Archives for the tag: agile

最高のワークフローを活用する方法

これは JIRA ワークフローの使い方に関するブログ 2 部シリーズの第 2 部です。第 1 部の記事である、最高のワークフローを作成する方法、を読まれていない場合、まずそこから読み始めることをおすすめします。すでに読まれている場合、考えられるすべての質問に対する回答を本稿中に見出すことができるでしょう。この記事では、組織において、より効果的にワークフローを用いる方法を確立するのに役立つ実践的な内容を主にとりあげているからです。 私たちが仕事で毎日用いる物の多くは、ワークフロー内で説明できるライフサイクルを持っています。記事第

続きを読む »

最高のワークフローを作成する方法

組織が成長するにつれ、社員が小規模チーム内でどのように共同作業するかに基づき、独自の文化が展開され始めます。大規模環境で人々が共同作業することを可能にする反復可能なプロセスであるワークフローに、チームの機能性は大きく依存しています。 私は常に、ワークフロー管理のために JIRA を使用している組織の多種多様さに驚嘆しています。JIRA のカスタマイズ可能なワークフローは、大小様々なあらゆる種類の組織文化に対応できます。私はアトラシアンに入社して以来、アトラシアンに関する数本の記事を書いてきましたが、JIRA

続きを読む »

GreenHopper 6.2 でプロダクトオーナーをハッピーに

本日、素晴らしいお知らせがあります。GreenHopper 6.2 をリリースいたしました! 今回のリリースでは、皆様からの850 件ものご投票にお応えしました。JIRA と GreenHopper の利用期間の長短に関わらず、すべてのユーザーの皆様がここで紹介する GreenHopper 6.2 の機能の中に何らかのすばらしい点を見出してくださると思います: 新しいエピックレポート – 複数のスプリントにまたがる大規模フィーチャーの作業進捗を管理します 新しいバージョンレポート

続きを読む »

バックログが膨大になっても管理できる GreenHopper 6.1、本日リリース

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 12 月 10 日、Nicholas Muldoon 投稿 “Tame an unruly backlog with GreenHopper 6.1 – Available Today “ エンタープライズ管理者は Scaling GreenHopper (GreenHopper を大規模化する) ガイドもご覧ください。 プロダクトオーナーは、プロダクトバックログの数がとても多くなっていくのを見るだけで時々、圧倒されてしまうでしょう。GreenHopper

続きを読む »

「アジャイルとイノベーション」イノベーション編 – Atlassian におけるイノベーションの進化

10月20日(土)に品川シーサイド楽天タワーにて開催された Rakuten Technology Conference 2012 における弊社アジャイル・エバンジェリスト Nicholas Muldoon のセッション「Agile and Innovation: Hand-in-Hand at Atlassian」(アジャイルとイノベーション)。前回は「アジャイル編」をお送りしましたが、今回は後編の「イノベーション編」です。どうぞご覧ください! スライド それを頭にいれ、ShipIt

続きを読む »

「アジャイルとイノベーション」アジャイル編 – Atlassian における顧客フィードバック

先日ご案内したとおり、弊社のアジャイルエバンジェリスト Nicholas Muldoon が先月、来日いたしました。おかげさまでどのイベントも盛況となり、多くの皆様とお話しをさせて頂くことができました。 そのイベントのうちの一つ、10月20日(土)に品川シーサイド楽天タワーにて開催された Rakuten Technology Conference 2012 における Nicholas のセッション「Agile and Innovation: Hand-in-Hand

続きを読む »

アジャイルの力を解き放とう:GreenHopper 6 リリース!

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 8 月 14 日、Nicholas Muldoon, Agile Evangelist 投稿 "Unlock the Power of Agile: Introducing GreenHopper 6" すべての製品の一生に、いくつかの重要な瞬間があります:その一つは生まれた瞬間であることは明らかです。また、最初の顧客を喜ばせた瞬間でもあり、そして時に、ゲームチェンジャーとなって輝く瞬間です。 GreenHopper

続きを読む »

ドッグフーディング と頻繁な内部リリース

リリースサイクルが短いのは素晴らしい 2, 3 か月ごとに、ソフトウェアの新しいフィーチャーバージョンを出荷すること - 2, 3 年ごとにではなくて - は素晴らしいことです。 短いリリースサイクルは、フィーチャーがゆっくりになることを避けるのに役立ちます。なぜなら、いつも締切が迫ってくるからです。そして、この締切はデベロッパーとステークホルダーに緊急性の感覚を保たせるのに役立ちます。 短いリリースサイクルは、"絶対にこのリリースに入れなければいけない"

続きを読む »