2016 年ソフトウェア開発の動向

この投稿では、当社顧客ベースから判明したソフトウェア開発トレンドをシリーズの第一弾として紹介します。お楽しみください! 皆さんはマーク・アンドリーセンの格言「ソフトウェアが世界を飲み込む」を耳にしたことがあるかもしれません。つまり手作業が進むと考えられていた各産業にとって、ソフトウェアが差別化要因になっているということです。Tesla

続きを読む »

適切な DevOps ツールの選び方

率直に申し上げましょう : この世の中のどのようなツールでも、魔法のようにDevOps (あるいはアジャイルやリーン) を作り上げることはできません。DevOps は開発と運用チーム間のコラボレーションとコミュニケーションを提唱するものであり、魔法のレシピというよりは文化的転換だと言えるでしょう。 ただし、オートメーションやチーム間のコラボレーションを支える

続きを読む »

カンプラン : バックログとカンバンの融合

アジャイルチームにおいてアジャイルフレームワークを選択することに関し、銀の弾丸はありません。カンバンを使おうとスクラムを使おうと、あるいはスクラムバンのようにこの 2 つを組み合わせて使おうと、アジャイルは 1 つのチームプロセスです。優れたソフトウェアの計画、追跡、リリースをするにあたり、すべてのチームに必要なことは、どのフレームワークが基盤として最も適切に機能するのかを理解することです。 カンバン対スクラム対スクラムバン カンバンの目的はチームメンバーに適量の仕事を与えて、チームが常にフル稼働で作業できるようにすることです。ボード上にあるものは何でも最優先事項なので、カンバンを実践するチームには柔軟な計画、明確なフォーカス、全体的な透明性などのメリットがあります。それは開発者が取り組んでいるものです。カンバンは、優先度が変化する環境で継続的デリバリーに専念する運営チームにぴったりです。 それとは対照的に、スクラムは作業をスプリントと呼ばれる一連の固定長イテレーションに分割します。スプリントとしてスケジュール化されたものは何でもチームの最優先事項です

続きを読む »

私生活で JIRA を活用 : あるビールコレクターの優れた在庫管理システム

本投稿は Atlassian AllStar のザック・シーベルトによる執筆です。ザックは Trifecta Technologies 社 のシステム管理者で、同社でアトラシアン・アプリケーション一式を管理しています。さらに、社内のビール専用冷蔵庫も管理しています。 私は仕事で JIRA を頻繁に利用しています。毎日、数多くのアトラシアン製品を使用していますが、その中でも JIRA が私のお気に入りです。仕事では社内課題をすべて

続きを読む »

Developers Summit 2016 アトラシアン ブースにお越しください!

みなさんこんにちは、テクニカルマーケティングマネージャーの新村です。 明日(2/18)から開催されるDevelopers Summit 2016に今年も協賛させていただいており、ブースとセッションでみなさんにお会い出来るかと思います。 ブース展示ではアトラシアン製品のデモはもちろんの事、JIRA Softwareのイースター・エッグで遊んでいただこうかと思っております。 遊んでいただいた方にはもれなく(数に限りはありますが)こちらのステッカーをプレゼントいたします。 その他ステッカーも多数用意してますので、そちらも合わせてご活用ください。 ぜひ、アトラシアンブースに遊びに来てください。 また、二日目の最終セッションの一つ前に弊社シニアエバンジェリスト長沢のセッションもございます。 【19-B-6】 「ビジネス駆動開発」から「ソフトウェア駆動ビジネス」へ すでに満席の状況ですが、場合によってはご覧いただけるかと思いますのでぜひご拝聴いただければと思います。 それでは、明日からの2日間目黒雅叙園にてお待ちしております。

続きを読む »

Asana から JIRA Software へ : ある顧客におけるアジャイル開発への道のり

サンフランシスコに拠点を置く Switch Communications の目標は、クラウドベースのビジネスコミュニケーションシステムを世界で最も成長が早く、最も革新的な企業に提供することです。 Switch 社は最近、使用しているプロジェクト管理ソフトウェアが同社のソフトウェア開発プロセスを完全にサポートしていないことに気がつきました。一番明らかな欠点はバグレポーティングでした。そのため同社では、信頼性できる

続きを読む »

アジャイルチーム における役割分担とは?

アジャイルチーム は構造的にウォーターフォールチームとは異なります。アジャイルチーム はチーム自体に注目しますが、ウォーターフォールチームは組織構造に従っています。伝統的なウォーターフォール開発では、多くの場合スケジュールは「トップダウン」で決まります。つまり、経営陣がペースとスケジュールを設定します。アジャイル開発では、チームが自己組織化して、より大規模な組織の中で自分のスケジュールと方向性を定めます。私がスクラムを学んでいた頃、私の頭には

続きを読む »

[I am a speaker] 天文学に関する技術シンポジウム

アトラシアン製品に関連する講演、勉強会セッションをする方に「特製スピーカー T シャツ」をご提供させていただておりますが、その中から、今回は、東北大学青葉山キャンパスにて開催された「第35回 天文学に関する技術シンポジウム」での元国立天文台チリ観測所の安井様をご紹介します。   天文学に関する技術シンポジウム シンポジウムは、波長分野に拘らず、装置開発、改良、その運用や成果の発表の場です。場を通じて知っていただき、何かを得ていただく機会を提供しているとのことです。完成された物や成果、技術の発表だけではなく、日々の運用や進行中の計画、構想段階の発表も行われており、これらに対しての意見やアドバイスも積極的に交換できる会となっているそうです。   アトラシアン

続きを読む »

忍耐力、やる気をなくす罠、グロース・マインドセットの維持について

フィックスト・マインドセット (固定的な考え方) の対極に位置する グロース・マインドセット (しなやかな考え方) という概念があります。これは最近人気のテーマであり、私はときどき自分に向かって「グロース・マインドセットを持たなければ。グロース・マインドセットは素晴らしい」と言い聞かせています。なぜでしょうか? それは、私たちが何をしようとするときも、特に仕事において、グロース・マインドセットと呼ばれる考え方が私たちを成長する助けになるからです。私たちは成長するにつれ生産的になります。そして私は自分が生産的になるほど気分が良くなります。私の言いたいことが分かりますか? 私は笑顔で帰宅できないことがよくあるのですが、それは

続きを読む »

あらゆるチームの可能性をときはなて!

Happy Holidays! そろそろ仕事納めの方も多いのではないでしょうか?アトラシアン株式会社は25日が仕事納めとなります。それと同時にAtlassian Advent Calendar 2015もこのDay25の本投稿を持って無事終了となります。 さて、今回は最終回という事もあり、アトラシアンのミッションである “Unleash the potential in every team”、 日本語に翻訳すると、「あらゆるチームの可能性をときはなて」というフレーズに関したお話をしたいと思います。 アトラシアンは「チーム」という言葉を非常に大事します。アトラシアンのTOPページに行くとなぜ我々がチームを大事にするかというCEOのビデオメッセージ (英語)が掲載されています。ここではそれを少しだけ掘り下げてみたいと思います。 Atlassian

続きを読む »