しました。同社のツール類と支援している研究は、明日のがん患者にとって文字通り命を救うものであり、今日の患者やその家族にとって一筋の希望でもあります。

続きを読む »

顧客数 5 万社の夢が実現

2004 年のマイクと私。顧客 5 万社の目標を立てた頃。 4 万 8500 ドル。これは 2002 年にマイク・キャノン・ブルックスと共にアトラシアンを立ち上げるために辞退した、プライスウォーターハウスクーパースの給料です。当時のオーストラリアにはテクノロジー業界もスタートアップ企業もなく、大学の教授たちには見放され、両親には見て見ぬふりをされました。私たちは、4

続きを読む »

フォーチュン 500 企業の 3 社に 1 社が Bitbucket を使用: Bitbucket はプロフェッショナルチーム向け Git ソリューション

Git がプロフェッショナルチーム内で勢いを増していることはもはや周知の事実です。昨年の Forrester Enterprise Study によると、回答者の 33% が、ソースコードの 60% 以上を Git ベースのシステムによって管理していることを示しました。2014 Eclipse Community Survey によると、Git は初めて Subversion を上回りました。Git は、その簡単なブランチモデル、柔軟なワークフロー、および分散型アーキテクチャを理由として、ますます人気が高まっています。 アトラシアンは、Bitbucket

続きを読む »