Archives for the tag: Fisheye

FishEye & Crucible 4.0: さらに使いやすくなったユーザー管理とオンデマンド Blame

当社顧客の事業が拡大し、ユーザーが毎日増えていることを私たちは興奮しながら見ています。ユーザーやグループが増えるほど、権限を与えるためのスケーラブルでシンプルなワークフローを持つことが重要になってきます。 このことを理解し、アトラシアンのすべてのツールで一貫性を持つことを目標として、私たちは FishEye と Crucible 4.0 に Crowd (当社のシングルサインオン製品)

続きを読む »

DVCS への移行:Subversion から DVCS へ移行した FishEye 開発チーム

ツールなら簡単、でもプロセスは? FishEye 開発チームは、アトラシアン内で DVCS へ切り替えた 最初のチームでした。アトラシアンには DVCS の経験者はいたものの、中規模の開発チームで仕事をするときに DVCS を使ったことがある人はほとんどいませんでした。私たちは参考になりそうな情報を Web で探しましたが、当時は、仕事で DVCS を使った経験を共有できるようにしている人はそれほどいませんでした。「

続きを読む »

NASA ジェット推進研究所の宇宙探査に貢献するアトラシアン

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。原文 : 2012 年 5 月 14 日、Sarah Goff-Dupont 投稿 "NASA’s Jet Propulsion Lab Launches Atlassian Into Space"   写真提供:NASA NASAのジェット推進研究所(JPL)は、飛行任務の計画に使うソフトウェアを開発するためにアトラシアン製品群を使用しています。衛星や火星探査機から送られてくるデータのモデリングにも使用しています。ソフトウェア開発リードであり、JPLにおける「アトラシアン担当者」である

続きを読む »

Git 対 Mercurial: なぜ Git を選ぶのか?

これは Atlassian DVCS ガイド » の一記事です。 今回は Atlassian の開発者である Charles O'Farrell によるゲストブログです。チームが DVCS として Git を選択する理由について説明します。Charles はコーディングをほとんど DVCS 上で行い、また ClearCase から Git へユーザーを移行させる作業を行ってきました。 前回の記事では、分散バージョン管理システムとしてチームがなぜ Mercurial

続きを読む »

Mercurial 対 Git:なぜ Mercurial を選ぶのか?

この投稿は アトラシアン DVCS ガイド の一部です » この記事は Steve Losh によるゲストブログで、チームが (分散) バージョン管理システムとして Mercurial を選択する主要な理由について焦点を当てています。 分散バージョン管理についての Steve の素晴らしい取り組みについては、彼のプロジェクトをチェックしてください。あるいは、彼の Bitbucket アカウントを直接見てみたり、たくさんあるプロジェクトの中から一つをフォークしてみてください。 前回の記事では、バージョン管理の歴史とそれが良い理由、そして集中型システムよりも分散管理システムが良い理由について説明しました。 今日広く使われている分散バージョン管理システムが2つあります。Mercurial

続きを読む »