Archives for the tag: プルリクエスト

価値のパイプラインをつなぐデモ動画を公開 Atlassian solution + Docker

アトラシアンのシニア エバンジェリストに就任以来、一貫した開発ライフサイクルを実践するためのデモンストレーションを実施し続けておりますが、最新の環境で再構築をしました。すでに先日開催された「アジャイル&DevOpsコンファレンス」で実施しましたが、今後もご希望があれば『ライブデモ』で企画・計画・開発・ビルド・テスト・デプロイの『価値のパイプライン』を実演したいと思います。   デモ概要図 上図のように、各所に

続きを読む »

さらに優れた プルリクエスト

Git を使っているならば、恐らく プルリクエスト を使用していることでしょう。プルリクエストは、DVCS の黎明期から、何かしらの形で存在してきました。Bitbucket と GitHub がオシャレな Web UI を構築する以前、プルリクエストと言えば、自分のリポを少し変更してほしいという友人のアリスからのメールによるプルリクエストを指したかもしれません。そうして、問題なさそうであればいくつかのコマンドを実行して、master

続きを読む »

Stash 3.4 リリース:有益な情報が増えノイズは減少

プルリクエストは、チームメンバーにコードへのフィードバックを依頼する簡単な手段です。しかし、プロジェクトが成果を挙げ、チーム規模が大きくなるにつれ、膨大なプルリクエストが送られてくることがあります。Stash 3.4 では、簡単にプルリクエストの読み込みを管理し、情報ノイズを低減できるようにしました。 Stash 3.4 では、通知はプルリクエストごとに集約され、アクティビティが一定期間休止した後に

続きを読む »

Stash 3.3: タスク機能を利用してプルリクエストの進捗状況を追跡

Stash と Bitbucket の開発チームは、プルリクエストの進捗状況を完全に把握する手段であるプルリクエスト タスク機能のリリースをここに発表できることに興奮しています。 誰もが知っているように、プルリクエストの作成は一連のインタラクティブな処理手続きの始まりに過ぎません。プルリクエストによってコード修正内容をチームに周知することができますが、これを契機として通常はディスカッションが行なわれ、フィードバックが返され、その結果を受けてコードをさらに修正する必要が生じる場合もあります。コメントの形でのフィードバックはコードの品質を向上させるために非常に有用ですが、一方でそのようなコメントを整理しておくことは簡単ではありませんでした。今回、プルリクエスト

続きを読む »

Bitbucket、プルリクエスト タスク機能を導入

Bitbucket において、プルリクエストは修正したコードのレビューを依頼しその結果のフィードバックを求めるための非常に便利な手段です。当然のことですが、このことによって通常はディスカッションが行なわれ、フィードバックとしてコメントが返され、その結果を受けてコードをさらに修正する必要が生じる場合もあります。コメントの形でのフィードバックはコードの品質を向上させるために非常に有用ですが、一方でそのようなコメントを整理しておくことは簡単ではありませんでした。今回、プルリクエスト

続きを読む »

フェッチ機能を活用してプルリクエストに習熟しよう!

最近では、プロジェクトの修正もフォークの作成同様、簡単になりました。フォークを作成する際に作業するプロジェクトの完全な遠隔コピーをあっという間に作れるように、変更したいファイルを選択し、編集するを押して修正をコミットする事で、プロジェクト修正が行えます。 仮に、自分がプルリクエスト (以下、PR と表記) の受け取り側である場合はどうなるのでしょうか?優れた

続きを読む »

Stash 3.2 リリース: ブランチ差分からプルリクエストまでワンクリックで

Stash 開発チームでは毎日プルリクエストを利用しており、その重要性を十分に理解しています。そしてそれをよりよいものにし、お客様の生産性を向上させる道を常に探求しています。Stash 3.2 では、私たちが便利だと考える機能改善をいくつか導入しており、それはお客様にとっても役に立つと考えています。 今すぐ Stash 3.2 トライアル プルリクエストを作成前にプレビュー 以前

続きを読む »

Stash 2.5: プロジェクトやリポジトリへのパブリックアクセス

セキュリティーと利便性はソフトウェア開発において誰もが直面するトレードオフの関係にあり、コードをホストする場合にも当てはまります。エンタープライズグレードのリポジトリ管理における課題のひとつは、コード内の外部公開部分をアクセスが必要なユーザーに安全に公開しつつ、知的財産を保護することです。 私たちはこれまで柔軟かつ緻密なコード公開機能を提供してきました:

続きを読む »

Stash 2.1:プルリクエスト、課題、ビルドを統合

*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2013 年 2 月 5 日 “Stash 2.1: Pull Requests, Issues, Builds – Integrated“ プルリクエスト - コードに関する議論の中心です。Stash 1.3 でプルリクエストを導入し、Stash 2.0 で誰がプルリクエストのマージを実行できるのかを制御可能にしたブランチパーミッションを追加して以来、私達はプルリクエストをさらに開発者に役立つものにしようと考えてきました。 本日リリースした

続きを読む »

大企業向け Git リポジトリ管理、Stash Enterprise 紹介

*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 12 月 7 日、Jens Schumacher 投稿 “Introducing Stash Enterprise Offering, Git Repository Management for Large Organizations“ 大企業の開発者たちも小規模の新興企業の開発者たちと似たような強い願望を持っています。単純明快に言って、自分やチームのために神がかったようなすばやいコード作成を実現したいと感じています。多くの開発者にとって、Git

続きを読む »