機械学習 を実装した「スマートグラフ」機能の導入

1 万 5000 以上のチームが JIRA Service Desk を選んでいます。これは素晴らしいことですが、それ以上に素晴らしいのは、各組織の中でも急速に普及していることです。 通常は IT 部門が JIRA Service Desk を最初に導入するのですが、それに続いて不思議な現象が起こっています。他のチームもメールから離れる価値を見いだし、サービスデスクを利用しているのです。人事、施設、法務、さらにはマーケティング部門のようなチームまで、それぞれの内部顧客の要求を扱うためにサービスデスクを採用しています。そしてすぐに、事実上すべてのチームでサービスデスクが使われるようになりました。 しかし企業内でサービスデスクが急激に普及すると、時には適切なサービスデスクの発見が難しくなることがあります。また、ユーザーの解決しようとしている問題に適切なリクエストタイプを見つけることも困難です。たとえば、当社の

続きを読む »

ChatOps とは何か?どのように進化し、受け入れられ、重要視されるようになったのか?

私は AIM の製品です。心の中でドアが律儀に開いたり閉じたりする音が聞こえます。どこかでベルが鳴っています。 AOL IM に熱心に書き込んでいた 15 歳のころ、チャットがビジネスや技術、科学、その他さまざまなものに最高のイノベーションをもたらすとは私には想像できませんでした。そのイノベーションには名前まであります。それが ChatOps です。 ChatOps は会話、そして仕事で使うもの ChatOps

続きを読む »

ITSM に対する JIRA Service Desk のアプローチ方法とは?

ITIL は IT の教義として認識されているにもかかわらず、伝統的な ITIL に対応した従来の ITSM (IT サービスマネジメント) ツールは、多くの IT 企業にフラストレーションを与えています。古いソリューションは実装が高価になりがちで、適用も難しく、変更がほとんどできません。 多くの分野では教科書的なことをそのままにしていますが、IT はそうではありません。 そのため私たちは、IT

続きを読む »

分散チームの開発を高速化する Bitbucket 新機能を発表

優秀なイノベーターたちはいつもスピードアップしたいと願っています。ボストン・コンサルティング・グループによって行われたイノベーションに関する最近の調査によると、高速な開発サイクルはさらなるイノベーションとコストダウンをもたらすことが分かっています。アトラシアンは、開発チームがソフトウェアをより速く開発するためのお手伝いに貢献しています。昨年

続きを読む »

[I am a speaker] ネクスト様 社内勉強会

アトラシアン製品に関連する講演、勉強会セッションをする方に「特製スピーカー T シャツ」をご提供させていただております。その中から、今回は、不動産・賃貸・住宅情報の HOME'S を手がける株式会社ネクスト様での社内勉強会についてご紹介します。   Atlassian Summit 2015 勉強会では、2015年11月にサンフランシスコで開催された Atlassian Summit 2015 のキーノート、DAY1,

続きを読む »

アジャイルチーム における役割分担とは?

アジャイルチーム は構造的にウォーターフォールチームとは異なります。アジャイルチーム はチーム自体に注目しますが、ウォーターフォールチームは組織構造に従っています。伝統的なウォーターフォール開発では、多くの場合スケジュールは「トップダウン」で決まります。つまり、経営陣がペースとスケジュールを設定します。アジャイル開発では、チームが自己組織化して、より大規模な組織の中で自分のスケジュールと方向性を定めます。私がスクラムを学んでいた頃、私の頭には

続きを読む »

広島 & 札幌でエバンジェリストが講演

エバンジェリストの活動として講演活動を実施しています。最近の傾向は、企業、団体向けのクローズドなプライベートセミナーのご依頼が増えている傾向ですが、コミュニティやイベントの講演も無料で承っています。 無料 出張講演 / 現場訪問 さて、今回は、2月に講演するコミュニティイベントについてご紹介します。 2/6 (土) オープンセミナー2016@広島 オープンセミナーとは、2003年より中四国地域で開催されている非営利の無料セミナーです。各地域の技術系コミュニティによって企画・運営されています。 オープンセミナー2016@広島 今回のテーマは、「みんなでつくろうモダンな開発環境」ということで、講演のオファーをいただきました。「モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用」というタイトルで講演をさせていただきます。 ぜひ当日、広島にてお会いしましょう! 2/20

続きを読む »

Git 2.7 の優れた新機能

Git 2.6 からわずか 2 カ月後、膨大な機能と修正、そして性能の向上を果たした Git 2.7 がリリースされました。ここでは Bitbucket チームが興味を持った新しい機能を紹介します。 git worktree の完成 Git 2.5 で導入された素晴らしい git worktree コマンドを使うと、複数のリポジトリブランチからのチェックアウトやブランチ上での作業を、異なるディレクトリで同時に行うことができます。たとえば、簡単な修正をする必要があるけどワーキングコピーを汚したくない場合、次のように新しいブランチを新しいディレクトリにチェックアウトすることができます。 Git

続きを読む »

デブサミ 2016 で開発からビジネスへの講演を行います【19-B-6】

翔泳社主催 Developers Summit 2016 (デブサミ 2016) にアトラシアンもブースとセッション講演で参加いたします。 セッションでは、シニアエバンジェリストの長沢から『「ビジネス駆動開発」から「ソフトウェア駆動ビジネス」へ』と題しアジャイルやDevOps、継続的デリバリーといったビジネスにアラインしたITのムーブメントが、ビジネスへ影響しはじめ、ビジネスのスタイルも変えようとしていること、そこでの、開発者が活躍できる振り幅について、この流れにも乗っているアトラシアンの製品戦略にも触れながらお伝えする予定です。 セッション詳細および参加登録 今までの7回の講演では、開発に軸足を置きながら、その開発したソフトウェアをユーザーがどう使って、彼らのビジネスや社会にどう役立てているのか、そのためにITとITエンジニアがどう振る舞うべきなのかについて様々な角度からお伝えしました。 今回は、さらに一歩先のお話を時間が許す限りお伝えしたいと思っています。デブサミ

続きを読む »

[I am a speaker] 天文学に関する技術シンポジウム

アトラシアン製品に関連する講演、勉強会セッションをする方に「特製スピーカー T シャツ」をご提供させていただておりますが、その中から、今回は、東北大学青葉山キャンパスにて開催された「第35回 天文学に関する技術シンポジウム」での元国立天文台チリ観測所の安井様をご紹介します。   天文学に関する技術シンポジウム シンポジウムは、波長分野に拘らず、装置開発、改良、その運用や成果の発表の場です。場を通じて知っていただき、何かを得ていただく機会を提供しているとのことです。完成された物や成果、技術の発表だけではなく、日々の運用や進行中の計画、構想段階の発表も行われており、これらに対しての意見やアドバイスも積極的に交換できる会となっているそうです。   アトラシアン

続きを読む »