あらゆるチームの可能性をときはなて!

Happy Holidays! そろそろ仕事納めの方も多いのではないでしょうか?アトラシアン株式会社は25日が仕事納めとなります。それと同時にAtlassian Advent Calendar 2015もこのDay25の本投稿を持って無事終了となります。 さて、今回は最終回という事もあり、アトラシアンのミッションである “Unleash the potential in every team”、 日本語に翻訳すると、「あらゆるチームの可能性をときはなて」というフレーズに関したお話をしたいと思います。 アトラシアンは「チーム」という言葉を非常に大事します。アトラシアンのTOPページに行くとなぜ我々がチームを大事にするかというCEOのビデオメッセージ (英語)が掲載されています。ここではそれを少しだけ掘り下げてみたいと思います。 Atlassian

続きを読む »

Atlassian Summit 2015 Keynotesのまとめのまとめ

11月27日に行われたAtlassian Community Day 2015においてサンフランシスコで行われたAtlassian Summit 2015のキーノートの概要を紹介させていただきました。今回はそれをさらにギュギュッっとまとめてお届けしたいと思います。 (本投稿はAtlassian Advent CalendarのDay16を兼ねた投稿です) Atlassian Summit 2015ではCo-FounderのMikeとScottからOpening Keynoteそして、アトラシアンがカバーする3つのチームのソフトウェア開発チーム、ITチーム、ビジネスチームそれぞれに関するキーノートの4つのキーノートが用意されていました。   Opening

続きを読む »

アトラシアン サミット 2015 で発表された 6 つのポイント

アトラシアン サミット 2015 が開幕しました! 共同 CEO のマイクとスコットが本日 (11 月 4 日) オープニング基調講演を行いました。現在、アトラシアンサミットの参加者 (2,600 人強) はブレークアウトセッションに没頭しています。皆さんは基調講演に参加、または、基調講演のライブストリームをご覧になりましたか? ハイライトをご希望の皆さんはご心配なく。こちらでご用意いたしました。 1.

続きを読む »

JIRA Service Desk 3 リリース: ITIL に対応したい IT チームに加え、非技術系チーム向けのサービス機能も提供

アトラシアンの社員は、ユーザーと触れあい、話を聞くことが大好きです。2 年前に開催された Summit 2013 で、アトラシアンは JIRA を IT チケットツールとして見ていた顧客に応え、JIRA Service Desk を紹介しました。Summit 2014 では、チケットを自由に発行できるようにエージェントベースの価格モデルを採用した新しい JIRA Service Desk を発表しました。そして今日、新たな進化を発表できることをうれしく思います。JIRA

続きを読む »

JIRA Service Desk が ベスト サービスデスク の一つに選出

JIRA Service Desk はわずか 2 年前にリリースしたばかりですが驚くべき勢いがあり、アトラシアンの歴史上で最も急速に成長している製品です。 私たちは毎朝ベッドから起きて、各社の IT チームが本当に使いたいソフトウェアを開発するための準備に取りかかります。顧客に親しんで頂き、さらに JIRA が提供するような高い水準も満たしたいと願っています。また、顧客が莫大なコストを費やすことは望ましくないと考えています。 最近発表されたレポートによると、どうやら私たちのやり方は間違っていなかったようです。 G2

続きを読む »