wiki ソフトウェア を用いてチームでコラボレーションする

wiki と聞いて、wiki を使い慣れていない方がまず最初に思い浮かべるのは、Wikipedia ではないでしょうか? そうでない場合は、「wiki って一体何?」と考えているかもしれません。技術チームが使うものとして広く知られている wiki ソフトウェア は、オンラインコラボレーションを円滑に進めるのに非常に役立つ便利な多機能ソフトウェアです。

Wiki ソフトウェア は多様で、強力で、オンラインでのチーム コラボレーションにとても役に立ちます。

wiki ソフトウェア を使う理由、Confluence を使う理由

Confluence は wiki が登場し始めた超初期に、オンラインでの技術チームによる文書記録とコラボレーションを支援することを目的とした高度な wiki ソフトウェア として登場し、進化してきました。あらゆるチームが wiki ソフトウェア の利点を活用できるように支援することを明確な目的とし、これまで数多くの機能と特性を追加してきました。以下に、Confluence が単なる wiki 以上のオンライン コラボレーションに最適なツールである理由をいくつか挙げていきます:

情報量が豊富なページを作成できる

wiki ソフトウェア の最大の利点は、多様なコンテンツを作成できる能力です。コンテンツ作成は多くの wiki ソフトウェア の長所ですが、最大の欠点にもなりえます。なぜなら、技術系ユーザー以外のユーザーが wiki マークアップの使用方法に慣れる必要があるからです。Confluence が他の wiki ソフトウェア と異なる最大の点は、Confluence では誰でもコンテンツを作成できることです。特殊なマークアップ言語やシンタックスを必要としません。Confluence エディターでは、レイアウトを利用して簡単にページ フォーマットができ、画像や動画を加えた視覚に訴えるデザインや、マクロを使った動的なページを作成できます。


Rich pages in wiki software

共有が簡単で、チーム コラボレーションが強力になる

wiki ソフトウェア は協同作業を目的としたものです。Confluence はオンライン コラボレーションを新たな高みに押し上げます。迅速な共有を必要とする特定の個人やチームとのコンテンツ共有はとても簡単です。共有ボタンを使えば、ファイルリスト、プロジェクト計画、製品要件などの配布や、フィードバックのリクエストを簡単に実行できます。全員が単一ページを共有すれば、とても簡単に変更の追跡やフィードバックの提供ができ、編集の追加も全員がフォローできます。

Share dialog in wiki software

アクティブなディスカッションにチームを巻き込める

オンライン コラボレーションの利点は、作業に関して非同期な議論を行えることです。Wiki は、技術要件、規約、ナレッジ記事の文書記録に最適ですが、文書を最新のものに保つためのイテレーションや活発な議論なしでは、文書が古いものになってしまいかねません。Confluence では、あらゆるページやブログ記事へのコメントや、「いいね」で承認を示すことが簡単にできます。この議論は、Confluence で作業の隣に常に表示されますので、決定や変更の背後にある根拠を確認したい場合はコメントを参照することができます。

Collaborate through commenting in wiki software

任意のページやファイル上にインラインで提案を追加したり、議論を行ったり、それらを解決できます。コンテキストとともに一箇所にまとめてフィードバックを行えるので、コメントが様々な場所に散らばることなく改善することに時間を費やせます。

Inline commenting in wiki software

もっと知りたいですか?

以上が、チームのコラボレーションを向上するために wiki の使用をためらうべきでない理由のほんの一部です。この他にも下記をご覧ください。

Confluence の体験が初めての方へ

Confluence 無料トライアルをご利用ください。数分で立ち上げて使いはじめることができます。

チームでコラボレーションを始める

 

編集者注: この記事は 2014 年 7 月に最初に投稿されたものを、最新の内容に更新して内容を包括的にしたものです。.

*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2015 年 9 月 29 日投稿 “Collaborate with your team using wiki software