Archives for the tag: developer tools

「モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用」資料公開

オープンセミナー2016@広島 2016年2月6日に開催されたオープンセミナー2016@広島での講演資料を公開しました。 モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用 from Tomoharu Nagasawa すでに多くの方にご覧いただいている資料です。各スライドに解説もつけていますので、ぜひご覧ください。 資料の無音声動画も公開してあります。 具体例としてのデモでは、Confluence,

続きを読む »

Bitbucket で何をつくった? #BuiltWithBitbucket キャンペーン

Bitbucket Server と Bitbucket Cloud (以前の Stash と Bitbucket.org) の使い方について、多くの方と話をする機会がありました。当社は、これまでにも Bitbucket の顧客がどのようなものを作っているかについて色々と学んできています。 簡単に言うと私たちは畏怖しています。 例として Halogenics のケースを挙げます。同社は、生体医学と教育の分野で Bitbucket を使用してデータベースとソフトウェアソリューションを開発しました。同社のツール類と支援している研究は、明日のがん患者にとって文字通り命を救うものであり、今日の患者やその家族にとって一筋の希望でもあります。

続きを読む »

Atlassian ソリューションを活用した DevOps 時代のソフトウェア開発環境 資料公開

3月29日に開催された Developers.IO 2015 でのセッション資料を公開します。 DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015] from Tomoharu Nagasawa はてなブックマーク数:  資料では、Atlassian 製品である、Confluence, JIRA (JIRA Agile), Stash (or Bitbucket), SourceTree, Bamboo, HipChat (Cloud / Server) をフルに活用した開発現場が得られるメリットを解説しています。 デモ環境では、Confluence, JIRA,

続きを読む »

Atlassianツール連携の資料作成で使える2つのフリー素材を公開

アトラシアン ツールチェイン アトラシアン製品は、それぞれのツールの導入でも効果を発揮しますが、いくつかの製品を連携させることで、相乗効果を生むことができるように設計されています。   日頃のエバンジェリストの活動で、講演や執筆時に作成している資料についても高(好)評価をいただいております。それらを個人ブログにて、公開しておりましたが、アトラシアン製品をご利用・ご検討いただいている皆様にも、共有をさせていただきます。どちらもフリー素材としての提供ですので、社内資料作成などでご活用ください。 なお、これら資料についてのお問い合わせは、エバンジェリスト長沢に直接お願いします。   モダンなチーム開発環境でのツール連携資料 こちらの資料は、チーム開発を行う開発環境を構築する際に、検討すべき開発ワークフローとそこでのツール検討に役立つスライドを提供しています。 アトラシアン製品をご利用・ご検討いただいている場合は、そのままご利用いただけますので、ご自身の現場でできていること、できていないことなどを見極めたり、現場のメンバー、意思決定者とコンセンサスを取る際に活用いただけます。 すでにアトラシアン製品を2つ以上導入されている場合は、この資料を参考にしていただき、現場で実践していない連携や自動化ポイントがないか、それらは連携・自動化する必要がないかどうかを見極めたり、現場メンバーでコンセンサスを取る際に活用いただけます。 上記の

続きを読む »

Git ウェビナー公開 : チームに合わせて成長する 大規模環境 Git

Git が普及している理由や、Stash と Stash Data Center がプロフェッショナルな開発チームにおける Git の利用拡大に貢献している状況について、アトラシアンの開発者向けツールのプロダクトマーケティングマネージャーである Kelvin Yap が先週プレゼンテーションを行いました。お客様の開発チームがセキュリティや拡張性、高いパフォーマンスの維持などといった面で問題を抱えており、それらの問題に対処するために

続きを読む »

「Git Essentials」紹介。JIRA から離れずに開発の全体像を把握

10 月に、フィーチャー ブランチ ワークフローを発表しました。JIRA、Stash、SourceTree、Bamboo により、チームが Git ブランチ機能を使い始める、シンプルで誰にでもできる方法です。ブランチ作成はボタンをクリックするだけですが、ブランチ名を JIRA 課題と整合性のあるものにし、ブランチの整理と管理が簡単にできます。 今回は、Git に関する最新・最高の機能を紹介します。JIRA

続きを読む »

Stash 2.9 リリース: ブランチ、ビルド、リポジトリアクセスの管理が簡単に

私たちは最近のいくつかのリリースにおいて、デベロッパーと彼らのワークフローに、フォーク、パブリックリポジトリのフィーチャーを届けることに集中してきました。そして直近のリリースではより優れたブランチのフィーチャーを届けました。Stash 2.8 のポイントは、より緊密な JIRA 統合とブランチフィーチャーによって、お使いの開発ワークフローをアップグレードする事でした。私たちは、JIRA

続きを読む »

「究極のウォールボード」を持っていませんか?

最も印象的な情報ラジエーターがないかと、私たちは目を光らせています。もしあなたがウォールボード、ステータスボード、ストーリーウォール、あるいは他の形でも強烈なフィードバックをもたらすものを使用しているのであれば、私たちにそれを見せてください! 自分のウォールボードに何が表示され、それがなぜ必要なのかを説明するだけで、55インチHDTVおよびその他の豪華賞品が当たる可能性があります。以下のコンテスト詳細を参照してください。 情報ラジエーターとは何ですか? 簡単に言うと、情報ラジエーターとは重要な情報を大きく表示するもので、継続的に更新され、チームが常に見える場所に置かれます。これは、重要な情報を共有し、共通の目標に集中し続けるアジャイルソフトウェア開発チームにとって信じられないほど価値のあるツールです。 情報ラジエーターには様々な形や大きさがあります。伝統的な方法では、バーンダウンチャートの手書きポスターや、ホワイトボード上の色付き付せん紙による方法があります。 "情報ラジエーター"という用語は2000年に、アリスター・コバーンにより、彼の著作

続きを読む »