アトラシアン導入の強い味方「アトラシアン エキスパート」

下記のイラストは、弊社のパートナー紹介ページに掲載されている挿絵です。 いきなりですが、ここで問題です:この3人(匹?)に共通することは何でしょうか? 答え:素晴らしい相棒であること! 上記の3キャラクターに、すべての日本人がピンと来るかどうかは微妙なところですが、いずれも米国で有名なテレビドラマや映画に登場するヒーローの名パートナーですね。 無理やり日本的に当てはめると、助さん・格さんとでも言ったところでしょうか…。 アトラシアンでは、パートナー企業の皆様を、ビジネスの遂行になくてはならない信頼できる存在だという意味を込めて、このような挿絵を使って紹介しています。 またアトラシアンでは、そのようなパートナーを「エキスパート」と呼んでいます。 「エキスパート」の辞書による定義は次の通りです: ある分野に経験を積んで、高度の技術をもっている人。熟練者。 我々は、ただ単にライセンスを再販する代理店としてではなく、導入を検討いただいている個々のお客様の状況に合わせたご相談や導入支援などのサービスを、自信を持ってお任せできるパートナーを「アトラシアンエキスパート」として認定し、密にコミュニケーションをとりながら、日々、お客様の課題解決に向けて力を合わせて共に対応しています。 新エキスパートご紹介 そんな心強い存在として、新たなパートナー企業にご参画いただきましたので、ここにご紹介いたします。 富士通ソフトウェアテクノロジーズ 富士通ソフトウェアテクノロジーズは、ソフトウェアの開発技術やICTシステム構築・運用のノウハウを核として信頼性の高いプロダクトとサービスを提供しています。 これまで培ってきたアジャイル開発や豊富なシステム・サービス運用の実績を活かし、新規ビジネスの立上げや既存業務の効率化を行うICTシステム実現に貢献します。 富士通ソフトウェアテクノロジーズ様からひと言!

続きを読む »

アトラシアン、Apple を支持してユーザーデータセキュリティを重視

アトラシアンは、世界各国あらゆる規模の企業やチームに製品とサービスを提供しています。顧客のアトラシアンへの信頼は当社の事業にとって不可欠なものであり、顧客のプライバシーを尊重しデータを安全に保つことで今後も信頼に応え続けなければなりません。それがまさに当社が Apple をサポートするために法廷助言人として Airbnb、Automattic、CloudFlare、eBay、GitHub、Kickstarter、LinkedIn、Mapbox、Medium、Meetup、Reddit、Square、Squarespace、Twilio、Twitter、Wickr

続きを読む »

カンプラン : バックログとカンバンの融合

アジャイルチームにおいてアジャイルフレームワークを選択することに関し、銀の弾丸はありません。カンバンを使おうとスクラムを使おうと、あるいはスクラムバンのようにこの 2 つを組み合わせて使おうと、アジャイルは 1 つのチームプロセスです。優れたソフトウェアの計画、追跡、リリースをするにあたり、すべてのチームに必要なことは、どのフレームワークが基盤として最も適切に機能するのかを理解することです。 カンバン対スクラム対スクラムバン カンバンの目的はチームメンバーに適量の仕事を与えて、チームが常にフル稼働で作業できるようにすることです。ボード上にあるものは何でも最優先事項なので、カンバンを実践するチームには柔軟な計画、明確なフォーカス、全体的な透明性などのメリットがあります。それは開発者が取り組んでいるものです。カンバンは、優先度が変化する環境で継続的デリバリーに専念する運営チームにぴったりです。 それとは対照的に、スクラムは作業をスプリントと呼ばれる一連の固定長イテレーションに分割します。スプリントとしてスケジュール化されたものは何でもチームの最優先事項です

続きを読む »

私生活で JIRA を活用 : あるビールコレクターの優れた在庫管理システム

本投稿は Atlassian AllStar のザック・シーベルトによる執筆です。ザックは Trifecta Technologies 社 のシステム管理者で、同社でアトラシアン・アプリケーション一式を管理しています。さらに、社内のビール専用冷蔵庫も管理しています。 私は仕事で JIRA を頻繁に利用しています。毎日、数多くのアトラシアン製品を使用していますが、その中でも JIRA が私のお気に入りです。仕事では社内課題をすべて

続きを読む »

Git のコンフリクトを解決する 14 のヒントとツール

Git はコードのマージを非常に得意としています。マージとはローカルで高速、そして柔軟に行えるものです。当然のことですが、異なるブランチから誰かがコンテンツをマージするたびにコンフリクトが発生します。コンフリクトを解決するには、主な変更点を把握して見抜かなければなりません。コンフリクトの解決は、時には多くの作業が必要になります。 開発者にはそれぞれ好みのコンフリクト解決方法があります。そのため同僚ライターのダン・スティーブンが以前、Questions

続きを読む »

製品ドキュメントをモバイルファーストにする 4 つの方法

本記事は、Instant Websites for Confluence の開発者でアトラシアンの OB でもあるニコラス・マルドゥーンによるゲストブログ投稿です。 あなたが最後にスマホを手に取ったのはいつですか? いや待ってください、たぶん今スマホでこれを読んでいるでしょう。スマホでインターネットにアクセスする人の数は増えつつあり、2016 年にはスマホ所有人数が 20 億 8 千万人に達しようとしています。アメリカでは、2014

続きを読む »

デブサミ2016 セッション資料公開【19-B-6】

デブサミ2016 アトラシアンでは今年もデブサミ2016に協賛いたしました。今年のブースは、Fun をテーマとして、JIRA シリーズのイースターエッグであるインベーダーゲームを使ったタイムアタックを行いました。 思った以上に白熱!し、最高タイムは23秒という驚異的な記録に!パートナー企業様であるサムライズム様も企画に相乗りくださり、とても盛り上がりました。ブースもセッションも、製品を前面にださない姿勢をとりました。 多くの方にお立ち寄りいただき感謝しております!ありがとうございました。そして、今回のインベーダーゲームの王者は23秒の@yusukeさんです。おめでとうございます!

続きを読む »

「これだけDevOps」セッション資料公開

Sapporo ComCamp 2016 2016年2月20日主に Microsoft 技術系のコミュニティが日本全国で一斉に開催する Japan ComCamp 2016 が開催されました。私は札幌会場での講演オファーをいただき、講演させていただきました。   これだけDevOps このセッションタイトルに込めた意味と意図は、それぞれが言う、描く、DevOps が異なっているという現実と、「まだ、"DevOps" で消耗しているの?」という冒頭に出したスライドから考えていただければと思います。 「あの人が言っていた

続きを読む »

「モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用」資料公開

オープンセミナー2016@広島 2016年2月6日に開催されたオープンセミナー2016@広島での講演資料を公開しました。 モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用 from Tomoharu Nagasawa すでに多くの方にご覧いただいている資料です。各スライドに解説もつけていますので、ぜひご覧ください。 資料の無音声動画も公開してあります。 具体例としてのデモでは、Confluence,

続きを読む »

新しくなった SourceTree: アトラシアン アカウント、Git LFS サポート、新 UI など

まずはじめに、私たちは失敗してしいました。弁解の余地はありません。ここ数週間、ユーザーやユーザーのチームを失望させていたことを大変申し訳なく思っています。当社はこれまであらゆる課題に取り組み、両方の OS で SourceTree を安定稼働させるために作業をしてきました。 振り返ってみると、SourceTree の最新リリースではテスト工程に問題がありました。当社は、今後の

続きを読む »