Atlassian ソリューションを活用した DevOps 時代のソフトウェア開発環境 資料公開

3月29日に開催された Developers.IO 2015 でのセッション資料を公開します。 DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015] from Tomoharu Nagasawa はてなブックマーク数:  資料では、Atlassian 製品である、Confluence, JIRA (JIRA Agile), Stash (or Bitbucket), SourceTree, Bamboo, HipChat (Cloud / Server) をフルに活用した開発現場が得られるメリットを解説しています。 デモ環境では、Confluence, JIRA,

続きを読む »

Atlassianツール連携の資料作成で使える2つのフリー素材を公開

アトラシアン ツールチェイン アトラシアン製品は、それぞれのツールの導入でも効果を発揮しますが、いくつかの製品を連携させることで、相乗効果を生むことができるように設計されています。   日頃のエバンジェリストの活動で、講演や執筆時に作成している資料についても高(好)評価をいただいております。それらを個人ブログにて、公開しておりましたが、アトラシアン製品をご利用・ご検討いただいている皆様にも、共有をさせていただきます。どちらもフリー素材としての提供ですので、社内資料作成などでご活用ください。 なお、これら資料についてのお問い合わせは、エバンジェリスト長沢に直接お願いします。   モダンなチーム開発環境でのツール連携資料 こちらの資料は、チーム開発を行う開発環境を構築する際に、検討すべき開発ワークフローとそこでのツール検討に役立つスライドを提供しています。 アトラシアン製品をご利用・ご検討いただいている場合は、そのままご利用いただけますので、ご自身の現場でできていること、できていないことなどを見極めたり、現場のメンバー、意思決定者とコンセンサスを取る際に活用いただけます。 すでにアトラシアン製品を2つ以上導入されている場合は、この資料を参考にしていただき、現場で実践していない連携や自動化ポイントがないか、それらは連携・自動化する必要がないかどうかを見極めたり、現場メンバーでコンセンサスを取る際に活用いただけます。 上記の

続きを読む »

Atlassian Connect for Bitbucket: クラウド上でワークフローを拡張する新しい方法

300 万人以上の開発者と 45 万以上のチームが、ソースコードの管理と協同作業に Bitbucket を使用しています。しかし、コードの協同作業とは、ソフトウェアチームがソフトウェアの納品に向けて日々行っている作業のほんの一部に過ぎません。 今日、密に統合されていないツール類を用いて優れたソフトウェアを納品するには、コンテキストの切り替えを気にしながら作業する必要があります。統合を行った場合でも、ツールチェーンを継続的に維持するのは大変な作業となり、またカスタマイズしたやっかいなコードも大量に扱うことになります。また、このようなコードは定期的にメンテナンスする必要があります。 これは開発チームが毎日直面している問題です。現在ソフトウェア業界で利用可能な統合アーキテクチャの多くは、この問題のごく一部しか解決していません。ごく単純な統合を行っているだけであり、チームがより密接に連携したり、ワークフローをより統一するための妨げになっています。 ありきたりなプラットフォームではない この問題を解決するために、Bitbucket

続きを読む »

クラウド上で継続的デリバリー。Bamboo 5.9 で実現

統合や開発にずっと専念している人でも、まだ始めたばかりの人でも、最優先で取り組むべきことの 1 つは、スムーズな継続的デリバリーのルートを作り上げ維持することでしょう。当社は本日、Cloud と Server の両方に新機能や改良を施した、Bamboo の新リリースを喜んで発表させていただきます。 詳細は以下をご覧ください! 3 つのステップで Bamboo を無料でお試しいただけます! そうです、聞き間違いではありません!

続きを読む »

Git ウェビナー公開 : チームに合わせて成長する 大規模環境 Git

Git が普及している理由や、Stash と Stash Data Center がプロフェッショナルな開発チームにおける Git の利用拡大に貢献している状況について、アトラシアンの開発者向けツールのプロダクトマーケティングマネージャーである Kelvin Yap が先週プレゼンテーションを行いました。お客様の開発チームがセキュリティや拡張性、高いパフォーマンスの維持などといった面で問題を抱えており、それらの問題に対処するために

続きを読む »

Stash が AWS に対応。デプロイメントの柔軟性が向上

柔軟性はあらゆる専門チームにとって留意すべき重要項目です。その関心内容がインフラへのニーズ、ワークフローへのニーズ、拡張性へのニーズであろうとそれは変わりません。アトラシアンでは製品開発時にまず最初に検討されるのが柔軟性です。それが広く認められているアトラシアンの特長であり、カスタマーに愛されている点です。特にインフラに関して、このニーズは変容しています。一昔前までは、手頃な価格で安全かつ拡張可能な

続きを読む »

SourceTree はまだ始まったばかり

ここ 1、2 か月の間、アトラシアンが SourceTree への投資を続けることを確約するのかどうかという点に関する相当数の記事やツイッターなどを継続的に見かけました。私たちの側で沈黙を守っていたこともその一因です。もっと早く最新の状況をお知らせするべきでした。 自己紹介 SourceTree のフォロワーになっているユーザーの多くは、Steve Streeting や Kieran Senior の投稿を読んでいると思います。従って、この記事を書いている私は一体誰なんだという疑問を持たれるのは自然なことです。私の名前は

続きを読む »

Docker machine スクリーンキャスト: アトラシアン製品をどこででもデプロイできる!

まだ開発の初期段階にあるとはいえ、Docker Machine はとても強力なツールであり、Docker エコシステムにおいてとても魅力的な 3 つの新しいもののうちの 1 つです。その他の 2 つは compose と swarm です。Docker machine は何をするのでしょうか? ローカルマシン上やクラウドプロバイダー上で Docker ホストを作成したり管理したりすることができます。 エンタープライズ向け Git リポジトリ管理製品

続きを読む »

Stash 3.7 リリース。さらに作業を効率化

アトラシアンにとって 2015 年初の公式フィーチャーリリースとなる Stash 3.7 のリリースを発表いたします。今年 1 月にリリースされた Stash 3.6 はバグ修正と改良が中心でした。先週は Stash Data Center の一般向けリリースをお伝えしました。今年の滑り出しは本当に好調です。 今すぐ Stash 3.7 トライアル それでは Stash 3.7 の優れた新機能を簡単に紹介します: マージ時に収集するデータ量が拡大 多くのユーザーの皆さんから、プルリクエスト

続きを読む »

Stash の Docker 対応

Docker は世界中のソフトウェア開発チームに採用され「急速に成長中」です。 アトラシアンは当初から Docker の可能性を高く評価してきました。実際、初期にはコンテナでの Java の起動方法に関する記事を出し、Docker コンテナを使用してアトラシアンのクラウド環境でアプリケーションをデプロイするアトラシアン内部のセルフサービスモデルを作り出しました。また、アトラシアン製品をコンテナ化する実験も行いました

続きを読む »