私たちは仕事で毎日数え切れないほどの決定を下しています。ほとんどの決定は、簡単ではありません。なぜなら、複数の利害関係者からの入力を必要とする場合が多いからです。普段仕事で意思決定を行う方法を考えてみてください。長い会議、無限の電子メールスレッド、たくさんの邪魔が入ったり、、、思い当たりませんか?それらにはすべて落とし穴があります。生産的なチームは時間を無駄にすることなく、意思決定に到達するために蓄積された知識を活用します。私たちは、意思決定のための効果的なベストプラクティスを発見し、あなたのチームがそれらの恩恵を受けることができるように「ブループリント」を作成しました。

意思決定を行い、前へ進もう

Confluence 稟議書ブループリント」は、シンプルで反復可能なプロセスを提供します。チーム内で非同期的に意思決定をしたり、後で参照できるように Confluence 上に永遠に保存したりします。

今すぐ Confluence 稟議書トライアル

Confluence 5.1.3 をご使用中ですか?マーケットプレースから「Confluence 稟議書ブループリント」を入手できます。

Confluence オンデマンドをご使用中ですか?あなたは既に「Confluence 稟議書ブループリント」を使用できます。稟議を始めましょう!

1. 定義する:誰が、何を、いつ。

全員を一箇所に集めます。メールも会議室も不要です。何を決定する必要があり、誰が主要な利害関係者で、いつまでにその決定を行う必要があるのか定義しましょう。

confluence-decisions-define

2. 議論する:徹底的に議論し、合意に達する。

一つのページに全員を集めたら、有意義な議論を簡単に促進できます。コメントを使用したり、「いいね!」によりフィードバックを行ったり、詳細に議論したり、可能性のある解決策について話しあったり、合意に達したりします。一つの場所で全ての会話を行うようにすれば、メールのスレッドを見つけるために受信箱内を捜索して時間を無駄にすることはもう二度とありません。

confluence-decisions-discuss

3. 記録する:誰もが最新情報を得られる。

チームが意思決定に達したら、Confluence 上で記録するのはとても簡単です。関係者全員に通知されるように、稟議書のステータスを変更します。全員が同じ情報を得ながら、前進し続けることも容易です。

confluence-decisions-record

4. 収集する:一つの場所ですべての決定を行う。

決定がなされた理由を確認するために、後で戻って参照してみたいと思いませんか?「稟議一覧」は、チームが行ったすべての決定を一つのページに収集します。必要な人が必要な時にいつでも全ての稟議書にアクセス可能です。

confluence-decisions-collect

今日から稟議を始めましょう

すぐに始められる無料トライアル

30 日間無償の Confluence オンデマンドのトライアルはほんの数分でセットアップが完了しますのでお試しください。

アップグレードは簡単ですか?はい、とても簡単です。

ダウンロード (オンプレミス版) ユーザー:Confluence 5.1.3 以降を使用している場合は、単に Confluence の管理コンソールから、「Confluence ビジネス ブループリント バンドル」システムアドオンの最新バージョンにアップデートしてください。

オンデマンド (クラウド版) ユーザー:自動アップグレードされています。今すぐ稟議を始めましょう!


*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2013 年 7 月 16 日 “Introducing Confluence Decisions: Decide faster, record forever