Archives for the tag: Workflow

JIRA (JIRA Core) を用いてビジネスワークフローを作成しよう

2014 年に調査を実施したところ、当社顧客の約 3 分の 1 がソフトウェア開発以外のプロジェクトに JIRA を使用していたことが分かりました。彼らはマーケティングコンテンツのレビューサイクル、サプライチェーンの製造工程、新薬の臨床における患者の管理などに JIRA を使用していました。非技術系チームにおいても JIRA が使われていたのです! 職種はさまざまですが、各チームの

続きを読む »

最高のワークフローを活用する方法

これは JIRA ワークフローの使い方に関するブログ 2 部シリーズの第 2 部です。第 1 部の記事である、最高のワークフローを作成する方法、を読まれていない場合、まずそこから読み始めることをおすすめします。すでに読まれている場合、考えられるすべての質問に対する回答を本稿中に見出すことができるでしょう。この記事では、組織において、より効果的にワークフローを用いる方法を確立するのに役立つ実践的な内容を主にとりあげているからです。 私たちが仕事で毎日用いる物の多くは、ワークフロー内で説明できるライフサイクルを持っています。記事第

続きを読む »

最高のワークフローを作成する方法

組織が成長するにつれ、社員が小規模チーム内でどのように共同作業するかに基づき、独自の文化が展開され始めます。大規模環境で人々が共同作業することを可能にする反復可能なプロセスであるワークフローに、チームの機能性は大きく依存しています。 私は常に、ワークフロー管理のために JIRA を使用している組織の多種多様さに驚嘆しています。JIRA のカスタマイズ可能なワークフローは、大小様々なあらゆる種類の組織文化に対応できます。私はアトラシアンに入社して以来、アトラシアンに関する数本の記事を書いてきましたが、JIRA

続きを読む »

JIRA 6.1 リリース: チームの変化、進化を後押し

今回、私はJIRA 6.1の発売をお伝えできる事を非常に喜んでいます。我々はこれまで全く新しいJIRAを築き上げようと努力を続けてきました。モダンで、高速で、モバイルで、シンプルなJIRAを、です。今回のリリースは、管理者のワークフローにおけるいくつかの重要な領域に焦点をあてています。また、デベロッパーがコーディングに着手しやすくなりました。ワークフローの構築、便利なフィールドの管理、そして開発への着手について、チームがより心地よく変化、進化を抱擁できるようシンブルにしました。また、ユーザーの皆様が大いに気にかけている事に関して、いくつか重要な改善を行いました。詳細は、記事の最後までのお楽しみです。 ワークフロー:

続きを読む »

Git Submodules: コアコンセプト、ワークフロー、コツ

Git を使った開発では、サブモジュールを使うことによって、他のプロジェクトを自分のコードベースに取り込めるようになります。それも、他のプロジェクトの履歴を分離しつつ、あなたのプロジェクトの履歴と同期できるようになるのです。これはベンダーライブラリ問題や依存関係問題を解決する便利な方法です。git に関してはいつもそうですが、このアプローチもかなり自己流なのでうまく出来るようになるまで少しばかり研究することをお勧めします。submodules

続きを読む »

Stash 2.1:プルリクエスト、課題、ビルドを統合

*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2013 年 2 月 5 日 “Stash 2.1: Pull Requests, Issues, Builds – Integrated“ プルリクエスト - コードに関する議論の中心です。Stash 1.3 でプルリクエストを導入し、Stash 2.0 で誰がプルリクエストのマージを実行できるのかを制御可能にしたブランチパーミッションを追加して以来、私達はプルリクエストをさらに開発者に役立つものにしようと考えてきました。 本日リリースした

続きを読む »

検索のパワーを解き放つ JIRA 5.2 本日リリース!

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 11 月 12 日、Ken Olofsen 投稿 "Unlock the power of search with JIRA 5.2 – Available Today" 毎日 JIRA を使っている皆さんは、既に JIRA の検索が非常に強力であることをご存知でしょう。とは言うものの、JIRA でできることのほんの表面だけしか見ていない可能性があります。JIRA

続きを読む »