Archives for the tag: mercurial

Git で monorepo を扱う際の課題とヒント

多くのユーザーがその柔軟さ故に Git を分散型バージョン管理システムとして採用しています。特に Git のブランチとマージのモデルは、分散型の開発ワークフローを実現する強力な方法となっています。この柔軟性が大半のユースケースに機能する一方で、それほど美しく扱いきれないこともいくつかあります。そのようなユースケースの一つは、monorepo という大きな一枚岩のリポジトリで

続きを読む »

JIRA 6.1 リリース: チームの変化、進化を後押し

今回、私はJIRA 6.1の発売をお伝えできる事を非常に喜んでいます。我々はこれまで全く新しいJIRAを築き上げようと努力を続けてきました。モダンで、高速で、モバイルで、シンプルなJIRAを、です。今回のリリースは、管理者のワークフローにおけるいくつかの重要な領域に焦点をあてています。また、デベロッパーがコーディングに着手しやすくなりました。ワークフローの構築、便利なフィールドの管理、そして開発への着手について、チームがより心地よく変化、進化を抱擁できるようシンブルにしました。また、ユーザーの皆様が大いに気にかけている事に関して、いくつか重要な改善を行いました。詳細は、記事の最後までのお楽しみです。 ワークフロー:

続きを読む »

SourceTree 1.0 リリース。Mercurial をサポート

SourceTree for Windows にとって大きな一日です。本日、バージョン 1.0 をリリースしました。全ての製品にとって 1.0 に到達することは影響の大きい瞬間だということは全てのデベロッパーがご存知でしょう。皆さんにとって試してみるに値するリリースができたと私たちは考えています。リリースノート全文をご覧になると全ての話が分かりますが、いくつかハイライトを下記します。 Mercurial

続きを読む »

高速になった FishEye 3.0 / Crucible 3.0 をリリース。コードの検索、可視化、そしてレビュー。

FishEye 3.0 と Crucible 3.0 をご覧ください。コード検索、可視化、そしてレビュー機能の大規模アップデートが、開発チームの毎日の仕事をよりスピードアップさせるでしょう。このリリースによってデベロッパーは、コードリポジトリ全体の変更の管理、知識の共有、そしてコラボレーション・サイクルの加速を可能にする、より力強い方法を得る事になります。特に Subversion

続きを読む »

DVCS への移行:Subversion から DVCS へ移行した FishEye 開発チーム

ツールなら簡単、でもプロセスは? FishEye 開発チームは、アトラシアン内で DVCS へ切り替えた 最初のチームでした。アトラシアンには DVCS の経験者はいたものの、中規模の開発チームで仕事をするときに DVCS を使ったことがある人はほとんどいませんでした。私たちは参考になりそうな情報を Web で探しましたが、当時は、仕事で DVCS を使った経験を共有できるようにしている人はそれほどいませんでした。「

続きを読む »

バージョン管理とは : 集中型 vs. DVCS

この投稿は アトラシアン DVCS ガイド の一部です » 最初のエントリでは、任意のバージョン管理システムの基本である diff と patch について取り上げました。diff と patch について確認した後は、バージョン管理システムについて見てみましょう。皆さんの多くは Subversion (SVN)、CVS、そして Perforce などの 集中型バージョン管理システム に馴染みがあるかも知れません。一方で、最初から

続きを読む »

バージョン管理とは : Diff と Patch

この投稿は アトラシアン DVCS ガイド の一部です » 今回のブログ コンテンツの大部分は Steve Losh 氏との共同執筆によるものです。Steve 氏はプログラマー、写真家、ブルース ダンサー、そしてミュージシャンです。Steve 氏の プロジェクト を参照し、彼のクールな取り組みをご覧ください。また、彼の Bitbucket アカウント 経由でソース コードを確認してみましょう。 分散型バージョン管理への切り替え 多くの個人、チーム、そして組織は

続きを読む »

Bitbucket リニューアルの詳細

*本ブログは Bitbucket Blog を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 10 月 9 日、Justen Stepka 投稿 "Introducing the Redesigned Bitbucket" ここ Bitbucket 本部にとって大きな一日でした。Bitbucket チームは真新しく再設計された Bitbucket のベールをはがしました。この大きなリリースの目標は、Bitbucket のウェブエクスペリエンスを一から見直し、再構築することでした。本日、新しい

続きを読む »

Git 対 Mercurial: なぜ Git を選ぶのか?

これは Atlassian DVCS ガイド » の一記事です。 今回は Atlassian の開発者である Charles O'Farrell によるゲストブログです。チームが DVCS として Git を選択する理由について説明します。Charles はコーディングをほとんど DVCS 上で行い、また ClearCase から Git へユーザーを移行させる作業を行ってきました。 前回の記事では、分散バージョン管理システムとしてチームがなぜ Mercurial

続きを読む »

Mercurial 対 Git:なぜ Mercurial を選ぶのか?

この投稿は アトラシアン DVCS ガイド の一部です » この記事は Steve Losh によるゲストブログで、チームが (分散) バージョン管理システムとして Mercurial を選択する主要な理由について焦点を当てています。 分散バージョン管理についての Steve の素晴らしい取り組みについては、彼のプロジェクトをチェックしてください。あるいは、彼の Bitbucket アカウントを直接見てみたり、たくさんあるプロジェクトの中から一つをフォークしてみてください。 前回の記事では、バージョン管理の歴史とそれが良い理由、そして集中型システムよりも分散管理システムが良い理由について説明しました。 今日広く使われている分散バージョン管理システムが2つあります。Mercurial

続きを読む »