Archives for the tag: performance

Confluence パフォーマンス の向上。Confluence Cloud の速度が二倍に

ユーザーの作業スピードに追い付けるツールが必要とされています。フロー状態はほんのわずかな待ち時間でも断ち切られることがあります。例えば、Confluence ページの読み込むのに時間がかかってイライラしたことはありませんか? 待ち時間に Facebook をちょっとチェックして (ほんの一瞬!)、ちょっと笑えるハロウィーンのコスチュームを着た猫の写真を数枚眺めた後、今までその存在すら知らなかった

続きを読む »

Confluence Data Center: コラボレーションを高速に

先週、Confluence 5.7 がリリースとなり、チームコラボレーションをさらに促進するインライン コメント機能が装備されました。この機能追加で Confluence の全ユーザーはプロジェクト計画、MS Office ファイル、画像などに簡単にコメントできるようになりました。一方、Confluence 5.7 には Confluence で Data Center デプロイメント オプションが利用できるシステム管理者向けの機能も装備されています。 Confluence

続きを読む »

HTTP クライアント パフォーマンス – IO

我々の時代における、未解決のプログラミングの問題とは何でしょうか。新しい HTTP クライアントライブラリが絶えず発生するという事実から考えれば、HTTP の呼び出しが挙げられます。一般的に、新しい機能や非同期 API が注目されがちですが、実際の IO の部分、特にパフォーマンスに関してはどうでしょう? どちらかといえば詳細なケース 比較する側面が多すぎるので、総合的なパフォーマンス比較は行いません。私のユースケースは、潜在的に大きなファイルを早いネットワークからダウンロードするという、若干細かい内容です。リモートサーバーからダウンロードする際は、ネットワーク接続がネックになりがちです。では、ローカルネットワークにサーバーがあって、バンド幅が問題で無くなった場合はどうでしょうか?

続きを読む »

高速になった FishEye 3.0 / Crucible 3.0 をリリース。コードの検索、可視化、そしてレビュー。

FishEye 3.0 と Crucible 3.0 をご覧ください。コード検索、可視化、そしてレビュー機能の大規模アップデートが、開発チームの毎日の仕事をよりスピードアップさせるでしょう。このリリースによってデベロッパーは、コードリポジトリ全体の変更の管理、知識の共有、そしてコラボレーション・サイクルの加速を可能にする、より力強い方法を得る事になります。特に Subversion

続きを読む »