Archives for the tag: git

Git 2.7 の優れた新機能

Git 2.6 からわずか 2 カ月後、膨大な機能と修正、そして性能の向上を果たした Git 2.7 がリリースされました。ここでは Bitbucket チームが興味を持った新しい機能を紹介します。 git worktree の完成 Git 2.5 で導入された素晴らしい git worktree コマンドを使うと、複数のリポジトリブランチからのチェックアウトやブランチ上での作業を、異なるディレクトリで同時に行うことができます。たとえば、簡単な修正をする必要があるけどワーキングコピーを汚したくない場合、次のように新しいブランチを新しいディレクトリにチェックアウトすることができます。 Git

続きを読む »

[I am a speaker] Git と Python

アトラシアン製品に関連する講演、勉強会セッションをする方に「特製スピーカー T シャツ」をご提供させていただておりますが、その中から、今回は、11月22日に開催された PyCon mini Hiroshima での須増様をご紹介します。 Git と Python 須増様 の講演は、Git と Python についてでした。『エジプト駆動開発』ということで、Sphinx と GitHub Pages, Bitbucket Pages について発表されたとのことです。 まずは、GitHub

続きを読む »

価値のパイプラインをつなぐデモ動画を公開 Atlassian solution + Docker

アトラシアンのシニア エバンジェリストに就任以来、一貫した開発ライフサイクルを実践するためのデモンストレーションを実施し続けておりますが、最新の環境で再構築をしました。すでに先日開催された「アジャイル&DevOpsコンファレンス」で実施しましたが、今後もご希望があれば『ライブデモ』で企画・計画・開発・ビルド・テスト・デプロイの『価値のパイプライン』を実演したいと思います。   デモ概要図 上図のように、各所に

続きを読む »

FishEye/Crucible 3.10 リリース。コードレビュー アクティビティにステータス情報も

カスタマーの皆さんのことを知り、どのようにアトラシアン製品を使って最高のソフトウェアを開発しているのか学ぶことはアトラシアンでの楽しみのひとつです。来週開催されるアトラシアンサミットなどのイベントで個人的にお話を伺えることもありますが、ビデオ会議や調査から情報を得ることが多いです。例えば、FishEye/Crucible に関する年次調査などです (調査に参加してくれた皆さん、ありがとうございました!)。 皆さんからいただいたフィードバックから重要性が増していると学んだ

続きを読む »

Git 2.x シリーズの 6 つの素晴らしいフィーチャー

私が Git リリース ノートをレビューしてからしばらく経ちましたが 、だからといって私が最新のノートを熱心に読んでおらず、毎日の作業に新たな優れモノを取り入れていなかった訳ではありません。自分の誕生日 (拍手!) と、先日の Bitbucket Server のリリースを祝うため、本日は私が Git 2.x シリーズ (2.6 まで) で気に入っているフィーチャーを全てご紹介します。どれか役に立つようなことがあれば、是非ご一報ください。 リベース前に変更内容をスタッシュ Git

続きを読む »

Git で monorepo を扱う際の課題とヒント

多くのユーザーがその柔軟さ故に Git を分散型バージョン管理システムとして採用しています。特に Git のブランチとマージのモデルは、分散型の開発ワークフローを実現する強力な方法となっています。この柔軟性が大半のユースケースに機能する一方で、それほど美しく扱いきれないこともいくつかあります。そのようなユースケースの一つは、monorepo という大きな一枚岩のリポジトリで

続きを読む »

Git subtree のパワー

Git subtree を使うとリポジトリを他のリポジトリのサブディレクトリとして追加することができます。Git プロジェクトがプロジェクト依存関係を管理する方法はいくつかありますが、これはその一つです。記憶力の良い人は、私が以前に Git submodule の代替の記事でこのコマンドの使用法と利点について書いたことを覚えているでしょう。 Git subtree の基本 それでは git subtree

続きを読む »

9 月 17 日 (木) Git イベント「きっとわかる Git! 〜 SourceTree と Bitbucket ではじめよう!〜」

近年、バージョン管理システムとして Git の人気は高まる一方です。Git に取り組みたいと考えてはいたけれど実際になかなか始められていない方、また Git の経験はあるけれど、この機会にしっかりと Git を学びたいという方、などを対象に Git イベントを行います。 本イベントではまず 2 つのセッションを実施し、その後にドリンク、軽食を交えながらネットワーキングパーティーを実施します。 セッション

続きを読む »

Git ウェビナー公開 : チームに合わせて成長する 大規模環境 Git

Git が普及している理由や、Stash と Stash Data Center がプロフェッショナルな開発チームにおける Git の利用拡大に貢献している状況について、アトラシアンの開発者向けツールのプロダクトマーケティングマネージャーである Kelvin Yap が先週プレゼンテーションを行いました。お客様の開発チームがセキュリティや拡張性、高いパフォーマンスの維持などといった面で問題を抱えており、それらの問題に対処するために

続きを読む »

--force は有害だという考え; git の --force-with-lease を理解する

Git の push --force は有害です。何故ならローカルの内容を無条件にリモートレポジトリを上書きしてしまい、チームメンバーがその間にプッシュしていた変更を上書きてしまうからです。しかし、これには改善策があります。強制プッシュがどうしても必要ではあるけれど、他人の作業を上書きしないようにしたいときは --force-with-lease というオプションを利用します。 Git

続きを読む »