Portfolio for JIRA 2.1 があなたのチームのプランニングをよりフレキシブルに

Portfolio for JIRA チームは、Portfolio for JIRA 2.1 を発表できることを嬉しく思います。 jira.atlassian.com に寄せられたお客様のフィードバックのうち、多くの賛同を得ていたものを参考にしたアップデートとなっています (私たちはいつもフィードバックに耳を傾けています!)。Portfolio for JIRA 2.1 は、カスタムフィールドやラベル、コンポーネントによって、より前後関係がわかりやすいプランニングを実現します。さらに、見積もりのないアイテム、デフォルトの見積もり、複数の見積もりの混合によって、さらなる柔軟性が可能になり、そして、ステークホルダーとのレポートの共有により、さらなる可視性を実現することができます。詳しくは、この先をお読みください。 より前後関係がわかりやすいプランニングを あなたのチームが計画や意思決定を行う上で非常に重要な情報は、JIRA

続きを読む »

Microsoft Power BI の JIRA コンテンツパックを利用してデータ視覚化をしよう

現在、多くのチームでソフトウェア開発プロジェクト、ITサポート、運営、マーケティング、会計、そしてその間にあるものすべてを追跡するために、JIRA Software、JIRA Service Desk、そして JIRA Core が使われています。多くの企業にとって、JIRAはプロジェクトの状態と企業の健康状態に関するデータの宝庫です。従って、そのJIRAのデータを、世界レベルのツールを使って分析とレポートできるということは重大なことなのです。

続きを読む »

秋が好きになるもうひとつの理由 : HipChatの新機能とアップデート

*本ブログは HipChat blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2016 年 10 月 20 日投稿、”HipChat’s new & improved features: another reason to fall in love with Fall“ by Chloe Hollingsworth   ここHipChatの本社では、空気も冷たくなってきました……そう、私たちがいるのはサンフランシスコです。日に日に寒くなっていますが、私たちの体は温かいままです。どうしてかというと、もちろんパンプキン・スパイスラテや長袖のおかげもありますが、グループビデオチャットや画面共有といった新機能やアップデートの作成のほか、みなさんのお気に入りのツールを新たに統合することで忙しかったからです。 HipChat

続きを読む »

エンタープライズにおけるBitbucket 導入に向けた 5 つのポイント

その柔軟性とアクセスの利便性から、多くのソフトウェア開発チームは現在 Git を採用しており、SVN や CVS といった古いバージョンの管理システムから移行しつつあります。Atlassian の他の製品とシームレスに統合された Bitbucket の導入で、本来のDVCS 管理能力を手にすることが可能です。しかし、数百ものチームや数千の従業員を抱える組織では、どこから手をつければ良いのかわからないこともあると思います。   技術的な懸念材料であるサイジング、性能、規模、そして移行などから、プロジェクト管理面のタイムライン、リソース、そして利害関係者との関わりに至るまで、その工程には戦略的なアプローチが必要です。テクニカルアカウントマネージャー

続きを読む »

子供向けの無料プログラミング体験教室を開催します

こんにちは、マーケティングスペシャリストの犬山です。 今でこそ、私はマーケティングの仕事をしていますが、以前はエンジニアとしてサンフランシスコの会社でコードを書いていました。そんな私が、プログラミングや技術に興味を持ったきっかけは、高校の特別授業で Visual C# で簡単なゲームを作ったことでした。それまで、コンピューターに一際興味はあったものの、インターネットを使ってみたり(よく、電話回線を独り占めして、受話器があがっていただけと言い訳をしたものです。)ソリティアをしたりと「使う」だけのものだったコンピューターが、初めてのこのプログラミング体験を通して「なにかをコンピューターでつくれるんだ」という感覚が芽生えたのを覚えています。 今日、インターネットやアプリといった便利なものが当たり前に身の回りに溢れていて、それらを「誰かが実際に作っていて、どのような仕組みなのか」を認識している人はどのくらいいるでしょうか?こういった、いわゆる当たり前に日々起こっていることを不思議に思ってくれる子供達が増えて、将来、よりクリエイティブな社会につながればいいなと思い、今回横浜ならではのクリエイティブな体験を提供する 関内外OPEN8!

続きを読む »

新機能を使ってJIRA Service Desk での顧客サポートを拡張しよう

2013年、技術サポートチームのための現代的で柔軟性の高いサービスデスクをつくる、というシンプルなビジョンとともに、JIRA Service Deskは始動しました。顧客に対して特定のサポートの流れを提供するのではなく、融通の効くプロダクト作りを念頭にしました。この3年間で、JIRA Service Deskは、IT、顧客サポート、またマーケティングや人事といったビジネス部門にも利用されるようになりました。 ITコンシューマライゼーションが従業員と顧客両方の考えを変化させてきたのにともない、従業員と顧客の両者に対するサポートにJIRA

続きを読む »

日本のお客様向け 製品サポートとリソースのご紹介

みなさん、こんにちは! カスタマー担当の小川です。 アトラシアンではトライアルのお申し込み、ご契約から運用開始までオンラインで可能な、セルフサービス式の販売モデルを採用しています。販売のためにコストをかけず、製品の開発とサポートに注力することで、活用を促進していきたいと考えています。 日本のユーザーの皆様にもっと身近にサポートを活用していただけるよう、サポートに関するリソースをポータルにまとめました。 「製品サポートとリソース」のポータルでは、アトラシアン製品の導入や運用を支援する日本語技術サポートや製品の日本語ドキュメント、製品ナレッジベース、購入やライセンスに関する記事を紹介しています。 全て無償でご利用できますので、用途に応じて、必要なリソースを確認してください。(製品の技術サポートはご購入のお客様だけではなく、評価中のお客様もご利用いただけます。) ポータルのコンテンツ概要を紹介します! ①

続きを読む »

知っておきたいアトラシアンエンタープライズに関する 4 つの発表

この記事は、4 Atlassian enterprise announcements you don’t want to miss By Cameron Deatschを翻訳したものです。 様々な組織で、チーム作業のためにAtlassianアプリケーションの採用が標準化し始めています。彼らが見立てたように、私たちのアプリケーションは、組織運営に必要不可欠でなくてはならない存在となっています。2年前、私たちはJIRA SoftwareのData Center版、Bitbucket、 Confluence、そしてJIRA

続きを読む »

Atlassian Summit 2016 DAY 2 基調講演レポート

こんにちは。週末には、先週米国サンノゼで行われたAtlassian Summit 参加から帰国しました朝岡です。少し遅くなりましたが本日は、2日目の基調講演の内容をお伝えします。 ご参考: カンファレンス初日の基調講演では、あらゆるチームを支援する様々なアトラシアン製品に関する新しい情報が、それぞれの製品担当より発表されました。初日に関する詳細はこちらの投稿をご覧ください。 2日目は、共同創業者及びCEOのひとりScott

続きを読む »

「Team」の年

共同創立者のスコットと私は、仕事が産業革命以来最大の変化に直面し転換点を迎えていると考えています。グローバル化、ギグ・エコノミー、人材ギャップ、キャリア期間の長期化、現在あらゆる企業がソフトウェア企業になりつつあることの影響、これらがかつて見たことがないほど複雑で困難な原動力となっています。世界中に 9 億人のナレッジワーカーが存在しますが、生産性において最も重要となる観点は、彼らがこの新しい現実世界でどのように共同作業をするかということです。 そのため、チームワークを確立することが私たちの時代を特徴づける挑戦であり、機会でもあります。それにより、各産業は世界が必要としていること、たとえば、癌治療、クリーンエネルギーの開発、世界的飢餓の解決、火星の植民地化などが達成できるのです。それがアトラシアンで私たちが取り組んでいる仕事です。私たちは、チームワークの重要な要素をサポートするチームを対象として、果敢にもオペレーティングシステムの開発に取り組んでいます。チームワークの重要な要素とは、組織化、議論、そして仕事の完遂です。 チームワークを成功させることは、現代の明瞭な挑戦であり機会である。 Tweet //

続きを読む »