Archives for the tag: jira

【大阪】JIRA を中心としたチーム開発環境キャッチアップセミナーを開催【9月28日】

9月28日 (水) に大阪(大阪駅から徒歩)で、JIRA Software を中心としたチーム開発環境のキャッチアップセミナー(参加無料)を開催します。JIRA Software を開発の情報 Hub として活用することで、開発チームが、企画チームと運用チームと協業しやすくなるモデルや、開発チーム内でのコンセンサスと協業が行えるプロジェクトのワークフローとコードのワークフローの連動などをデモンストレーションを中心にご紹介します。 また、ドリンクアップ(懇親会)では、「現場トーク」を開催予定です。現場の悩みや疑問点を中心にツール活用の

続きを読む »

TEAM-2 「チームのチカラで品質を作りこむ」をコミュニティさんと共催します【福岡】

Atlassian for Teams 今年の6月にアトラシアン株式会社主催イベントのユーザーカンファレンスとして、Atlassian for Teams TEAM-1 を開催しました。 TEAM-1 のイベント サイト   イベントの模様は、@IT さんにて記事として公開もされています。また、gloops 様、gumi 様の事例セッション資料をはじめとした公開可能なセッション資料も、イベント サイトの資料 で公開されています。   第2回は、福岡で開催!九州ソフトウェアテスト勉強会さんと共催 第2回目のユーザーカンファレンスは、福岡で開催します。2016年8月5日

続きを読む »

カンプラン : バックログとカンバンの融合

アジャイルチームにおいてアジャイルフレームワークを選択することに関し、銀の弾丸はありません。カンバンを使おうとスクラムを使おうと、あるいはスクラムバンのようにこの 2 つを組み合わせて使おうと、アジャイルは 1 つのチームプロセスです。優れたソフトウェアの計画、追跡、リリースをするにあたり、すべてのチームに必要なことは、どのフレームワークが基盤として最も適切に機能するのかを理解することです。 カンバン対スクラム対スクラムバン カンバンの目的はチームメンバーに適量の仕事を与えて、チームが常にフル稼働で作業できるようにすることです。ボード上にあるものは何でも最優先事項なので、カンバンを実践するチームには柔軟な計画、明確なフォーカス、全体的な透明性などのメリットがあります。それは開発者が取り組んでいるものです。カンバンは、優先度が変化する環境で継続的デリバリーに専念する運営チームにぴったりです。 それとは対照的に、スクラムは作業をスプリントと呼ばれる一連の固定長イテレーションに分割します。スプリントとしてスケジュール化されたものは何でもチームの最優先事項です

続きを読む »

デブサミ2016 セッション資料公開【19-B-6】

デブサミ2016 アトラシアンでは今年もデブサミ2016に協賛いたしました。今年のブースは、Fun をテーマとして、JIRA シリーズのイースターエッグであるインベーダーゲームを使ったタイムアタックを行いました。 思った以上に白熱!し、最高タイムは23秒という驚異的な記録に!パートナー企業様であるサムライズム様も企画に相乗りくださり、とても盛り上がりました。ブースもセッションも、製品を前面にださない姿勢をとりました。 多くの方にお立ち寄りいただき感謝しております!ありがとうございました。そして、今回のインベーダーゲームの王者は23秒の@yusukeさんです。おめでとうございます!

続きを読む »

Developers Summit 2016 アトラシアン ブースにお越しください!

みなさんこんにちは、テクニカルマーケティングマネージャーの新村です。 明日(2/18)から開催されるDevelopers Summit 2016に今年も協賛させていただいており、ブースとセッションでみなさんにお会い出来るかと思います。 ブース展示ではアトラシアン製品のデモはもちろんの事、JIRA Softwareのイースター・エッグで遊んでいただこうかと思っております。 遊んでいただいた方にはもれなく(数に限りはありますが)こちらのステッカーをプレゼントいたします。 その他ステッカーも多数用意してますので、そちらも合わせてご活用ください。 ぜひ、アトラシアンブースに遊びに来てください。 また、二日目の最終セッションの一つ前に弊社シニアエバンジェリスト長沢のセッションもございます。 【19-B-6】 「ビジネス駆動開発」から「ソフトウェア駆動ビジネス」へ すでに満席の状況ですが、場合によってはご覧いただけるかと思いますのでぜひご拝聴いただければと思います。 それでは、明日からの2日間目黒雅叙園にてお待ちしております。

続きを読む »

[I am a speaker] 天文学に関する技術シンポジウム

アトラシアン製品に関連する講演、勉強会セッションをする方に「特製スピーカー T シャツ」をご提供させていただておりますが、その中から、今回は、東北大学青葉山キャンパスにて開催された「第35回 天文学に関する技術シンポジウム」での元国立天文台チリ観測所の安井様をご紹介します。   天文学に関する技術シンポジウム シンポジウムは、波長分野に拘らず、装置開発、改良、その運用や成果の発表の場です。場を通じて知っていただき、何かを得ていただく機会を提供しているとのことです。完成された物や成果、技術の発表だけではなく、日々の運用や進行中の計画、構想段階の発表も行われており、これらに対しての意見やアドバイスも積極的に交換できる会となっているそうです。   アトラシアン

続きを読む »

アトラシアン ユニバーシティ : アトラシアン製品の使い方を学べる新しい方法

ユーザーの皆様の成功を加速するのに役立つ新しい学習コンテンツ、アトラシアン ユニバーシティについてお知らせがあります。アトラシアン ユニバーシティは新規ユーザーから JIRA 管理者まですべてのユーザーの皆様に対応するようになりました。学習レベルでの分類が加わり、各ユーザーは習熟度に応じたコンテンツを利用でき、チームはアトラシアン製品を最大限に活用できるようになります。 最新の無料コンテンツを活用しよう オンデマンドのオンラインセミナー、製品チュートリアル、ブログ記事、その他多数のコンテンツをご利用ください。新しいコンテンツを常時追加していきますので、定期的に最新コンテンツをご確認ください。 JIRA

続きを読む »

[I am a speaker] 楽天様 Ichiba Bamboo User Meeting #1

アトラシアン製品に関連する講演、勉強会セッションをする方に「特製スピーカー T シャツ」をご提供させていただておりますが、その中から、今回は、楽天様の社内勉強会「Ichiba Bamboo User Meeting #1」における山木様をご紹介します。 IBUM - Ichiba Bamboo User Meeting 楽天様で導入いただいている継続的インテグレーションとデプロイメントのアトラシアン製品 Bamboo のユーザーミーティングを社内で実施されたとのことです。

続きを読む »

JIRA (JIRA Core) を用いてビジネスワークフローを作成しよう

2014 年に調査を実施したところ、当社顧客の約 3 分の 1 がソフトウェア開発以外のプロジェクトに JIRA を使用していたことが分かりました。彼らはマーケティングコンテンツのレビューサイクル、サプライチェーンの製造工程、新薬の臨床における患者の管理などに JIRA を使用していました。非技術系チームにおいても JIRA が使われていたのです! 職種はさまざまですが、各チームの

続きを読む »

価値のパイプラインをつなぐデモ動画を公開 Atlassian solution + Docker

アトラシアンのシニア エバンジェリストに就任以来、一貫した開発ライフサイクルを実践するためのデモンストレーションを実施し続けておりますが、最新の環境で再構築をしました。すでに先日開催された「アジャイル&DevOpsコンファレンス」で実施しましたが、今後もご希望があれば『ライブデモ』で企画・計画・開発・ビルド・テスト・デプロイの『価値のパイプライン』を実演したいと思います。   デモ概要図 上図のように、各所に

続きを読む »