Archives for the tag: case study

RunKeeper と Confluence の見事なコラボレーション

RunKeeper チームは、世界各国 3000 万人ものユーザーの要求に応えるために素早く行動しなければなりません。ユーザーは、日々のランニングや運動をアプリに記録しています。オリンピック選手のように運動するために、そしてあらゆるモバイル OS において最適なレベルで優れたアプリであり続けるために、RunKeeper は、 Confluence、JIRA、そして HipChat を使用しています。これらのランニングパートナーのおかげで、チームの機敏さと一体感を保つことができるのです。 RunKeeper

続きを読む »

NASA ジェット推進研究所の宇宙探査に貢献するアトラシアン

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。原文 : 2012 年 5 月 14 日、Sarah Goff-Dupont 投稿 "NASA’s Jet Propulsion Lab Launches Atlassian Into Space"   写真提供:NASA NASAのジェット推進研究所(JPL)は、飛行任務の計画に使うソフトウェアを開発するためにアトラシアン製品群を使用しています。衛星や火星探査機から送られてくるデータのモデリングにも使用しています。ソフトウェア開発リードであり、JPLにおける「アトラシアン担当者」である

続きを読む »

(事例) 開発環境の標準化により全体最適を目指す SIer、グロースエクスパートナーズ

本日は、グロースエクスパートナーズ株式会社 (以下、GxP) のチーフ IT アーキテクト 鈴木雄介様、テクニカルフェロー 北條育男様、コンサルティングエンジニア 三上公明様、マーケティングプロデューサー 望月雅之様に話をお伺いしました。GxP は顧客の要望に応えシステムを開発、運用するシステムインテグレーターです。(写真左から、望月様、北條様、三上様、鈴木様) どのアトラシアン製品を使っていますか? 課題管理システムの

続きを読む »

(事例) OfficeDrop における課題管理とアジャイル開発

*本ブログは ATLASSIAN blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。*原文 : 2011 年 4 月 21 日、Morgan Friberg 投稿 "(Case Study) Issue Tracking and Agile Development at OfficeDrop" 本社: マサチューセッツ州ケンブリッジ 従業員数: 18 名 設立: 2008 年 製品: JIRA と GreenHopper ボストンに本拠を置くスタートアップ OfficeDrop は、開発、カスタマーサービス、文書スキャンワークフローにアトラシアンの課題管理システムを使用しており、またマーケティングやその他の業務エリアにも

続きを読む »

(事例) 適切なアクセス管理によりWikiで社内情報共有を実現したISID

*2010 年 11 月 8 日 Sean Osawa 投稿 本日は株式会社電通国際情報サービス (以下、ISID) のビジネスイノベーション本部 営業統括室 杉浦直樹様、コミュニケーションIT事業部 中山留理子様、ビジネスソリューション事業部 金藍洋様、開発技術センター 橋詰英輝様にお話を伺いました。杉浦様は、2009年度まで新規事業開発を行う部署におり、その時に社内 Wiki として Confluence (コンフルエンス)

続きを読む »

(事例) 開発環境でID統合管理を実現した日興システムソリューションズ

*2010 年 10 月 27 日 Sean Osawa 投稿   本日は、日興システムソリューションズ株式会社を訪問し、開発統括部 大川一仁 部長、川原岳様、基盤システム開発部 田村和也様にお話を伺いました。日興コーディアル証券様のシステム開発、運用業務を中心とし、他の金融機関からのシステム受託開発なども行われています。開発統括部では全社のプロジェクトを横断的に支援する役割を担っています。(写真左から大川部長、川原様)   どのアトラシアン製品を使っていますか? 課題管理システムとして

続きを読む »

(事例) 組織の成長とともに進化するナレッジマネジメント、ロフトワーク

本日は株式会社ロフトワークの代表取締役社長 諏訪様、システムDiv. 関井様、クリエイティブディレクター 水野様にお話をお伺いします。ロフトワーク様は約 15,000 名のクリエイターが登録する loftwork.com を運営しています。社員の多くはディレクターと呼ばれる職種でプロジェクトマネジメントを行い、外部のクリエーターとコラボレーションしてモノづくりを行っています。ウェブサイト制作を中心としたクリエティブなソリューションを提供するユニークな企業です。 どのアトラシアン製品を使用していますか? 諏訪

続きを読む »

(事例) ディーバ、分散型チームによるアジャイル開発

* 2010 年 8 月 30 日 Sean Osawa投稿   本日は株式会社ディーバの 商品開発本部シニアディレクター 中村研二 様とマネージャー 小林達 様にお話を伺います。中村様は Comcast などの米国企業での勤務経験を活かし、アジャイル開発の手法をプロジェクトに活用されています。現在は期間限定で東京オフィスにて勤務されています。小林 様は日本側チームをまとめるとともに、米国チームとの橋渡しもされています。(写真の左から中村様、小林様) 貴社の業務内容を教えてください 連結会計のパッケージソフトウェアを開発し、販売・サポートなどを行っています。設立は

続きを読む »

(事例) タスク、時間管理により経営効率化を図るリックソフト

日頃アトラシアンパートナーとしてご活躍されているリックソフト社ですが、熱心なアトラシアン製品ユーザーでもあります。代表取締役の大貫氏らにインタビューを行い、アトラシアン製品をどのように活用しているのかについてお聞きしました。(写真の左から、樋口様、大貫社長、蛯子様、原様) 貴社の業務内容を教えて頂けますか? リックソフトは 2005 年に創立し、金融業界向けのソフトウェア受託開発

続きを読む »

(事例) セガにおけるゲーム開発ソフトウェア

*本ブログは ATLASSIAN blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2010 年 4 月 30 日、Morgan Friberg 投稿 "(Case Study) Sega On Game Development Software" 旧社名: Secret Level 場所: カリフォルニア州サンフランシスコ 業界: ビデオゲーム 従業員数: ~80 使用ツール: JIRA, Confluence & FishEye サンフランシスコで開催されたゲームデベロッパーカンファレンス

続きを読む »