Archives for the tag: crucible

FishEye & Crucible 4.0: さらに使いやすくなったユーザー管理とオンデマンド Blame

当社顧客の事業が拡大し、ユーザーが毎日増えていることを私たちは興奮しながら見ています。ユーザーやグループが増えるほど、権限を与えるためのスケーラブルでシンプルなワークフローを持つことが重要になってきます。 このことを理解し、アトラシアンのすべてのツールで一貫性を持つことを目標として、私たちは FishEye と Crucible 4.0 に Crowd (当社のシングルサインオン製品)

続きを読む »

DVCS への移行:Subversion から DVCS へ移行した FishEye 開発チーム

ツールなら簡単、でもプロセスは? FishEye 開発チームは、アトラシアン内で DVCS へ切り替えた 最初のチームでした。アトラシアンには DVCS の経験者はいたものの、中規模の開発チームで仕事をするときに DVCS を使ったことがある人はほとんどいませんでした。私たちは参考になりそうな情報を Web で探しましたが、当時は、仕事で DVCS を使った経験を共有できるようにしている人はそれほどいませんでした。「

続きを読む »

Crucible で様々なホスティングサービス上のコードをレビューしよう

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 9 月 27 日、Sten Pittet 投稿 "Reviewing code on any hosting service with Crucible" 開発チームが一定のサイズに達すると、きれいなコードレビュープロセスを持つことが難しくなります。リモート開発者がペアリングできない、レビュー待ちに並ぶチェンジセットが多すぎる、レビューに携わる人々が多すぎる、など。そのプロセスを合理化する方法、そして見る必要があるすべての変更を追跡する方法が必要です。 Crucible

続きを読む »

「究極のウォールボード」を持っていませんか?

最も印象的な情報ラジエーターがないかと、私たちは目を光らせています。もしあなたがウォールボード、ステータスボード、ストーリーウォール、あるいは他の形でも強烈なフィードバックをもたらすものを使用しているのであれば、私たちにそれを見せてください! 自分のウォールボードに何が表示され、それがなぜ必要なのかを説明するだけで、55インチHDTVおよびその他の豪華賞品が当たる可能性があります。以下のコンテスト詳細を参照してください。 情報ラジエーターとは何ですか? 簡単に言うと、情報ラジエーターとは重要な情報を大きく表示するもので、継続的に更新され、チームが常に見える場所に置かれます。これは、重要な情報を共有し、共通の目標に集中し続けるアジャイルソフトウェア開発チームにとって信じられないほど価値のあるツールです。 情報ラジエーターには様々な形や大きさがあります。伝統的な方法では、バーンダウンチャートの手書きポスターや、ホワイトボード上の色付き付せん紙による方法があります。 "情報ラジエーター"という用語は2000年に、アリスター・コバーンにより、彼の著作

続きを読む »