Archives for the tag: コードレビュー

【ゲストブログ】開発者のみなさんに伝えたい3つの Rocro ソリューション

今回は、ソフトウェア開発の定常的なワークフローを効率化するソリューションを提供されている Rocro 株式会社の代表取締役社長 小早川様に寄稿いただきました。   はじめに アトラシアンブログ読者の皆様こんにちは、Rocro (株) の小早川と申します。読んでくださってありがとうございます。 今日はソフトウェア開発者向けサービス Rocro のご紹介をさせてください。   Rocro

続きを読む »

FishEye & Crucible 4.0: さらに使いやすくなったユーザー管理とオンデマンド Blame

当社顧客の事業が拡大し、ユーザーが毎日増えていることを私たちは興奮しながら見ています。ユーザーやグループが増えるほど、権限を与えるためのスケーラブルでシンプルなワークフローを持つことが重要になってきます。 このことを理解し、アトラシアンのすべてのツールで一貫性を持つことを目標として、私たちは FishEye と Crucible 4.0 に Crowd (当社のシングルサインオン製品)

続きを読む »

価値のパイプラインをつなぐデモ動画を公開 Atlassian solution + Docker

アトラシアンのシニア エバンジェリストに就任以来、一貫した開発ライフサイクルを実践するためのデモンストレーションを実施し続けておりますが、最新の環境で再構築をしました。すでに先日開催された「アジャイル&DevOpsコンファレンス」で実施しましたが、今後もご希望があれば『ライブデモ』で企画・計画・開発・ビルド・テスト・デプロイの『価値のパイプライン』を実演したいと思います。   デモ概要図 上図のように、各所に

続きを読む »

FishEye/Crucible 3.10 リリース。コードレビュー アクティビティにステータス情報も

カスタマーの皆さんのことを知り、どのようにアトラシアン製品を使って最高のソフトウェアを開発しているのか学ぶことはアトラシアンでの楽しみのひとつです。来週開催されるアトラシアンサミットなどのイベントで個人的にお話を伺えることもありますが、ビデオ会議や調査から情報を得ることが多いです。例えば、FishEye/Crucible に関する年次調査などです (調査に参加してくれた皆さん、ありがとうございました!)。 皆さんからいただいたフィードバックから重要性が増していると学んだ

続きを読む »

Stash 3.1 リリース。コードレビューから多くの成果を

アトラシアンでは、Stash で最高のコードレビュー機能を提供するための取り組みを続けています。その一環として今回、コードレビューのチームコラボレーションを改良する新しい 2 つの方法をお届けします。コードに関する充実した議論を可能にするファイル添付機能や、多くのファイル間での特定の文字列検索機能を活用し、必要な詳細情報をすべて手に入れて最高のコードレビューを実行してください。 今すぐ

続きを読む »

キック・アスなコードレビューを全てのチームに

ソフトウェア開発では、複数のチームで共同作業をする場面がよくあります。チーム構成人数が 1 人、2 人、それ以上へと増えるにつれ、問題が生じて創造的なワークフロー体系に支障が出始めます。そして多様な人々からなるチームにおいて、カルチャーを維持することが難しくなります。コードは日常的に組織全体の多くの人々の間で共有されるため、コードを扱うエンジニアグループは特にその問題の影響を受けやすい傾向があります。コードレビューを行うことは、コード関連のナレッジとベストプラクティスをチーム全体に普及させるのに役立ちます。この記事では、コードレビューが重要な理由と、コードレビューの実践を最適化する方法について説明します。 コードレビューとは? ソフトウェア開発は、個々人の作品をコラボレーションという

続きを読む »

Stash 2.5: プロジェクトやリポジトリへのパブリックアクセス

セキュリティーと利便性はソフトウェア開発において誰もが直面するトレードオフの関係にあり、コードをホストする場合にも当てはまります。エンタープライズグレードのリポジトリ管理における課題のひとつは、コード内の外部公開部分をアクセスが必要なユーザーに安全に公開しつつ、知的財産を保護することです。 私たちはこれまで柔軟かつ緻密なコード公開機能を提供してきました:

続きを読む »

高速になった FishEye 3.0 / Crucible 3.0 をリリース。コードの検索、可視化、そしてレビュー。

FishEye 3.0 と Crucible 3.0 をご覧ください。コード検索、可視化、そしてレビュー機能の大規模アップデートが、開発チームの毎日の仕事をよりスピードアップさせるでしょう。このリリースによってデベロッパーは、コードリポジトリ全体の変更の管理、知識の共有、そしてコラボレーション・サイクルの加速を可能にする、より力強い方法を得る事になります。特に Subversion

続きを読む »

Crucible で様々なホスティングサービス上のコードをレビューしよう

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 9 月 27 日、Sten Pittet 投稿 "Reviewing code on any hosting service with Crucible" 開発チームが一定のサイズに達すると、きれいなコードレビュープロセスを持つことが難しくなります。リモート開発者がペアリングできない、レビュー待ちに並ぶチェンジセットが多すぎる、レビューに携わる人々が多すぎる、など。そのプロセスを合理化する方法、そして見る必要があるすべての変更を追跡する方法が必要です。 Crucible

続きを読む »

アジャイルチームにおけるコードレビュー – パートII

第一回目の記事では、コードレビューがどのようにアジャイル開発プラクティスに関係しているかを説明しました。特に分散したチームを持っていたり、人員を変更したり、チームにまたがる調整が必要な場合においてです。 あなたのチームや組織内にコードレビューを導入してみようという気になりましたか?どうぞ読み進めて下さい。 誤解されていること まず最初に、チームのためにコードレビューは何ができて、何ができないのかを明確に理解する必要があります。 コードレビューとは下記のことではありません: バグハント:参加した人数に関わらず、コードに存在する全てのバグを見つけることを、コードレビューは保証するわけではありません。良いソフトウェアにするために、自動化テスト、マニュアルテスト、静的解析等の他のツールを使用することを考慮してください。 責任のなすり合い:コードよりもむしろ人々に存在する欠陥を見つけることに集中してしまうとき、コードレビューはすぐに嫌われ、チームを助けるのではなく破壊するものになってしまうでしょう。その代わりに、学んだり教えたり、チームの集団としてのパフォーマンスを改善する機会として、コードレビューをとらえましょう。 コードレビューを始めよう どのようにして、組織内のコードレビューを採用する意思決定者を説得するのでしょうか?それは場合により異なります。もし彼らが、コラボレーションにおける改善、イノベーション、そしてコードと従業員の両方における継続的な改善を奨励するような人々であれば、コードレビューの導入は簡単でしょう(驚くべきことに、ユニットテスト、リファクタリング、あるいはペアプログラミングといった人気のあるアジャイルプラクティスを導入するときとさほど変わりません)。もし意思決定者が、前向きな考え方ではない場合、チーム内部から始めてみるのがよいかもしれません

続きを読む »