Archives for the tag: アジャイル開発

スクラムとチーム開発環境をキャッチアップするセミナーを開催

スクラムとチーム開発環境 よりよいプロダクトを開発し、提供するために現場ではさまざまな取り組みをされています。そこで注目されている取り組みとして、開発の進め方として注目されている「スクラム」とよりチームで継続的に価値を提供するための「チーム開発環境」にフォーカスしたセミナーを3月に開催することとなりました。   福岡、名古屋、仙台 うれしいことに多くの地域からセミナー開催のご要望をいただいておりますが、3月は、全国行脚のスタートとして、福岡、名古屋、仙台でそれぞれ趣向の異なる形でのイベントを開催いたします。 どのイベントも無料です。ぜひご参加ください。

続きを読む »

【大阪】JIRA を中心としたチーム開発環境キャッチアップセミナーを開催【9月28日】

9月28日 (水) に大阪(大阪駅から徒歩)で、JIRA Software を中心としたチーム開発環境のキャッチアップセミナー(参加無料)を開催します。JIRA Software を開発の情報 Hub として活用することで、開発チームが、企画チームと運用チームと協業しやすくなるモデルや、開発チーム内でのコンセンサスと協業が行えるプロジェクトのワークフローとコードのワークフローの連動などをデモンストレーションを中心にご紹介します。 また、ドリンクアップ(懇親会)では、「現場トーク」を開催予定です。現場の悩みや疑問点を中心にツール活用の

続きを読む »

TEAM-2 「チームのチカラで品質を作りこむ」をコミュニティさんと共催します【福岡】

Atlassian for Teams 今年の6月にアトラシアン株式会社主催イベントのユーザーカンファレンスとして、Atlassian for Teams TEAM-1 を開催しました。 TEAM-1 のイベント サイト   イベントの模様は、@IT さんにて記事として公開もされています。また、gloops 様、gumi 様の事例セッション資料をはじめとした公開可能なセッション資料も、イベント サイトの資料 で公開されています。   第2回は、福岡で開催!九州ソフトウェアテスト勉強会さんと共催 第2回目のユーザーカンファレンスは、福岡で開催します。2016年8月5日

続きを読む »

「モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用」資料公開

オープンセミナー2016@広島 2016年2月6日に開催されたオープンセミナー2016@広島での講演資料を公開しました。 モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用 from Tomoharu Nagasawa すでに多くの方にご覧いただいている資料です。各スライドに解説もつけていますので、ぜひご覧ください。 資料の無音声動画も公開してあります。 具体例としてのデモでは、Confluence,

続きを読む »

Asana から JIRA Software へ : ある顧客におけるアジャイル開発への道のり

サンフランシスコに拠点を置く Switch Communications の目標は、クラウドベースのビジネスコミュニケーションシステムを世界で最も成長が早く、最も革新的な企業に提供することです。 Switch 社は最近、使用しているプロジェクト管理ソフトウェアが同社のソフトウェア開発プロセスを完全にサポートしていないことに気がつきました。一番明らかな欠点はバグレポーティングでした。そのため同社では、信頼性できる

続きを読む »

価値のパイプラインをつなぐデモ動画を公開 Atlassian solution + Docker

アトラシアンのシニア エバンジェリストに就任以来、一貫した開発ライフサイクルを実践するためのデモンストレーションを実施し続けておりますが、最新の環境で再構築をしました。すでに先日開催された「アジャイル&DevOpsコンファレンス」で実施しましたが、今後もご希望があれば『ライブデモ』で企画・計画・開発・ビルド・テスト・デプロイの『価値のパイプライン』を実演したいと思います。   デモ概要図 上図のように、各所に

続きを読む »

さらに簡単に、楽しくなった JIRA Software の操作

ご存じでしょうか? 昨日、JIRA Software をリリースいたしました。ソフトウェアチーム向けに特別に JIRA と JIRA Agile から最高の機能を取り出し、新しい機能をもつ 1 つの製品にまとめました。それが、JIRA Software です。 新しい機能の 1 つにサイドバーがあります。「えっ? 半年前にリリースしたサイドバーのこと?」と困惑されている方もいるかもしれません。そうです、そのサイドバーのことです。6

続きを読む »

RunKeeper と Confluence の見事なコラボレーション

RunKeeper チームは、世界各国 3000 万人ものユーザーの要求に応えるために素早く行動しなければなりません。ユーザーは、日々のランニングや運動をアプリに記録しています。オリンピック選手のように運動するために、そしてあらゆるモバイル OS において最適なレベルで優れたアプリであり続けるために、RunKeeper は、 Confluence、JIRA、そして HipChat を使用しています。これらのランニングパートナーのおかげで、チームの機敏さと一体感を保つことができるのです。 RunKeeper

続きを読む »

アトラシアンにおける スプリントレビュー の方法

本稿はアジャイルの作法に関するシリーズ第 3 弾「アトラシアンにおける スプリントレビュー の方法」です。アトラシアンにおけるスプリント計画 とスプリントのふりかえりもご覧ください。 アトラシアンのオフィスでは、金曜日の午後遅い時間になると拍手喝采の音があちこちから聞こえてくることがよくあります。私たちは一生懸命に働き、それを楽しみ、そして

続きを読む »

【ゲストブログ】「先端の開発スタイルの追求」Atlassian Summit 2014 レポート

今回はゲストブログです。9月に米国で開催したアトラシアンサミット2014に参加された荒本様からご寄稿頂きました。どうぞご覧ください! Agile Development/DevOpsの推進を担当している荒本です。「クラウドサービスの企画開発プロセスをどう改善すべきか」、「Agile/DevOpsを今後どのように進めるべきなのか」、今後の戦略、方針のヒントを得るために、2014年9月9日〜11日まで、米国カリフォルニア州 サンノゼで開催された『Atlassian

続きを読む »