HipChat Connect (ベータ版) リリース。最高にパワフルな統合プラットフォーム

6 月に発表したように、私たちは組織を再編して、チームにおける情報伝達と生産性の向上を検討してきました。そして本日、新しい API である HipChat Connect のパブリックベータ版をリリースしました。この HipChat Connect を利用した最新の HipChat インテグレーションを皆さんに体感していただきたいと思います。 チームコミュニケーションとは単なるチャットをはるかに超えるものだと私たちは考えています。あらゆるビジネス活動の中心スレッドとなるものです。使用している多数のアプリを一箇所にうまくまとめ上げれば、それに集中することができ、生産性の高いコミュニケーションを実現できます。 HipChat

続きを読む »

Git 2.x シリーズの 6 つの素晴らしいフィーチャー

私が Git リリース ノートをレビューしてからしばらく経ちましたが 、だからといって私が最新のノートを熱心に読んでおらず、毎日の作業に新たな優れモノを取り入れていなかった訳ではありません。自分の誕生日 (拍手!) と、先日の Bitbucket Server のリリースを祝うため、本日は私が Git 2.x シリーズ (2.6 まで) で気に入っているフィーチャーを全てご紹介します。どれか役に立つようなことがあれば、是非ご一報ください。 リベース前に変更内容をスタッシュ Git

続きを読む »

Git で monorepo を扱う際の課題とヒント

多くのユーザーがその柔軟さ故に Git を分散型バージョン管理システムとして採用しています。特に Git のブランチとマージのモデルは、分散型の開発ワークフローを実現する強力な方法となっています。この柔軟性が大半のユースケースに機能する一方で、それほど美しく扱いきれないこともいくつかあります。そのようなユースケースの一つは、monorepo という大きな一枚岩のリポジトリで

続きを読む »

HipChat Connect ベータ版発表 - チャットが生まれ変わる!

AtlasCamp 2015 で Atlassian Connect for HipChat に取り組んでいることを発表しました。最近、サンフランシスコで開催されたハッカソンの中で、New Relic、PagerDuty、StatusPage.io、Tempo、Wittified、Meekan、Notify、Zendesk などの優れた企業の 25 人の開発者にアーリーアクセス版を提供したのですが、その結果は素晴らしいものでした! 現在、この API は非公開のアルファ版ですが、ベータ版公開まであとわずか数週間となりました。公開までに準備を整えていただくため、Atlassian

続きを読む »

Git subtree のパワー

Git subtree を使うとリポジトリを他のリポジトリのサブディレクトリとして追加することができます。Git プロジェクトがプロジェクト依存関係を管理する方法はいくつかありますが、これはその一つです。記憶力の良い人は、私が以前に Git submodule の代替の記事でこのコマンドの使用法と利点について書いたことを覚えているでしょう。 Git subtree の基本 それでは git subtree

続きを読む »

9 月 17 日 (木) Git イベント「きっとわかる Git! 〜 SourceTree と Bitbucket ではじめよう!〜」

近年、バージョン管理システムとして Git の人気は高まる一方です。Git に取り組みたいと考えてはいたけれど実際になかなか始められていない方、また Git の経験はあるけれど、この機会にしっかりと Git を学びたいという方、などを対象に Git イベントを行います。 本イベントではまず 2 つのセッションを実施し、その後にドリンク、軽食を交えながらネットワーキングパーティーを実施します。 セッション

続きを読む »

Docker の 3 要素: 未来を構築しよう

今日は、Docker エコシステムの新しい開発環境を概説します。まず、Docker とは 何かについて簡単に説明します。そして、アプリケーションをパッケージ化し、それらを簡単に配布するツールから、緩くまたは密に連携したクラウドソリューションを統合し管理するためのツールセットへと、Docker がどのように発展したのかについても概説します。 可愛い画像と私の「ラジオボイス」

続きを読む »

Git ウェビナー公開 : チームに合わせて成長する 大規模環境 Git

Git が普及している理由や、Stash と Stash Data Center がプロフェッショナルな開発チームにおける Git の利用拡大に貢献している状況について、アトラシアンの開発者向けツールのプロダクトマーケティングマネージャーである Kelvin Yap が先週プレゼンテーションを行いました。お客様の開発チームがセキュリティや拡張性、高いパフォーマンスの維持などといった面で問題を抱えており、それらの問題に対処するために

続きを読む »

--force は有害だという考え; git の --force-with-lease を理解する

Git の push --force は有害です。何故ならローカルの内容を無条件にリモートレポジトリを上書きしてしまい、チームメンバーがその間にプッシュしていた変更を上書きてしまうからです。しかし、これには改善策があります。強制プッシュがどうしても必要ではあるけれど、他人の作業を上書きしないようにしたいときは --force-with-lease というオプションを利用します。 Git

続きを読む »

アトラシアンにおける スタンドアップ の方法

本稿はアジャイルの作法に関するシリーズの最終記事「アトラシアンにおける スタンドアップ の方法」です。アトラシアンにおけるスプリント計画、スプリントレビューおよびスプリントのふりかえりもご覧ください。 スタンドアップ は、アジャイル開発の基本を構成するもののひとつですが、これには誤解がつきまとうことがよくあります。率直に言うと、スタンドアップだけではチームをアジャイルにすることはできないのです。また、スタンドアップはエゴを押し通す場ではないし、作業内容の正しさを主張する場でもありません。そして計画作りの場でもありません。それはスプリント計画の役割です。さらに言えば、ブロッカーの発生を伝える唯一の場でもないのです。もしブロッカーにより作業が進まないならば、助言を求めることをためらってはなりません! 本稿では、ブロッカーを効率的に管理する方法に加え、アトラシアンにおいて私たちが活用している様々なヒントとコツについてお話ししたいと思います。私たちはお客様のスタンドアップが

続きを読む »