*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2013 年 2 月 5 日 “Stash 2.1: Pull Requests, Issues, Builds – Integrated

プルリクエスト – コードに関する議論の中心です。Stash 1.3 でプルリクエストを導入し、Stash 2.0 で誰がプルリクエストのマージを実行できるのかを制御可能にしたブランチパーミッションを追加して以来、私達はプルリクエストをさらに開発者に役立つものにしようと考えてきました。

本日リリースした Stash 2.1 では、共同開発に真のパワーを与える豊富な新機能を追加しました。Stash 2.1 は、主な JIRA の課題と Bamboo ビルド情報に対するコンテキストをより多く提供することで、Git 開発のワークフローを簡素化します。プルリクエストはマージしたいものに対処するだけではなく、変更追加時に影響を受ける重要な情報にも対応するようになりました。簡単に言うと、Stash 2.1 ではプルリクエストはマージしたいコードに関する議論の中心として取り扱われるということです。追加された複数の新機能により、最近閲覧したプルリクエストやタスクの通知へのすばやいアクセスが可能になりました。 Stash 2.1 では、より多くのコンテクスト情報、さらなる追跡性能、自動化の強化が実現されています。

stash21-button

プルリクエストを JIRA に統合

stash-pull-request-jira-issues開発中のブランチをメインコードラインにマージする前に、コードのピアレビューへの対応準備ができた段階で開発者はプルリクエストを作成します。最も効果的なプルリクエストを実現するためには、変更に関連したより多くのコンテクスト情報をレビューアーに対して提供する必要があります – 任意のプルリクエストがどのバグや機能を解決しているのか ? その課題の詳細はどのようなものか ? 他にオープンな課題はあるのか ?

プルリクエストが JIRA と緊密に統合されたことにより、課題の詳細を中心に置くことができるようになりました。任意の課題のステータスを表示すれば課題の担当者と説明を確認でき、Stash 内で最新情報が入手可能です。これにより、レビューアーは、

  • 説明、コメント、添付資料を見ることで作業が行われているタスクの詳しいコンテキストを得ることができ、
  • 新機能やバグ修正への要件をすばやくレビューでき、
  • クリックで直接 JIRA へ移動でき、近日リリース予定に向けて課題を最新に保つことができます。

stash-pull-request-jira-issue-details

ビルドステータス API

想像してみてください。「マージ」ボタンをクリックしようとしているとき、ふと考えます。この変更はすべてのテストにパスしたのだろうか ? この疑問に答えるためには、その変更をマスターに統合する前に、ブランチの最新のビルドステータスがどうなっているのかを知ることが重要になります。しかし、ビルドシステム内を探索し、テストデータを見て回って、変更がパスしたか否かを調べることに無駄な時間を費やさないでください。Stash 2.1 ではこれは自動的に行われます。新しいビルドステータス API により、Bamboo や Jenkins などのビルドサーバーはビルドの詳細をプルリクエストの「Overview (概要)」に送信でき、プルリクエストがマージに適しているか否か一目で分かります。
Screen Shot 2013-02-04 at 8.54.58 PM
これをプルリクエストだけに留めておく必要はありません。ビルドステータス API は、Stash 内のあらゆる場で、あらゆるコミットのビルドステータスを表示してくれます。
stash-bamboo-builds-commit
自信を持ってマージを実行してください !

プルリクエストの受信箱

複数のリポジトリとプロジェクトにまたがって作業をしているとき、レビューをする必要のあるすべてのレビューを把握し続けることは困難になりえます。この問題を、承認待ちの全プルリクエストが表示される、広範囲でアクセス可能な受信箱を用意することで解決しました。この受信箱をタスクリストとして利用し、プルリクエストの見落としをなくしてください!
stash-pull-request-inbox

合理化されたプルリクエスト体験

Stash 2.1 のリリースの究極の目標は、プルリクエスト処理を合理化し、プルリクエスト対処に費やす時間を削減する機能を実装することでした。

レビュー未処理インジケーター
stash-unreviewed-files-pull-request
プルリクエスト内でレビュー済み/未処理のファイル追跡が大幅に簡易化されました。一度にリクエスト全体をレビューできないこともあるでしょう。再作業によって更新されたファイルへ戻る必要があるかもしれません。Stash では、見落としが起こらないように、注意が必要なファイルを強調するインジケーターが表示されます。

プルリクエストのタイトルと説明の生成

Stash 2.1 は、ブランチ名からプルリクエストのタイトルを、プルリクエスト内のコミットから説明を、自動的に生成します。この単純な手段により、プルリクエスト作成を迅速化し、プルリクエストの説明の質を向上します。

プロジェクトのアバター

鋭い観察力をお持ちの方は、上記のスクリーンショットに表示された Stash プロジェクトの新しいアバターに気付いたかもしれません。Stash 2.1 では楽しい新アバターを用意し、プロジェクトに個性を加えるとともに、ダッシュボードでプロジェクトが見つけやすくなることを期待しています。
stash-project-avatars-blog

Git リポジトリ管理を今すぐ簡単にしよう

Stash は初めてですか? 今すぐ無料トライアルを開始し、ほんの数分で使用を開始しましょう。

stash21-button

Stash を既にご使用中ですか? 2.1 へのアップグレードが待っています。リリースノート全文をご覧になり開始してください。