Archives for the tag: jira

JIRA + HipChat = アジャイルチームのためのリアルタイムコミュニケーション

(日本語字幕付き) テレパシーができるようになるまでは、ソフトウェアチームは最新の JIRA と HipChat のインテグレーションを利用しましょう。JIRA 6.4 として提供しているバージョンでは、チームはプロジェクト別のチャットルームを簡単に設置し、JIRA からの通知を選択してそれぞれのチャットルームに広く知らせることができます。チームは必要なときに必要な情報をリアルタイムに得ることができるようになるのです。これにより、情報を伝える相手を探すという手間がなくなり、また必要なメッセージが情報の山に埋もれてしまうことも防止できます。ぜひこの記事をお読みになることをお勧めします。 JIRA

続きを読む »

JIRA Service Desk 2.3 の新機能: カスタマー エクスペリエンスの向上

(訳者注: JIRA Service Desk にはエージェント、コラボレーター、カスタマーという 3 つの役割があります。各役割の詳細はブログ記事「JIRA Service Desk を用いてデベロッパーとコラボレーションしよう」をご参照ください。) アトラシアンでは、チームによるカスタマー支援方法の変革に焦点を合わせ新しい種類のサービスデスクを実現しようと懸命に取組んできました。JIRA

続きを読む »

JIRA Portfolio Cloud を用いて JIRA をさらに活用しよう

お待たせしました – JIRA Portfolio Cloud をリリースしました! JIRA Portfolio の Cloud サービスがリリースされました! JIRA Portfolio Server のリリース以来、Server サービスをご利用の数多くのカスタマーと協力し製品の性能を高めながら、その裏では Cloud サービスの準備に追われ忙しい毎日を過ごしてきました。この期間に導入した機能の一部を紹介します: ストーリーポイント

続きを読む »

アトラシアンにおける スプリント計画 の方法

本稿はアジャイルの作法に関するシリーズ第 2 弾「アトラシアンにおける スプリント計画 の方法」です。第 1 弾のアトラシアンにおけるスプリントの「ふりかえり」方法もご覧ください! 毎年、新年になると新たな目的意識が芽生え、ソフトウェア界では、より優れたソフトウェアを世に出すという誓いが立てられます。アトラシアンでは、新年において、スプリント計画のアジャイル作法をとても頼りにしています。実行することを定め直し、予期せぬ展開を最小限にとどめ、全体的なコード品質の向上を確実にするためです。私たちが見出した最も役立つスプリント計画の

続きを読む »

アトラシアンにおける ふりかえり の方法

遂に、師走となりました。1 年を振り返る時期がやってきましたね!年末は、その年の出来事を追想する時です。私たちのチームでは、各メンバーが次のようなことを考えます。 上手くいったことは何か? 自分は、何を達成したか? 自分のどのような点を更に改善していきたいか? 今年できなかったことで、来年やりたいことは何か? そう、12 月は 1 年の出来事を追想する

続きを読む »

JIRA Service Desk を用いてデベロッパーとコラボレーションしよう

デベロッパーの方たちが、JIRA を愛して止まないことは知っています。それは、既に 25,000 以上のチームが作業のトラッキングに JIRA を使用している事からも分かります。今度は、あなたのサービスデスクを更に活用してみましょう。 既に、JIRA はデベロッパーが優れたソフトウェアを開発できるようにサポートしています。同様に、JIRA Service Desk の場合は、あなたがあなたの顧客向けに素晴らしいサービスを提供することを簡単にします。1

続きを読む »

新製品『JIRA Portfolio』発表: 「イニシアチブ」を閲覧、計画、管理

今日、JIRA Server において JIRA Portfolio が利用できるようになりました。Cloud 向けは 2015 年前半を予定しています。詳細はこちらをご覧ください。 今回は、JIRA ファミリーの新たなメンバーをお知らせできて興奮しています。その名も、JIRA Portfolio。多くのチームは開発パターンとしてアジャイルな手法を選ぶ中、複数のビジネスにまたがりアジャイルの規模を大きくする際に色々な問題に直面します。開発チームは、全開発サイクルを通じて状況、成果、そして予測に関する内容を伝え合う必要があります。プログラムマネージャーは、複数のプログラムにまたがるリリースを調整しなくてはなりません。管理者と幹部は、企業ポートフォリオが辿る進化についてハッキリとした洞察を得る必要があります。 JIRA

続きを読む »

Atlassian University (インタラクティブなチュートリアル) が無料に!

JIRA、JIRA Agile、Confluence の使い方を一歩一歩順を追って説明するガイドが無料に。 良いお知らせです!これまで university.atlassian.com のコンテンツは利用料を支払った企業のみが利用できましたが、今日から全てのコンテンツが無料になりました。 Atlassian University で順を追って説明するステップの一例 有料で使用していた顧客は数年に渡りこのインタラクティブに製品の基本を学ぶことができるトレーニングを楽しんできましたので、全てのユーザーに無料で提供できるようになったことに私たちはとても興奮しています。先月、ある顧客はこのトレーニングを体験してこう言いました: レッスンはとてもよくできています。私は

続きを読む »

GitHub 課題トラッカーをお探しの方に JIRA をお勧めする 5 つの理由

ソフトウェアは、世の中におけるチームの共同作業の方法に革命を起こしました。ソフトウェアを有効に活用したチームは、組織に打撃を与える事無くコラボレーション範囲を拡大する技法を修得しました。最も優れたチームに至っては、健全なコラボレーションのバックボーンとなる課題トラッキングの規律を修得しています。アトラシアンでは、チームがより素早くイノベーションを行えるよう、構想からリリースに至るまでのサイクルの短縮を目指しています。GitHub

続きを読む »

【セッション録画公開】Developers Summit 2014 Summer「創業122年の企業と顧客価値にコミットした開発を実現する試みと成果について」

先日ご案内したとおり、7 月 31 日 (木) に開催された Developers Summit 2014 Summer に出展いたしました。弊社スポンサーセッションとして「創業122年の企業と顧客価値にコミットした開発を実現する試みと成果について」を実施いたしました。録画したものを下記のとおり公開しておりますのでご覧頂ければと思います。 セッション内容 講演タイトル:「創業122年の企業と顧客価値にコミットした開発を実現する試みと成果について」 講演者: 鈴木

続きを読む »