バージョン管理とは : Diff と Patch

この投稿は アトラシアン DVCS ガイド の一部です » 今回のブログ コンテンツの大部分は Steve Losh 氏との共同執筆によるものです。Steve 氏はプログラマー、写真家、ブルース ダンサー、そしてミュージシャンです。Steve 氏の プロジェクト を参照し、彼のクールな取り組みをご覧ください。また、彼の Bitbucket アカウント 経由でソース コードを確認してみましょう。 分散型バージョン管理への切り替え 多くの個人、チーム、そして組織は

続きを読む »

Web 開発における「新しい原則」

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 1 月 18 日、Rich Manalang 投稿 “Modern Principles in Web Development” 最近私は小さな Web アプリをいくつか始動させました。どうやら新規プロジェクトを始めるたびに私の開発理念の調整を余儀なくする新しい何かが起こるようです。今回の記事では最近の

続きを読む »

Git 対 Mercurial: なぜ Git を選ぶのか?

これは Atlassian DVCS ガイド » の一記事です。 今回は Atlassian の開発者である Charles O'Farrell によるゲストブログです。チームが DVCS として Git を選択する理由について説明します。Charles はコーディングをほとんど DVCS 上で行い、また ClearCase から Git へユーザーを移行させる作業を行ってきました。 前回の記事では、分散バージョン管理システムとしてチームがなぜ Mercurial

続きを読む »

Mercurial 対 Git:なぜ Mercurial を選ぶのか?

この投稿は アトラシアン DVCS ガイド の一部です » この記事は Steve Losh によるゲストブログで、チームが (分散) バージョン管理システムとして Mercurial を選択する主要な理由について焦点を当てています。 分散バージョン管理についての Steve の素晴らしい取り組みについては、彼のプロジェクトをチェックしてください。あるいは、彼の Bitbucket アカウントを直接見てみたり、たくさんあるプロジェクトの中から一つをフォークしてみてください。 前回の記事では、バージョン管理の歴史とそれが良い理由、そして集中型システムよりも分散管理システムが良い理由について説明しました。 今日広く使われている分散バージョン管理システムが2つあります。Mercurial

続きを読む »

企業のセキュリティテストを完璧にするための13ステップ

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。原文 : 2012 年 2 月 22 日、Mark Hrynczak 投稿 "13 Steps to Learn & Perfect Security Testing in your Org"   今回のゲスト ブログは、QA コミュニティ内でのテスティング改革に関する関心を高めることを目的とした  Atlassian ブログ シリーズの一環です。また、このシリーズの他の記事については、QA

続きを読む »

Jobin Kuruvilla 著「JIRA Development Cookbook」

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 2 月 10 日、Rich Manalang 投稿 "JIRA Development Cookbook — A book by Jobin Kuruvilla" JIRA コンサルタントおよびプラグイン開発者として経験豊富な Jobin Kuruvilla 氏は、JIRA プラグイン開発に関する詳細かつ包括的な書籍を執筆するという大仕事に取り組みました。結果、Atlassian

続きを読む »

JIRA 5 RubyGem

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 2 月 6 日、Rich Manalang 投稿 "JIRA 5 RubyGem"   まもなくリリースされる JIRA 5 の主な注目点の一つは、改良された REST API です。この API により、課題の作成、閲覧、更新、削除を行ったり、課題に関連するその他のメタデータへアクセスが行えます。 REST

続きを読む »

(ゲスト ブログ) 不具合の登録 : 疑わしきバグは報告せよ

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 1 月 31 日、Ly Nguyen 投稿 (Guest blog) Enter the Defect: When In Doubt, Report the Bug   今回のゲスト ブログは、QA コミュニティ内でのテスティング改革に関する関心を高めることを目的とした Atlassian ブログ シリーズの一環です。また、このシリーズの他の記事については、QA

続きを読む »

アジャイルチームにおけるコードレビュー – パートII

第一回目の記事では、コードレビューがどのようにアジャイル開発プラクティスに関係しているかを説明しました。特に分散したチームを持っていたり、人員を変更したり、チームにまたがる調整が必要な場合においてです。 あなたのチームや組織内にコードレビューを導入してみようという気になりましたか?どうぞ読み進めて下さい。 誤解されていること まず最初に、チームのためにコードレビューは何ができて、何ができないのかを明確に理解する必要があります。 コードレビューとは下記のことではありません: バグハント:参加した人数に関わらず、コードに存在する全てのバグを見つけることを、コードレビューは保証するわけではありません。良いソフトウェアにするために、自動化テスト、マニュアルテスト、静的解析等の他のツールを使用することを考慮してください。 責任のなすり合い:コードよりもむしろ人々に存在する欠陥を見つけることに集中してしまうとき、コードレビューはすぐに嫌われ、チームを助けるのではなく破壊するものになってしまうでしょう。その代わりに、学んだり教えたり、チームの集団としてのパフォーマンスを改善する機会として、コードレビューをとらえましょう。 コードレビューを始めよう どのようにして、組織内のコードレビューを採用する意思決定者を説得するのでしょうか?それは場合により異なります。もし彼らが、コラボレーションにおける改善、イノベーション、そしてコードと従業員の両方における継続的な改善を奨励するような人々であれば、コードレビューの導入は簡単でしょう(驚くべきことに、ユニットテスト、リファクタリング、あるいはペアプログラミングといった人気のあるアジャイルプラクティスを導入するときとさほど変わりません)。もし意思決定者が、前向きな考え方ではない場合、チーム内部から始めてみるのがよいかもしれません

続きを読む »

ドッグフーディング と頻繁な内部リリース

リリースサイクルが短いのは素晴らしい 2, 3 か月ごとに、ソフトウェアの新しいフィーチャーバージョンを出荷すること - 2, 3 年ごとにではなくて - は素晴らしいことです。 短いリリースサイクルは、フィーチャーがゆっくりになることを避けるのに役立ちます。なぜなら、いつも締切が迫ってくるからです。そして、この締切はデベロッパーとステークホルダーに緊急性の感覚を保たせるのに役立ちます。 短いリリースサイクルは、"絶対にこのリリースに入れなければいけない"

続きを読む »