「アトラシアン エンタープライズ」新製品・サービスのご紹介

JIRA を使い始める時、多くの企業がデスクの下に置いたサーバー上で JIRA を実行します。これは多くの場合、長続きしません。誰かがうっかりそのマシンのプラグを抜いてしまうことが幾度となく発生し、JIRA インスタンスは会社のデータセンターに移されることになります。私たちはこの顛末をよく耳にします。そして、このような流れでシステムを引き継ぐ多くの

続きを読む »

キック・アスなコードレビューを全てのチームに

ソフトウェア開発では、複数のチームで共同作業をする場面がよくあります。チーム構成人数が 1 人、2 人、それ以上へと増えるにつれ、問題が生じて創造的なワークフロー体系に支障が出始めます。そして多様な人々からなるチームにおいて、カルチャーを維持することが難しくなります。コードは日常的に組織全体の多くの人々の間で共有されるため、コードを扱うエンジニアグループは特にその問題の影響を受けやすい傾向があります。コードレビューを行うことは、コード関連のナレッジとベストプラクティスをチーム全体に普及させるのに役立ちます。この記事では、コードレビューが重要な理由と、コードレビューの実践を最適化する方法について説明します。 コードレビューとは? ソフトウェア開発は、個々人の作品をコラボレーションという

続きを読む »

「Git Essentials」紹介。JIRA から離れずに開発の全体像を把握

10 月に、フィーチャー ブランチ ワークフローを発表しました。JIRA、Stash、SourceTree、Bamboo により、チームが Git ブランチ機能を使い始める、シンプルで誰にでもできる方法です。ブランチ作成はボタンをクリックするだけですが、ブランチ名を JIRA 課題と整合性のあるものにし、ブランチの整理と管理が簡単にできます。 今回は、Git に関する最新・最高の機能を紹介します。JIRA

続きを読む »

JIRA Service Desk 1.2 をリリース!

これまで数ヶ月の間、たくさんの新機能を組み入れ JIRA Service Desk を強化してきました。皆さんからのご要望に、私たちはお応えします。JIRA Service Desk 1.2 は、300 件以上の顧客リクエストに対応しています。このたび、皆さんからリクエストのあった数多くの機能が利用可能になりました! 収集、サービス、レポート。JIRA Service Desk 1.2 は作業をさらに簡単にします。 セキュリティの強化 JIRA

続きを読む »

Developers Summit 2014 にご来場頂きありがとうございました!

Developers Summit 2014 (通称: デブサミ) が去る 2 月 13 日 - 14 日に開催され、2 日目は大雪にも関わらずたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました! アトラシアンは、ゴールドスポンサーとして参加し、ブース出展のほかテクニカルエバンジェリスト長沢によるセッションでさまざまな方々と交流させていただきました。 前回のブログでも書いた通り、アトラシアンは

続きを読む »

JIRA Service Desk 1.1 をリリース。日本語インターフェースも

最新のリリースをお届けします!JIRA Service Desk 1.1 では、次の事が可能になります。 SLA カレンダー リクエストグループ 他言語サポート SLA カレンダー 皆さんの声に、私たちはしっかり耳を傾けました。JIRA Service Desk に「勤務時間カレンダー」を備えるという JSD-16 のご要望には、100 名以上の方々が投票されました。本日は、現時点でも既に 頼もしいサービス水準合意

続きを読む »

最高のワークフローを活用する方法

これは JIRA ワークフローの使い方に関するブログ 2 部シリーズの第 2 部です。第 1 部の記事である、最高のワークフローを作成する方法、を読まれていない場合、まずそこから読み始めることをおすすめします。すでに読まれている場合、考えられるすべての質問に対する回答を本稿中に見出すことができるでしょう。この記事では、組織において、より効果的にワークフローを用いる方法を確立するのに役立つ実践的な内容を主にとりあげているからです。 私たちが仕事で毎日用いる物の多くは、ワークフロー内で説明できるライフサイクルを持っています。記事第

続きを読む »

最高のワークフローを作成する方法

組織が成長するにつれ、社員が小規模チーム内でどのように共同作業するかに基づき、独自の文化が展開され始めます。大規模環境で人々が共同作業することを可能にする反復可能なプロセスであるワークフローに、チームの機能性は大きく依存しています。 私は常に、ワークフロー管理のために JIRA を使用している組織の多種多様さに驚嘆しています。JIRA のカスタマイズ可能なワークフローは、大小様々なあらゆる種類の組織文化に対応できます。私はアトラシアンに入社して以来、アトラシアンに関する数本の記事を書いてきましたが、JIRA

続きを読む »

JIRA 6.1 リリース: チームの変化、進化を後押し

今回、私はJIRA 6.1の発売をお伝えできる事を非常に喜んでいます。我々はこれまで全く新しいJIRAを築き上げようと努力を続けてきました。モダンで、高速で、モバイルで、シンプルなJIRAを、です。今回のリリースは、管理者のワークフローにおけるいくつかの重要な領域に焦点をあてています。また、デベロッパーがコーディングに着手しやすくなりました。ワークフローの構築、便利なフィールドの管理、そして開発への着手について、チームがより心地よく変化、進化を抱擁できるようシンブルにしました。また、ユーザーの皆様が大いに気にかけている事に関して、いくつか重要な改善を行いました。詳細は、記事の最後までのお楽しみです。 ワークフロー:

続きを読む »

JIRA Service Desk (サービスデスク) をリリース!

本日、サービスデスクを全く新しい次元に引き上げる、JIRA Service Desk (サービスデスク) をリリースいたします。JIRA Service Desk は、顧客からのリクエストに能率良く対応し、IT チームの効率性を向上し、柔軟性のある最新のサービスデスク エクスペリエンスを提供します。JIRA Service Desk は、直感的なインターフェイス、革新的なサービス水準合意 (SLA) への対応、カスタマイズ可能なチームキュー、リアルタイムのレポート機能、その他多くの機能を実現します。サービスデスクチームの生産性を向上し、ユーザーの満足度を高めましょう。 JIRA

続きを読む »