GitHubがBitbucketと同様に無料のプライベートリポジトリを提供

本ブログは、こちらに掲載されているHarpreet Singhによる英文ブログの翻訳です。万が一内容に相違がある場合は、原文が優先されます。 By Harpreet Singh January 8, 2019 GitHubがBitbucketと同様に無料のプライベートリポジトリの提供を開始しました。これはGitHubのユーザー、そして開発者全体にとって非常に喜ばしいニュースです。 多くの個人およびチームが、自社プロジェクトや、プロジェクトベースで開発者が携わる顧客向けのソフトウェア開発、あるいは仲間同士でコラボレーションする新しいアプリやスタートアップのアイデアなど、公の目に触れるべきではないソフトウェアのプロジェクトに取り組んでいます。無料かつ無制限のプライベートリポジトリは、こうしたプロジェクトに取り掛かるための障壁を下げる、キーとなる要素です。今回、GitHubが無料版においても3ユーザーまで無制限のプライベートリポジトリを提供することによって、イノベーションを促進する方向に舵を切ったことを知り、我々も時が来たと感じています。 Bitbucketにおける我々のゴールは、多くのチームが「ひらめき」を素早くアイデアから形にし、革新を起こせるようにすることです。真のイノベーションは、チームがモダンなソフトウェア開発のプラクティスを取り入れ、最適なツールを使った時に起きると、我々は信じています。継続的デリバリーやマイクロサービスを導入することで、モノリシックなアプリケーションを小さくデプロイしやすい塊に分割し、より早く顧客に届けることができるようになります。これまでの「1プロジェクトに1リポジトリ、そして1つのJiraプロジェクト」は「1プロジェクトに複数のリポジトリ(複数のマイクロサービス)、そして複数のJiraプロジェクト」に変わるでしょう。複数のリポジトリを持つことがスタンダードとなり、無制限のリポジトリを持つことは必須となります。アイデアの実現におけるコラボレーションには、TrelloやConfluence、JiraやBitbucket

続きを読む »

Bitbucket Server 5.13 – Git v2 サポートと検索機能を改善

Bitbucket Server 5.13 では、より迅速なデータのフェッチが可能になるGit プロトコルv2をサポートした他、リポジトリや特定のコミットに紐づいたプルリクエストを検索しやすくなりました。 Bitbucket Server 5.13 をダウンロード Git v2 サポート Git v2によってGitコマンドラインの利用方法は変わらないですが、フェッチ速度の改善が実感できます。この改善は、フェッチを多用するCI/CDツールにとって有用です。GoogleによるとGit

続きを読む »

Atlassian Cloud for Gmail アドオン 新登場

複数の時間帯やコミュニケーション手段を切り替えながら仕事を遂行する必要がある今日、必要な情報を整理して常に最新の情報を把握しておくことは大きな課題だと言えるでしょう。いくつものアプリにログインをして問題を確認する必要がないとしたら、良いですよね。Atlassian Cloud for Gmail add-onなら、オフィス、帰宅途中のバスや飛行機の中など、あなたがどこに居ようとも、Jira

続きを読む »

【ゲストブログ】開発者のみなさんに伝えたい3つの Rocro ソリューション

今回は、ソフトウェア開発の定常的なワークフローを効率化するソリューションを提供されている Rocro 株式会社の代表取締役社長 小早川様に寄稿いただきました。   はじめに アトラシアンブログ読者の皆様こんにちは、Rocro (株) の小早川と申します。読んでくださってありがとうございます。 今日はソフトウェア開発者向けサービス Rocro のご紹介をさせてください。   Rocro

続きを読む »

Bitbucket Pipelinesでビルドをトリガーする新たな2つの方法 | Bitbucket Blog

With Bitbucket Pipelines, you can trigger your builds automatically with tags or manually by adding a custom pipeline. Try Pipelines today to try it out! 情報源: 2 additional ways to trigger your builds in Pipelines | Bitbucket Blog もうご存じかもしれませんが、Bitbucket は最近、あなたのチームがインテグレーションとデリバリーのプロセスを自動化することができる Pipelines を発表しました。ソフトウェア開発において、自動化はますます重要になってきています。自動化することで手動の作業を減らし、時間を節約することができます。また、チームのコードすべてに一貫した繰り返し可能なプロセスを適用することで、リスクを減らすことができます。結果的に、問題解決のために費やす時間がより少なくなり、優秀なコードをより早くリリースすることに専念できるのです。 多くのチームはブランチをプッシュする時にビルドをトリガーするのを自動化するのを望んでいると思いますが、他にもより長いビルドの場合やリリースを手動でトリガーするなど、プロセスにあった工程を加えたいと思う時もあるはずです。 そんな時のために、Manual

続きを読む »

Bitbucket Server: 2016 年を振り返る | Bitbucket Blog

2016年はまったく異例ずくめの年でした。Bitbucket ServerとData Centerチームは、年間を通じて休む間もなくBitbucketを改良し続けた上に、皆さんからご要望のあった新機能の追加も実施してきました。今の時代のソフトウェア開発者が必要としているのは、信頼が置け、小回りが利き、高品質の製品をビルドできるツールだということを、皆さんから教えられました。そうした皆さんからのフィードバックを真摯に受け止め、速度や品質を犠牲にせずに共同開発するための機能を、実装してきました。 2016年のBitbucket

続きを読む »

知っておきたいアトラシアンエンタープライズに関する 4 つの発表

この記事は、4 Atlassian enterprise announcements you don’t want to miss By Cameron Deatschを翻訳したものです。 様々な組織で、チーム作業のためにAtlassianアプリケーションの採用が標準化し始めています。彼らが見立てたように、私たちのアプリケーションは、組織運営に必要不可欠でなくてはならない存在となっています。2年前、私たちはJIRA SoftwareのData Center版、Bitbucket、 Confluence、そしてJIRA

続きを読む »

10ドルで始められるビジネスの効率化

アトラシアンには10ドルで購入出来るスターターライセンスというライセンスがある事をご存知でしょうか?10ドル、日本円にしてみれば1,000円程度で本格的なプロジェクト管理ツールやコミュニケーションツールをご利用いただく事ができるのです。 スターターライセンスでは、アトラシアンが提供している各製品がServer版(オンプレミス)は10ドルで永続ライセンスが入手可能、Cloud版は月額10ドルで利用可能です。しかも、10ユーザーまでであれば特別な資格も必要なく機能制限なしで使用する事ができます。(一部製品は制限ユーザー数が異なります)

続きを読む »

Bitbucket Cloud が Git Large File Storage (Git LFS) をリリース

こちらの記事は、Szilard Szasz-Toth によって書かれた Git Large File Storage (Git LFS) now in Bitbucket Cloud を翻訳したものです。 近年、あらゆる業界のソフトウェア チームがその実行速度、分散型システム、強力なワークフローを理由に Git を導入してきました。さらに、現代のソフトウェア チームはますます横に広がる関係を持ち、開発者だけではなく設計者、QA エンジニア、技術ライターなども関与するようになっています。こうしたチームが成功を収めるためには、そのままのソース

続きを読む »

JJUG CCC 2016 Springにブース出展します!

みなさんこんにちは、マーケティング担当の新村です。 5月21日にベルサール新宿グランドで開催されるJapan Java User GroupのイベントJJUG CCC 2016 Springにブース出展することになりました。 アトラシアンの製品の多くはJavaで構築されており、 サンフランシスコで開催されるJavaOneにもスポンサーとして参加しています。 日本のJavaコミュニティにも少しでも貢献できればという思いで毎回協賛させていただいております。 今回アトラシアンのブースではConfluenceやJIRA

続きを読む »