本ブログは、こちらに掲載されている英文ブログの翻訳です。万が一内容に相違がある場合は、原文が優先されます。

本日、ラスベガスで、10回目にして過去最大のSummitを迎えています。スコットと私は、4,000名以上のお客様、パートナー、アトラシアンスタッフと今週を共に過ごし、アトラシアンの将来に対するビジョン、そして世界中のあらゆるチームの可能性を解き放つために我々が講じてきたこれまでの軌跡を共有できることを嬉しく思います。

Summitをラスベガスで開催していることに心を踊らせています。何でも叶いそうなこの街では、人通りの多い通りにあるビルの上でジェットコースターに乗れたり、水中で人魚と一緒に食事をしたり、そしてビートルズの再来を(バーチャルに)鑑賞したり、すべて一晩のうちに体験できてしまいます。そしてここでは、2人のオーストラリア人の創業者が、素晴らしいチームワークがあれば何でも実現できるという信念と共に一枚のクレジットカードで17年前に始めた会社のマイルストーンとなる年を祝えるのです。

アトラシアンが過去数年にわたって、企業規模、製品ファミリー、ユーザー数などにおいて、どんなに変化したとしても、私たちのこの根本的な信念は決して揺らいでいません。

私たちは、アトラシアンが、みなさんそれぞれのチームの可能性を見出すお手伝いができることを嬉しく思っています。そして今から、我々の製品やサービスを最大限活用していただけるような新機能やアップデートを発表します。この発表には、新しいインシデント管理機能およびアトラシアン プラットフォーム全体との統合、チームと一緒にコンテンツを作成および共有する新しい方法、そしてエンタープライズ製品に対する大幅なパフォーマンスとインフラストラクチャの強化が含まれます。

ライブ配信でイベントをフォローしながら、この発表に関する詳細を以下でご覧ください。

Opsgenieの新機能と統合により、さらに迅速なインシデント対応

昨年9月にOpsgenieを買収した後、我々は、開発および運用チームがすべてのインシデントに迅速に対応・解決し、学びを得られる高度なインシデント管理機能を開発すべく懸命に取り組んできました。ITインシデントの数とその影響の増大を背景に、組織が顧客に常に利用可能なサービスを提供し、その運用を可能にする新しい機能を導入します。

  • Opsgenieの新しいインシデント管理機能:インシデント対応のアクティビティと主なイベントを追跡するための新しいインシデントタイムライン機能を追加します。また、根本的な原因の発見、修復作業の追跡、そしてすべてのインシデントから学びを得るための障害後の機能も拡充します。
  • アトラシアン プラットフォームとのより密接な統合:Opsgenieのユーザーインターフェースを、他のアトラシアン製品と一貫性を持った、まったく新しいものに刷新しました。また、Atlassian IDシステムにより、OpsgenieとJira Software、Bitbucket、Jira Service Desk間を簡単に移動できます。さらに、Jira Softwareとの新しい双方向の統合により、インシデントアラートに基づいて自動または手動でチケットを作成し、インシデントを追跡できます。
  • Opsgenie Action:Opsgenieのコンソールまたはモバイルアプリから、AWSなどのサードパーティ製プラットフォーム上の予測可能で反復的なタスクを自動的にトリガーすることで、インシデントをより迅速に解決できるようになります。
  • Statuspageサービスの統合:この新しい統合により、サードパーティ製サービスのステータス情報を取り込み、ミッションクリティカルなサービスがダウンした際、アラートをトリガーすることができます。
  • Opsgenie Incident Command CenterとのSlackの統合:Opsgenie内ですべてのチャットの会話の書き込みや確認を行えるようになります。
  • エッジ暗号化:これにより、データが社内環境から送信される前にプライベート暗号化キーでデータを暗号化することで、コンプライアンス要件を満たし、機密データを保護することができます。

Confluenceでクリーンで魅力的なコンテンツを作成

Pepsi、Pfizer、Adobeといった企業ではますます、部門横断的なチームが組まれ、コンテンツコラボレーションの標準としてConfluenceが活用されています。実際、最近の顧客調査によると、Confluence Cloudのお客様の4人に1人が、全社にわたってConfluenceを使用しています。Atlassian Summitでは、Confluence Cloudに対する15以上の新機能の発表を予定しています。これらの新機能により、Confluenceでのコンテンツ作成のエクスペリエンスはまったく新しいものになるでしょう。

  • 視覚的で説得力のあるコンテンツ編集:絵文字やGIF、Instagramのストーリーを考えると、人々は生活の中で視覚的かつ簡潔にコミュニケーションしているようですが、書き物はまだテキストが多く不格好です。しかし、そうである必要はありません。コンテンツをより視覚的に、より実用的に、そしてわかりやすいものにするための新機能として、スラッシュコマンド(1回のキーストロークで表、画像、絵文字などを追加)や、ページをより視覚的にする機能強化、新しいテンプレート、スマートリンクなどを追加しました。
  • コンテンツをより良く整理:企業規模に関わらず、多くのチームが情報過多に苦しんでいます。コンテンツの整理に役立つ新機能として、ナビゲーションの向上、より正確な検索、人とチームのプロフィール、ドラッグアンドドロップなどを追加しました。
  • パワフルな新しい分析機能:同僚の方と文書を共有したものの、彼らが実際にそれを読むかどうか疑ったことはありませんか?これは、現代の多くのオフィスワーカーからよく聞くフラストレーションです。そこで、Confluenceの最も有名なサードパーティ製アプリの一つであるAnalytics for Confluenceのメーカーとしてよく知られるG​​ood Softwareを買収しました。この製品は、ユーザーがどのようにConfluence上の情報と関わっているかをチームが理解したり、Confluenceがどのように使用されているかを管理者が把握するのに役立ちます。

AgileCraft、もといJira Alignでアジャイルをスケール

AgileCraftは、Jira Alignになりました!この新しい名前とロゴは、アジャイルをエンタープライズへ拡大し、チーム、戦略、および成果をより適切に結び付けるという我々のビジョンを反映しています。ユニークな特長とサポートにより広く導入されているJiraのブランドを拡張し、大規模な組織がアジャイルチームワークのメリットを組織全体にスケールできるよう支援します。 スケールするアジャイルを提供する優れたソリューションと、アジャイル開発においてトップのソフトウェア開発ツールを組み合わせることで、アジャイル導入のどの段階であっても、お客様とそのチームが最善の仕事をできるよう貢献します。

クラウドへ – お客様に世界レベルのクラウド エクスペリエンスを提供

アトラシアンの新規お客様の85%がクラウド製品を選択し、世界中で何百万ものユーザーが毎日、我々の製品を使用しています。今日そして将来にわたって、我々のお客様が製品を最大限活用できるようにするための新機能およびツールを紹介できることを嬉しく思います。

  • ユーザー数の制限を拡大:先日、我々はクラウドのユーザー数の制限を5,000に増やしました。そして今日、一部のお客様に、最大10,000ユーザーまでご利用いただける早期アクセスプログラムを開始しました。また、世界各地のパフォーマンスを向上すべく、我々のサービスをホストするAWSのリージョンにシドニー、シンガポール、フランクフルトを追加しました。
  • セキュリティを最優先事項に:我々は、セキュリティはミッションクリティカルであると捉え、お客様のデータの安全を保証するための新しい方法を常に模索しています。本日、Atlassian Cloudのお客様に暗号化を展開しています。新しく改良されたAtlassian Trust Centerに、関連情報やアトラシアンの主要なセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、および信頼性に関する取り組みについての詳細が掲載されています(本記事公開時点では日本語準備中)。
  • 新しいクラウド移行センター:我々は、クラウドへの移行には長い工程がかかることを認識しています。先日、Jira Software CloudおよびConfluence Cloud向けの移行アシスタントと併せて、新しいAtlassian Cloud Migration Centerを立ち上げ(本記事公開時点では日本語準備中)、サーバーからクラウドへ、スペースやユーザー、グループの移動を自動化できるようにしました。

Atlassian Data Centerで迅速に。自社管理型エンタープライズ製品のパフォーマンスを強化

自社管理型のエンタープライズ製品であるAtlassian Data Centerにおいて、パフォーマンスとインフラストラクチャが大幅に強化されています。今年のプラットフォームリリースである、Jira Software 8.0、Confluence 7.0、Bitbucket 6.0、Jira Service Desk 4.0、そしてPortfolio 3.0がこれらのアップグレードに大きく寄与しています。たとえば、Jira Software 8.0で行われた改善では、Jira Query Language(JQL)を使用した高度な検索は平均で31%向上し、アジャイルボードのロードスピードは2倍速く、インデックスの再作成にかかる時間は71%速くなりました。

こうしたプラットフォームへの投資に加え、パフォーマンスを向上させ、Atlassian Data Centerを強化するための新しい機能を用意しています。

  • Bitbucket Data Center用のSmart Mirror Farms
  • Jira Software、Confluence、Bitbucket、およびJira Service DeskのData Center向けCDN(Content Delivery Network)のサポート
  • Bitbucket、Jira Software、およびJira Service DeskのData Center向けRate Limiting
  • Jira SoftwareおよびJira Service DeskのDeta Center向けIssue Archiving
  • Data Centerをデプロイするために新しく改良されたAWSテンプレートおよびAzureテンプレート
  • Jira ServerおよびData Center向けの新しいモバイルアプリ

最後に重要なお知らせとして…2025年までに100%「再生可能」

アトラシアンでは、気候変動に対して積極的に役割を果たしたいと考えています。これは地球全体が直面している大きな問題です。我々のコアビジネスは、問題を小さな、かつ達成可能なステップに分解することで多くのチームが不可能を可能にするのに貢献しています。

2025年までに、我々が使用するエネルギーの100%が再生可能資源ベースのものとすることを目指し、地球規模で起きている気候変動に取り組む最初のステップを踏み出します。この目標を正式なものとするために、100%再生可能電力に向けて尽力しているグローバルビジネスのグループで組織されるRE100に参画します。この目標は簡単に達成できるものではありませんが、正しい方向であると信じており、世界中にある他の企業もこの流れに続くことを願っています。

我々は、自分たちができることをすべきと考え、持続可能な未来を築くために立ち上がり、行動を起こしています。そして、これはアトラシアンのスタッフの望みでもあり、お客様が期待していることでもあります。そしてこれは我々が将来の世代のためにしなければならないことです。

Scott & Mike