ここ 1、2 か月の間、アトラシアンが SourceTree への投資を続けることを確約するのかどうかという点に関する相当数の記事やツイッターなどを継続的に見かけました。私たちの側で沈黙を守っていたこともその一因です。もっと早く最新の状況をお知らせするべきでした。

自己紹介

SourceTree のフォロワーになっているユーザーの多くは、Steve StreetingKieran Senior の投稿を読んでいると思います。従って、この記事を書いている私は一体誰なんだという疑問を持たれるのは自然なことです。私の名前は Michael Minns で、昨年 10 月にリーダーの立場で SourceTree チームに加わりました。

私はかなり長い間アトラシアンに勤務しています。SourceTree の前には、JIRA、Stash、Bamboo などの当社製品の統合に必要なクロスプロダクト Java ライブラリーの仕事に従事していました。アトラシアンで働いてよかったと思うことのひとつは、自分たちが開発した製品を毎日の仕事で使うことです。私たちはユーザーと同じ体験をするので、ユーザーのために改善を行うことは私たち自身のためでもあるのです。このことは開発者向けツールのチームにおいて最もよく当てはまります。従って、SourceTree チームへの参加を私が打診されたときにすぐに決断できたのは、.NET に対する熱意を引き続き活かすことができるという理由だけではなかったのです。

私にとっては、そのようにユーザーと密接な関係にあるプロジェクトで働いていることは喜びです。私は、ユーザーがSourceTree に対して持っている親近感や、その継続的改善についてのユーザーの要望を大切にしたいと思います。

グラフィカルな Git クライアントで世界ナンバーワンになる」

上のステートメントは、SourceTree の命運をかけた大目標、言い換えると壮大な挑戦です。私たちがこの目標からまだ遠い位置にいることは知っていますが、SourceTree の今後についての私たちの確固とした信念を強調するためにそう表現しました。

アトラシアンにおいて SourceTree が常に重要視されてきたのは間違いありませんが、しかしそれでもユーザー数の昨年来の大幅な伸びには正直言って非常に驚かされました。新しい機能追加によって SourceTree が良い製品になり、2015 年初めにはユーザーベースが MAU (1 か月あたりのアクティブユーザー数) にして65 万を超えるまでに急拡大したのは、Steve Streeting と Kieran Senior の二人の目覚しい功績によるものです。

Screen Shot 2015-02-24 at 2.21.10 PM

品質の維持は簡単ではない

Windows で SourceTree を利用しているユーザーは、去る 2014 年 10 月の 1.6 のリリースとツリービュー導入以来、私たちも経験しているいくつかの品質問題や性能問題に気づいていることと思います。これらの問題は、(少し評判の悪い) 課題として – SRCTREEWIN-2093 にまとめられています。私たちはこの問題に十分には目を向けず、直ちに対策することをしませんでした。バグフィックスが遅れたのは、コードベースのリファクタリングが必要だったからです。私たちは現在この問題の対策を行っており、依然多くの課題が残ってはいますが、最新の Windows 向けリリースである v1.6.13 では大きな進歩があり、問題解決に向けての道筋に戻ることができました。

長期的に取り組み中

SourceTree の生みの親である Steve Streeting が現在は SourceTree に直接関わっていないことは事実です。しかし彼は依然アトラシアンにいて、アドバイスや、意見、ガイダンス、さらには非常に価値のある長期的戦略などをチームに示してくれます。Steve の能力はアトラシアンにとって極めて貴重な財産であり、現在はそれを活かして、少し先にはなりますがすべての Git ユーザーおよび SourceTree ユーザーの役に立つ極秘プロジェクトに従事しています。

その間も SourceTree はアトラシアンにおいて引き続き重要視されていきます。SourceTree は当社の開発者向けツールファミリーにおける必須製品であり、近い将来にはさらに多くの投資が行われる予定ですこのような新たな位置づけにより新規メンバーの採用、フィーチャーの追加、当社の製品およびサービスとの統合の推進、全般的ユーザーエクスペリエンスの重視、安定性と応答性に優れたアプリケーションの提供など、製品の強化を引き続き進めていくことができます。

SourceTree コミュニティへの多大なる謝意

当社は製品を提供する企業であり、ユーザーに愛される製品をお使いいただくことでお客様のチームがよりよい製品を作れるようお手伝いすることを誇りにしています。SourceTree を改善するためにはユーザーからのフィードバックが極めて有用であり、問題点の報告や改善点の提案などを引き続きお願いしたいと思います。

私たちは長期的に対策を進めていますのでご安心ください。SourceTree はまだ始まったばかりなのです。



*本ブログは Atlassian SourceTree Blog の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2015 年 2 月 25 日 “We’re just getting started with SourceTree