Archives for the tag: agile

Atlassian ソリューションを活用した DevOps 時代のソフトウェア開発環境 資料公開

3月29日に開催された Developers.IO 2015 でのセッション資料を公開します。 DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015] from Tomoharu Nagasawa はてなブックマーク数:  資料では、Atlassian 製品である、Confluence, JIRA (JIRA Agile), Stash (or Bitbucket), SourceTree, Bamboo, HipChat (Cloud / Server) をフルに活用した開発現場が得られるメリットを解説しています。 デモ環境では、Confluence, JIRA,

続きを読む »

Atlassianツール連携の資料作成で使える2つのフリー素材を公開

アトラシアン ツールチェイン アトラシアン製品は、それぞれのツールの導入でも効果を発揮しますが、いくつかの製品を連携させることで、相乗効果を生むことができるように設計されています。   日頃のエバンジェリストの活動で、講演や執筆時に作成している資料についても高(好)評価をいただいております。それらを個人ブログにて、公開しておりましたが、アトラシアン製品をご利用・ご検討いただいている皆様にも、共有をさせていただきます。どちらもフリー素材としての提供ですので、社内資料作成などでご活用ください。 なお、これら資料についてのお問い合わせは、エバンジェリスト長沢に直接お願いします。   モダンなチーム開発環境でのツール連携資料 こちらの資料は、チーム開発を行う開発環境を構築する際に、検討すべき開発ワークフローとそこでのツール検討に役立つスライドを提供しています。 アトラシアン製品をご利用・ご検討いただいている場合は、そのままご利用いただけますので、ご自身の現場でできていること、できていないことなどを見極めたり、現場のメンバー、意思決定者とコンセンサスを取る際に活用いただけます。 すでにアトラシアン製品を2つ以上導入されている場合は、この資料を参考にしていただき、現場で実践していない連携や自動化ポイントがないか、それらは連携・自動化する必要がないかどうかを見極めたり、現場メンバーでコンセンサスを取る際に活用いただけます。 上記の

続きを読む »

アトラシアンにおける スタンドアップ の方法

本稿はアジャイルの作法に関するシリーズの最終記事「アトラシアンにおける スタンドアップ の方法」です。アトラシアンにおけるスプリント計画、スプリントレビューおよびスプリントのふりかえりもご覧ください。 スタンドアップ は、アジャイル開発の基本を構成するもののひとつですが、これには誤解がつきまとうことがよくあります。率直に言うと、スタンドアップだけではチームをアジャイルにすることはできないのです。また、スタンドアップはエゴを押し通す場ではないし、作業内容の正しさを主張する場でもありません。そして計画作りの場でもありません。それはスプリント計画の役割です。さらに言えば、ブロッカーの発生を伝える唯一の場でもないのです。もしブロッカーにより作業が進まないならば、助言を求めることをためらってはなりません! 本稿では、ブロッカーを効率的に管理する方法に加え、アトラシアンにおいて私たちが活用している様々なヒントとコツについてお話ししたいと思います。私たちはお客様のスタンドアップが

続きを読む »

JIRA + HipChat = アジャイルチームのためのリアルタイムコミュニケーション

(日本語字幕付き) テレパシーができるようになるまでは、ソフトウェアチームは最新の JIRA と HipChat のインテグレーションを利用しましょう。JIRA 6.4 として提供しているバージョンでは、チームはプロジェクト別のチャットルームを簡単に設置し、JIRA からの通知を選択してそれぞれのチャットルームに広く知らせることができます。チームは必要なときに必要な情報をリアルタイムに得ることができるようになるのです。これにより、情報を伝える相手を探すという手間がなくなり、また必要なメッセージが情報の山に埋もれてしまうことも防止できます。ぜひこの記事をお読みになることをお勧めします。 JIRA

続きを読む »

4 月 16 日開催 Agile Japan 2015 にブース出展します

今年で 7 年目をむかえるイベント「アジャイルジャパン」に弊社アトラシアンは Booth Sponsor として出展いたします。アジャイル開発向けソリューション Agile Ready はもちろん、その他のアトラシアン製品も全てご覧頂けるよう準備をしてお待ちしております。ご参加の際はぜひ弊社ブースにお立ち寄りくださいませ。 Agile Japan 2015 開催概要 タイトル 失敗から学ぶアジャイル、成功につなげるアジャイル

続きを読む »

アトラシアンにおける スプリント計画 の方法

本稿はアジャイルの作法に関するシリーズ第 2 弾「アトラシアンにおける スプリント計画 の方法」です。第 1 弾のアトラシアンにおけるスプリントの「ふりかえり」方法もご覧ください! 毎年、新年になると新たな目的意識が芽生え、ソフトウェア界では、より優れたソフトウェアを世に出すという誓いが立てられます。アトラシアンでは、新年において、スプリント計画のアジャイル作法をとても頼りにしています。実行することを定め直し、予期せぬ展開を最小限にとどめ、全体的なコード品質の向上を確実にするためです。私たちが見出した最も役立つスプリント計画の

続きを読む »

新製品『JIRA Portfolio』発表: 「イニシアチブ」を閲覧、計画、管理

今日、JIRA Server において JIRA Portfolio が利用できるようになりました。Cloud 向けは 2015 年前半を予定しています。詳細はこちらをご覧ください。 今回は、JIRA ファミリーの新たなメンバーをお知らせできて興奮しています。その名も、JIRA Portfolio。多くのチームは開発パターンとしてアジャイルな手法を選ぶ中、複数のビジネスにまたがりアジャイルの規模を大きくする際に色々な問題に直面します。開発チームは、全開発サイクルを通じて状況、成果、そして予測に関する内容を伝え合う必要があります。プログラムマネージャーは、複数のプログラムにまたがるリリースを調整しなくてはなりません。管理者と幹部は、企業ポートフォリオが辿る進化についてハッキリとした洞察を得る必要があります。 JIRA

続きを読む »

Atlassian University (インタラクティブなチュートリアル) が無料に!

JIRA、JIRA Agile、Confluence の使い方を一歩一歩順を追って説明するガイドが無料に。 良いお知らせです!これまで university.atlassian.com のコンテンツは利用料を支払った企業のみが利用できましたが、今日から全てのコンテンツが無料になりました。 Atlassian University で順を追って説明するステップの一例 有料で使用していた顧客は数年に渡りこのインタラクティブに製品の基本を学ぶことができるトレーニングを楽しんできましたので、全てのユーザーに無料で提供できるようになったことに私たちはとても興奮しています。先月、ある顧客はこのトレーニングを体験してこう言いました: レッスンはとてもよくできています。私は

続きを読む »

アトラシアン、「Agile Ready」ソリューションをリリース!

アトラシアンの最新ソリューション、Agile Readyリリースのお知らせです! Agile Ready はアトラシアン各種製品 (JIRA、JIRA Agile、Confluence、Confluence Team Calendars) のパッケージです。さらに優れた計画、管理、ソフトウェア開発の成果評価に必要なツールをカスタマーに提供します。要件構築、スプリント計画からレポートまで、アジャイル計画のニーズに対応します。   より充実した要件

続きを読む »

Confluence 5.4 リリース: JIRA との連係がさらに充実

ソフトウェアの開発は高度なコラボレーションを含む作業であり、様々なチームに属する多数の担当者の協力が必要となります。関係者が非常に多いため、コードを製品として出荷するまでの開発スピードや透明性、品質を維持することには困難が伴います。ほとんどの「開発チーム」はこれをソフトウェア開発における不可避な現実として受け入れていますが、もはやそれは正しい考え方ではなくなりました。 素晴らしいソフトウェアの開発がここから始まる 本日リリースされた

続きを読む »