JIRA ワークフローを上手く活用しよう

これは JIRA ワークフローの使い方に関するブログ 2 部シリーズの第 2 部です。第 1 部の記事である、素晴らしい JIRA ワークフローを作成するには、を読まれていない場合、まずそこから読み始めることをおすすめします。すでに読まれている場合、考えられるすべての質問に対する回答を本稿中に見出すことができるでしょう。この記事では、組織において、より効果的にワークフローを用いる方法を確立するのに役立つ実践的な内容を主にとりあげているからです。 私たちが仕事で毎日用いる物の多くは、ワークフロー内で説明できるライフサイクルを持っています。記事第

続きを読む »

Stash 2.8 リリース: ブランチをベースにしたワークフローが簡単に

先週、私たちは JIRA の課題からマージに至るまで、ブランチベースのワークフロー全体を案内する、アトラシアンのソフトウェア開発ツール間の緊密な統合を紹介しました。ブランチは、Git ワークフローの根本的なコンポーネントです。あなた自身の Git ワークフローを確実に成功させるには、優れたブランチモデルの選択が鍵となります。完璧なまでにクリーミーなマカロニ&チーズを作るには、適切なチーズが不可欠であるのと同様に、あなたのチームがブランチを作成、命名、そしてマージする方法を標準化すると、チームがワークフローを利用する方法が変わります。

続きを読む »

開発ワークフローをアップグレードしよう

ささいなことに悩まされずに、あなたの時間を 開発者として 費やせることは素晴らしいだろうと思いませんか?当社の最新リリース* により、かつては退屈だったソフトウェア管理を過去のものにします。当社のツールは、かつてないほどにうまく統合されています。開発フローを通じて作業者をガイドするためのベストプラクティスが組み込まれています。連係により、課題作成やコーディング、マージにいたるまであなたの仕事を簡単にします。ご覧になって確信してください。 開発タスクに集中しましょう。コードを書き込む作業に戻りましょう。あなたを必要としています。

続きを読む »

素晴らしい JIRA ワークフローを作成するには

組織が成長するにつれ、社員が小規模チーム内でどのように共同作業するかに基づき、独自の文化が展開され始めます。大規模環境で人々が共同作業することを可能にする反復可能なプロセスであるワークフローに、チームの機能性は大きく依存しています。 私は常に、ワークフロー管理のためにJIRAを使用している組織の多種多様さに驚嘆しています。JIRAのカスタマイズ可能なワークフローは、大小様々なあらゆる種類の組織文化に対応できます。私はアトラシアンに入社して以来、アトラシアンに関する数本の記事を書いてきましたが、JIRAを最大限に活用するために最も重要なコンセプトはワークフローであると断言できます。組織内でJIRAがどのように機能するかの要はワークフローにあります。店内で完璧な商品を見つけ出すのと同様、時間をかけてワークフローのカスタマイズを行えば、その後、大きな見返りを得ることになるでしょう。 まず、ワークフローの構造に目を向けてみましょう。ワークフローには、

続きを読む »

Atlassian Summit 2013 レポート!

先日 10 月 1 日 〜 3 日にわたり、米国サンフランシスコにてアトラシアンの年に一度のカンファレンスである Atlassian Summit 2013 が開催されました。今年で 5 回目となります。包括的なまとめは Jon Silvers のブログを先日掲載しましたのでそちらをご覧ください。今回は私の視点でレポートを送ります。 Atlassian Summit とはアトラシアン製品のユーザー企業、アドオン開発者、Experts

続きを読む »

Confluence 5.3 リリース:ナレッジをソリューションへ変えよう

すべてのITチームは、社員が日常の問題の解決策を見つけるのを助けるためにナレッジを記録します。あなたのラップトップを設定するためのステップバイステップガイド、会社のネットワークに接続するような問題のトラブルシューティング、またはビデオ会議機器を使用するためのベストプラクティスなどを。このナレッジは便利ですが、整理されておらず、フォーマットが貧弱で、アクセスしづらいことがあまりにも多すぎます。Confluence

続きを読む »

Confluence Questions (ベータ版) を発表: 一度の質問を永久に役立てよう

職場において、メールやチャットで、または、直接肩を叩かれて質問を受ける頻度はどの程度ありますか? 私は四六時中です。誰もが同僚から学ぶ必要がありますが、大抵の場合、質問すれば同僚の作業を中断することになり、すでに他の同僚に答えたものと同じ質問を受ける場合が良くあります。 答えはすでにそこにある 必要なのは質問をすることだけです… Confluenceの最新のアドオン、Confluence

続きを読む »

JIRA 6.1 リリース: チームの変化、進化を後押し

今回、私はJIRA 6.1の発売をお伝えできる事を非常に喜んでいます。我々はこれまで全く新しいJIRAを築き上げようと努力を続けてきました。モダンで、高速で、モバイルで、シンプルなJIRAを、です。今回のリリースは、管理者のワークフローにおけるいくつかの重要な領域に焦点をあてています。また、デベロッパーがコーディングに着手しやすくなりました。ワークフローの構築、便利なフィールドの管理、そして開発への着手について、チームがより心地よく変化、進化を抱擁できるようシンブルにしました。また、ユーザーの皆様が大いに気にかけている事に関して、いくつか重要な改善を行いました。詳細は、記事の最後までのお楽しみです。 ワークフロー:

続きを読む »

アトラシアンサミット 2013 … これまでで最高のサミット

今週はアトラシアンサミットでした。 会場のあらゆる場所に、 背格好もサイズも様々なおよそ1,800人の人々が、 これまでで最大規模となったこのサミットに集結しました。 本当にすばらしいイベントとなりました。参加者の皆さん、スポンサー各社、プレゼンターの皆さん、私たちと一緒にパーティを楽しんでくださった皆さん、ありがとうございました! 今年は40以上の国々から、昨年より5割増しの1,800人の参加者がありました!

続きを読む »

JIRA Service Desk (サービスデスク) をリリース!

本日、サービスデスクを全く新しい次元に引き上げる、JIRA Service Desk (サービスデスク) をリリースいたします。JIRA Service Desk は、顧客からのリクエストに能率良く対応し、IT チームの効率性を向上し、柔軟性のある最新のサービスデスク エクスペリエンスを提供します。JIRA Service Desk は、直感的なインターフェイス、革新的なサービス水準合意 (SLA) への対応、カスタマイズ可能なチームキュー、リアルタイムのレポート機能、その他多くの機能を実現します。サービスデスクチームの生産性を向上し、ユーザーの満足度を高めましょう。 JIRA

続きを読む »