全てのアトラシアン クラウド製品(※1)への容易なアクセスを可能としながら、管理者に対してユーザー管理に関する全社的な可視性や管理性、セキュリティを提供する機能をセットにした Atlassian Access (アトラシアン アクセス)が、6月5日より正式に提供開始となりました。本製品は、アトラシアン クラウド製品に付加するサブスクリプションとして、年間または月間(※2)のサブスクリプション契約にてご利用いただけます。

Atlassian Access には、以下の機能が含まれています。

  • SAML対応のシングルサインオン
  • 二段階認証の強制
  • パスワードポリシー
  • プライオリティ サポート

本製品は、昨年11月より Identity Manager(アイデンティティ マネージャー)として早期アクセスプログラムを通して提供されていたもので、既に多くのお客様にアトラシアン クラウド製品のIDおよびセキュリティソリューションとして導入いただいています。また、将来的な製品ビジョンとして、外部連携、アプリ使用状況のモニタリング、その他アトラシアンクラウド製品の運用に必要となる管理性など、より広範囲のアクセス関連機能を提供する予定です。

クラウドソリューションのスケール

弊社では、お客様の成長に合わせて変化する要件に対応できるよう、大規模なお客様や厳しい規制下にある業種のお客様が、自信を持ってクラウド環境でスケール出来るようにすることを最優先事項のひとつとしてきました。また、セキュリティ、プライバシー、パフォーマンスや保証されたサポートなどがお客様にとって最大の関心事であることを理解しています。そのため、弊社のクラウド戦略は、「信頼とコンプライアンスの向上」「スケールするパフォーマンスの提供」「高度な管理機能の提供」「業界をリードするサポートの提供」といった、4つの主要テーマの下に展開されています。

パフォーマンスを改善し、遅延を削減するために、まずは昨年弊社のクラウド基盤をヨーロッパへ拡大しました。また、Jira Software、Confluence、Stride、およびBitbucketにおいて、SOC2 Type II 報告書を取得した事を報告致します。SOC2保証報告書は、セキュリティおよび可用性に関する内部統制のグローバル基準への適合性を独立監査人が審査して保証する評価基準で、クラウドセキュリティに関する第三者評価として世界各国で広く利用されています。そして、このAtlassian Access のリリースによって、優れたクラウド体験を提供するためのさらなる重要な一歩を踏み出しました。

主要な利点

企業全体に渡る統制

Atlassian Accessは、単一のアトラシアン クラウド製品やサイトだけでなく、組織内でアトラシアン クラウド製品を利用する全てのユーザーに対して機能します。同一企業内の複数の異なるチームが、異なるサイトにあるアトラシアンクラウド製品を利用していたり、日々の業務で複数のアトラシアンクラウド製品を利用していることは珍しくありません。Atlassian Access は、認証やセキュリティをサイトや製品ごとに個別に管理する必要性をなくし、管理者にとって信頼出来る唯一の情報源を提供します。

セキュリティとユーザーエクスペリエンスの強化

多くのIT管理者は、認証の標準化や常に変化する組織におけるアクセスコントロールの簡易化のために IdPを利用します。Atlassian Access のSAML対応シングルサインオン機能は、アトラシアンクラウド製品をご利用のIdP(アトラシアンは、Azure AD、Onelogin、Centrify、Bitiumをサポートしています)と直接接続し、容易に新規ユーザーを追加したり、退職者の自動削除などを可能にします。また、全ての管理対象アカウントに対して二段階認証を強制したり、ユーザーの指定するパスワードに要件を設定することができます。

ユーザーにとっては、利用する全てのアプリケーションに対して1度のログインでアクセスが可能になるなどの利便性を提供します。

プライオリティ サポート

ミッションクリティカルな環境を担うIT管理者にとって、タイムリーにサポートが得られるかどうかは重要です。Atlassian Access サブスクリプションには、プライオリティサポート (※3)が含まれています。緊急度の高いインシデントには24時間対応、1時間以内の応答を約束し、素早い課題解決とシステムの安定運用を支援します。

利用製品数に関係なく、ユーザー1人あたり1回のお支払いで利用可能

複数のアトラシアン製品を導入いただいている場合も、Atlassian Accessを利用してアトラシアンクラウド製品へのセキュアなアクセスと中央統制を行うには、ユーザーひとりあたり1回のお支払いで済み、ライセンス管理も容易です。

いますぐ試してみる

より詳細については、こちら(※4)をご参照ください。また、下記のボタンをクリックして、いますぐ無料で30日間お試しください。

今すぐ試す

※1: 現在対応しているのは、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core、Confluence、BitbucketおよびStride。Trelloは、近い将来の対応を予定。

※2: 月間サブスクリプションは、現在直販でのみ購入可。

※3: プライオリティサポートは、英語での提供のみ。

※4: 現在英語のドキュメントのみですが、近日日本語化予定。

About 朝岡 絵里子

マーケティングマネージャー。外資BIツールベンダーにてプリセールスSEやマーケティングを経験した後、Macromedia (現 Adobe Systems) にて、エンタープライズ関連製品のプロダクトマーケティングに携わる。2006年よりMicrosoftで開発製品のプロダクトマーケティングやビジネス開発などを歴任。2014年11月アトラシアン入社。パートナー担当を経験したのち、現職。 日本を変える一翼を担いたい!チームと共に日々奮闘中。

View all posts by 朝岡 絵里子 »