アトラシアンがガートナーのマジック・クアドラントでエンタープライズ・アジャイル・プランニングツールのリーダーと評される

アジャイルと呼ばれる開発手法を取る企業が増えていますが、そこで使われるツールは、起業したての会社から大企業まであらゆる企業のさまざまな要求に応え続けられなければなりません。あなたのチームがアジャイルな開発手法に何を望もうと、アトラシアンのツールを皆様に繰り返し使っていただき、すばらしいソフトウェアを作り上げる手助けとなることが、私たちの願いです。ですから、アトラシアンが再び、ガートナーのマジッククアドラントでエンタープライズ・アジャイル・プランニングのリーダーと評されたことは、本当に喜ばしいことです。 まずはこのレポートを読んでいただき、私たちが何を作り上げたのか知ってもらい、実際にダウンロードしていただいて、ソフトウェア開発にエンタープライズ向けアジャイルプランニングがなぜ必要とされるのか、その理由をぜひご理解いただけたらと思っております。 エンタープライズ・アジャイル・プランニング JIRA

続きを読む »

サポートエンジニアってどんな仕事? ソフトウェアエンジニアから転職してみた

こんにちは、サポートエンジニアの山本 (@i05) です。 今日は、僕個人の体験を通してアトラシアンのサポートエンジニアがどういった職業なのかを紹介します。   #0 なぜこのブログを書いたのか このブログを書いた理由は「サポートエンジニア (Support Engineer)」という職種があまり知られていないためです。僕自身も、アトラシアンへ参加するときにはよく分からず不安な部分が少なからずありました。 実際、転職のときも友人から考え直すよう、たしなめられたこともあったので今回はどんな仕事をしているか報告も兼ねて、サポートエンジニアの仕事を紹介してみます。   #1

続きを読む »

子供のお迎えと両立できる飲み会「ハッピーフライデー」 アトラシアンのワークスタイル紹介

こんにちは、サポートエンジニアの山本 (@i05) です。 僕が個人的に気に入っているアトラシアンでの働き方を1つ紹介します。   とにかくカジュアルに「ハッピーフライデー!」 僕がアトラシアンに入社して1番特徴的だと思ったのはハッピーフライデーです。僕はこれをとても気に入っています。 Atlassian Japan のオフィスでは特に時間は決まっていないのですが、だいたい金曜の17時ごろからオフィスのソファがあるあたりでカジュアルな飲み会が始まります。 始めたいひとがシャンパンを開けて、みんなで乾杯。忙しくてそのときにソファの周りに来れないひとがいても飲み物は配って自席で飲むなど、柔軟にやっています。 残した仕事があるときは中座して続きをやったり、その場にいながら仕事したり、とにかく形式ばらないカジュアルな雰囲気です。 話す内容は仕事に限らず、ワインやサラミの品評、計画中の旅行の話、趣味の話、オフィスにビリヤード台やダーツを導入するかどうかなど、多様です。 シドニーやマニラといった他拠点から働きに来ている同僚がいることもあったり、同僚が連れてきた友達がいたり、ビジネスで関わりのあるひとがいることがあったりもします。   18時にはそのまま定時退社も 定時は9時〜18時ですがハッピーフライデーがあっても、だいたいメンバーはみんな18時前かそれくらいには帰路につきます。 17時から飲み始めると十分盛り上がって楽しい時間を過ごして退社するときに「まだ外が明るいな!」と嬉しくなります。この時間だと、子供が家に帰ってきていたり用事があったりしても参加しやすいです。 僕自身は子供はいませんが大学院に通っているので、業務後には研究の進捗を出すために時間を確保したいのでとても助かっています。 普通だと、社会人学生などイレギュラーなことをやっていると交流の機会が持ちづらくて同僚のことを知る機会は減ってしまいがちです。 僕は入社して8ヶ月でまだ1年経っていませんが、ハッピーフライデーのおかげで僕は自分が所属していないマーケティングチームのメンバーがどんな背景を持った人なのか、仕事ではどんな課題を抱えているのかなどを自然と知ることができています。 アトラシアンの場合は日本オフィスのメンバーがもともとそれほど多くないですが、それでもハッピーフライデーがなければこれほど他チームのことを理解するのは難しいと思います。   ワカモノも

続きを読む »

SourceTree 2.0 for Windows –SourceTree 1.9と比べて速さが3倍に

私たちが「SourceTree 2.0 for Windows」の開発に取り組んでいた際、対処したかった重要なもののひとつがパフォーマンスでした。これは多くの方々にとってフラストレーションの原因となっていましたし、私たちはSourceTreeでの体験を向上させるためにもっとやれることがあるはずだと考えていました。私たちはパフォーマンスの特性や1つ1つのGitコマンドに焦点を当てるのではなく、むしろ全体的なアプローチを採りました。皆さんが日常的に好んで使用している多くのGitオペレーションと同等のスピードになるよう、UIの視覚的な複雑性を削減することについて考えたのです。 視覚的複雑性 視覚的複雑性とはアプリケーション内に表示されている要素の数に同等します。すなわち、ユーザーインターフェース上に存在する要素の数が多ければ多いほど、より複雑であると言えるわけです。SourceTreeはユーザーインターフェースとその中に含まれる要素をレンダリングするために、Windows

続きを読む »

ビルドを増やしトレーサビリティを強化:JIRA SoftwareがAWS CodeStarと連携

クラウド構築に携わる開発者やプロダクトマネージャーは、しばしば開発ツールとしてクラウドを使用することができません。95%の企業が何らかのクラウド製品やサービスを採用する一方で、ソフトウェア開発ツールの多くはオンプレミス型のままです。それは現在変わりつつあります。クラウド開発者はクラウドを利用した開発を求めています。 クラウド開発者はクラウド上での開発を求めている クラウドの柔軟性、経済性、拡張性は以前から注目されており、開発者はソフトウェアパイプラインにこれらのメリットを生かすことを望んでいます。その安全性、アップタイム、そしてパフォーマンスの向上により、ソフトウェア開発チームは開発ツールをクラウドに移行することを可能にしました。 今日、アトラシアンとAmazonは、さらなる進展へ向けた一歩を踏み出しています。あらゆる開発チームが最先端の状態になるようサポートすることは、アトラシアンの重要なミッションのひとつです。 私たちは、アジャイルな開発チームが使用するナンバー1のソフトウェア開発ツールJIRA

続きを読む »

DevOps Maturity Modelについてのレポート: 2017年のトレンドとベストプラクティス

DevOps は過去10年間に渡りソフトウェア業界の文化に対し大きな影響力を発揮していました。多くの草の根のムーブメントと同様に、DevOpsの実践はゆっくりと、しかし着実にあらゆる業界のオペレーションチームやソフトウェアチームに浸透していきました。 しかし、10年間の文化の変化やインフラの向上、そしてツールを使っての仕事の結果、私達の現状はどうなったでしょうか。この疑問に答えるため、私達は戦略的技術パートナーの1つとして私達の製品と統合することでDevOpsにコラボレーションレイヤーを提供しているxMattersと組んで、DevOpsの実践の現状について調査しました。 調査により、文化、モニタリング、及びインシデント管理の分野において、企業がDevOpsをどのように活用しているか、どういった実践を改善できるかについて光を当てる、いくつかの主要なトレンドが明らかになりました。   DevOps:

続きを読む »

Atlassian Clover がオープンソースに

すべてのチームの可能性を解き放つというのが私たちのミッションであり、そのミッションが現在作っている製品を形作っています。その目的のためにも継続的なアップデートとリリースを通して新しい機能を提供しています。 何年にもわたって Atlassian Clover は Java や Groovy のデベロッパーたちにコード解析のための信頼できるソースを提供してきました。JIRA Software や Bitbucketなどといった私たちの主力製品に新機能を追加したり改善を施したりするための開発努力にフォーカスができたのも、こうしてユーザーの皆様が信頼して利用してくれたおかげです。こうしたことを踏まえて、私たちはCloverをオープンソースにすることに決めました。そうすることによって

続きを読む »

Bot 経済の時代に人間は生き残れるか?

情報源: Can humans thrive in the bot economy? - Atlassian Blogs 移動中ですか?以下のプレイヤーを使うことで、著者が読み上げるこの記事の英語版音声版を聴くことができます。  人工知能 (AI) は、現代のビジネス業界に最も大きな変化をもたらす可能性を秘めています。そしてこの変化は、インターネットよりも大きなものになるでしょう。 ウェブサイト上でカスタマーサービスを担うチャットボットのような身近なものや、自動運転車などの未来的なテクノロジーも含め、人工知能はすでに実用化されています。そしてこれらの技術が登場してきたことにより、人間とテクノロジーの関係、そして私たちの仕事のあり方がすでに刷新されつつあるのです。例えば、2020年までには、コンテンツ生成アルゴリズムにブログ記事を執筆してもらいながら、私はビーチの上を気楽に散歩していることでしょう。そしてそれらの記事はヘミングウェイのように易しく読むことができ、トルストイのように感情を刺激してくれるようなものになるのではないでしょうか。 肝心なのは、AI

続きを読む »

全てのチームの可能性を引き出す: 新しいTrello Power-Ups for Atlassian

本日、Trello Power-Ups for Atlassianの新しいクラウド製品を発表できることを嬉しく思います。: JIRA Software、Confluence、Bitbucket、そして改善されたHipChatの統合。Atlassianに仲間入りして以来初めてとなるTrelloの新製品のひとつとして、これらのPower-Upsは、アトラシアンのユーザーの仕事にさらに多くの素晴らしい機能をもたらします。 全てのチームの可能性を引き出すことは、アトラシアンのコア・ミッションです。MikeとScott、そして私が、私たちの2つの会社を合併させることを検討していた時、両社の製品に共通する構造として、このミッションが浮かび上がってきました。聞こえが良いだけの無意味なマーケティング戦略に思われるかもしれませんが、実際、チームに注目することは私たちにとって非常に重要なのです。 私たちの働き方は、巨大な変化を迎えています。現代のチームはより分散され機動性が高くなっており、仕事の内容も複雑さを増しています。チームは、なすべき仕事を中心に自然に形成されます。チームは変化し、解散し、すぐに再形成されます。各々が、様々なツールを用いながら、様々なチームと同時に仕事をします。こうした中で、どうすれば重要事項に関する共通認識を維持できるでしょう? 全てのチームが全く同じ働き方をしているわけではなく、全く同じツールセットを用いているわけでもありません。チームが機能する独自の方法に適応する点において、Trelloには高い柔軟性があります。そこに、JIRA、Confluence、Bitbucketの豊富な機能が加わることで、チームはより多くの仕事を達成できようになるのです。Trelloの新しいPower-Upsを使用すれば、会社の全てのチームの共通認識を維持し、同じ方向に向かわせることができます。 業務におけるTrello

続きを読む »

アトラシアン製品のバグ報告と機能リクエストをより適切に

アトラシアン製品のバグ報告および機能改善や追加リクエストの受付けおよびその後のコミュニケーション等に活用しているアトラシアン運営のJIRA、通称 JAC (jira.atlassian.com) のプロジェクトが、製品ごとだけではなく、サーバー・クラウド環境別に分岐しました。 JACって何?という方へ: 通称 JAC(ジャック)とは、アトラシアンが管理運営しているJIRA環境 jira.atlassian.com

続きを読む »