アトラシアン サミット 2015 で発表された 6 つのポイント

アトラシアン サミット 2015 が開幕しました! 共同 CEO のマイクとスコットが本日 (11 月 4 日) オープニング基調講演を行いました。現在、アトラシアンサミットの参加者 (2,600 人強) はブレークアウトセッションに没頭しています。皆さんは基調講演に参加、または、基調講演のライブストリームをご覧になりましたか? ハイライトをご希望の皆さんはご心配なく。こちらでご用意いたしました。

1. HipChat Connect

HipChat はチームチャットを定義し直しています。今朝、HipChat Connect のベータ版をリリースしました。HipChat の最新 API により、HipChat は単なるコミュニケーション ユーティリティから十分な情報に基づいた意思決定のためのチャットへと生まれ変わります。

HipChat Connect はシームレスなビジネスを実現するアプリとサービスを HipChat で使えるようにし、情報収集だけでなくそのアプリに情報を送り返すことができます。HipChat 上で直接サードパーティアプリを使って重要な措置を講じることができれば、チームの生産性向上につながります。コンテキストスイッチを減らし、チームコラボレーションを強化し、意思決定を高速化できます。

新しいパートナー一覧は hipchat.com/connect でご確認いただけます。

2. iOS 対応 JIRA と Confluence – モバイル、モバイル、とにかくモバイル

現代のチームはモバイルです。したがって、私たちは作業方法を考え直す必要があります。最近ではモバイル作業は外出先のあらゆる場所で遂行されます。本日、アトラシアンは二大主要製品の JIRA と Confluence 用の最新 iOS アプリの限定プレビューを発表しました。アトラシアンサミットの参加者と参加者以外の厳選されたカスタマーの皆さんにプレリリース版の入手機会を提供します。iOS デバイスにインストールしていただけます。

iOS 対応 JIRA と Confluence は、一日を通して複数のデバイスを使って作業をしているアトラシアンユーザーの作業効率を上げるために開発されました。このモバイルサービスはアトラシアンユーザーに役立つようにデザインされています:

  • 連絡を保つ – 作業実行中、自分の仕事だけでなくチームとも連絡を保ち続ける
  • 迅速なアクション – 作業ペースの加速に合わせ居場所に関係なく有意義な貢献が可能
  • 関連コンテンツ確認 – 不要な情報に気を取られることなく、必要なコンテンツに集中することが可能

Cloud サイトを利用していて iPhone を所有しているアトラシアンサミットの参加者向けに、500 スロット分のベータ版を用意しました: atlassian.com/mobile

そして、モバイルへの取り組みはまだ始まったばかりです。今回の iOS 版はこれからが期待されるモバイルアプリ計画の第一歩です。この開発には皆さんの支援が必要です。iOS アプリのベータ版をダウンロードし、皆さんのご意見やフィードバックをお寄せください。次回イテレーションに役立てたいと思います。一緒に開発を進めていきましょう!

3. JIRA Software

JIRA は、ソフトウェアチームのニーズばかりでなくソフトウェア以外のチームのニーズを共に満たすことができるツールへと進化してきました。ソフトウェア以外のチームへの JIRA の魅力が増すにつれ、多種多様なチームに JIRA サービスをカスタマイズする必要性が明らかになってきました。

JIRA Software では JIRA ユーザーに長年提供してきたように柔軟性、拡張性、深化した開発ツール統合を提供します。さらに、ソフトウェアチームはアジャイルプランニング、追跡、リリース、レポートの機能性を 1 つの専用サービスで利用できるようになりました。すなわち、JIRA Software はソフトウェアチームのニーズ専用にデザインされています。

JIRA Software の提供開始に関するブログ記事をご覧ください。

4. JIRA Core

JIRA はソフトウェア、IT、ビジネスの 3 種類のチーム専用に設計し直されました。

JIRA Core は組織内のあらゆるビジネスパーソンが使えるプロジェクトおよびタスク管理ソリューションです。作業の計画、追跡、レポートを行えます。私たちはビジネスチームによく使われている基本機能を取り出し、ビジネスチームのニーズを満たすように最適化しました。JIRA 管理者はカスタマイズ作業の必要性が減るので時間を節約でき便利です。

JIRA Core を紹介するブログ記事をご覧ください。

5. Health Monitor© の導入

アトラシアンの使命はチーム力を解き放つことです。Health Monitor© はチームのパフォーマンス向上に役立つと期待しています。Health Monitor© システムを使えばいつでもプロジェクトの健全性と、さらに重要なプロジェクトチームの健全性を評価できます。プロジェクト開始後数日以内、または、数週間以内にチームを集めて 1 時間の Health Monitor© チェックポイントに目を通してください。この初期チェックポイントで以下の質問を出し、チームメンバーにプロジェクトの特性を緑、黄、赤で評価してもらいます。このシステムを使ってチームの健全性を調べ、すばらしいプロジェクトの悪化を防げます。

成功するプロジェクトの 8 つの特性とは?

  1. フルタイムのプロジェクトオーナーがいる。
  2. プロジェクトチームはバランスが取れている。
  3. チームに共通認識がある。
  4. プロジェクトの価値と基準が明確である。
  5. プロジェクトにエンド・ツー・エンドのデモがある。
  6. プロジェクトに「ReadMe」がある。
  7. プロジェクトが何に依存しているか明確である。
  8. プロジェクトにベロシティがある。

6. Room to Read と Pledge 1%

Room to Read はすばらしい慈善活動です。その目標は教育を通して発展途上国の地域が貧困から抜け出すのを支援することです。アトラシアンは Room to Read と提携することで、これまで 25 万人以上の子どもたちを支援してきました! Atlassian foundationで詳細をご確認ください。

Pledge 1% (1% の誓い) は、より良い世界を作るために初期段階にある企業の社会貢献活動の鼓舞、育成、称賛に力を注ぐ活動です。2014 年 12 月にアトラシアンは社会還元という共通の情熱に基づいて Salesforce と Rally と一体となり、Pledge 1% 活動組織を共同設立しました。エクイティや労働時間、製品の 1% を慈善活動に充てる Pledge 1% に、私たちは「この 12 月までに 500 社に参加してもらう」という目標を立てました。そして現在、500 社からの約束を取り付けました! 500 社が事業の成功を地域に還元する取り組みを約束してくれました。

さらに今日、10 社が Pledge 1% 活動に参加しました。地域をビジネスの主要ステークホルダーととらえる取組への皆さんの参加に心から感謝いたします。皆さんとパートナーになれて本当に光栄に思います。

フィードバック重視

アトラシアンが最も大事にしているのがチーム力です。あなたやカスタマーの皆さんはアトラシアンチームに必要不可欠な要素です。アトラシアンでは皆さんからのご意見を重視しています。アトラシアンには月に 1 万 5000 件のフィードバックが届きます。そして、アトラシアンはもっと多くのフィードバックを求めています。是非、ご意見をお寄せください。アトラシアンは皆さんと共に発展していきます。皆さんからのインプットはアトラシアンの製品とアトラシアンの使命にかけがえのないものです。

values_summit50k_summitfeedback_summit



*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2015 年 11 月 4 日投稿 “6 call-outs from the Summit 2015 keynote address

About Jamey Austin

When not fussing with words on a page, I love walking and listening to Spotify, horsing around with my kids, feeding a basketball jones, and pondering the honking existential questions. Find me on Twitter: @jameyaustin

View all posts by Jamey Austin »