Archives for Mike Cannon-Brookes

自由な空気に焦がれる疲れ果てた人々へ | Atlassian Blogs

Atlassian is open, inclusive, fair, and just. That’s what we will continue to champion for Atlassian, and it’s also what we want for the world. 情報源: Your tired, your poor, your huddled masses yearning to breathe free… | Atlassian Blogs   社会的にも政治的にも困難な情勢が続いています。 スコットと私としては、トランプ大統領が大統領就任後の最初の週に下した多くの決定にスコットと共に断固反対しています。アトラシアンの価値観や、アトラシアンのオープン性、インクルージョン、多様性、受容の精神に反する決定には特に反対です。 7つの国

続きを読む »

Atlassian + Trello: チームの仕事の仕方を変える | Atlassian Blogs

We're thrilled to announce our agreement to acquire Trello! Learn more about our plans to add their amazing product to our growing family. 情報源: Atlassian + Trello: changing the way teams work | Atlassian Blogs 我々が15年前にAtlassianを創業したとき、ソフトウェアがチーム作業をより良くすることができるというのは、我々にとって明らかな気がしていました。しかし当時は、ほとんどのソフトウェア会社は個人の生産性を伸ばすことに集中していました。我々は、共同作業を成し遂げるために個人向けにデザインされたツールを使うのは、はさみで芝刈りをするのに似ていると感じていたのです。すなわち、実行することはできても、それは必要以上に困難なのです。我々が当初からチームのためのツールを作ることに集中したのはそれが理由です。 今現在でも、チーム用のソフトウェアを作っている会社は依然として驚くほど少数です。Trello はその中で大成功を収めた会社のひとつです。過去5年以上に渡って、Trelloは

続きを読む »

「Team」の年

共同創立者のスコットと私は、仕事が産業革命以来最大の変化に直面し転換点を迎えていると考えています。グローバル化、ギグ・エコノミー、人材ギャップ、キャリア期間の長期化、現在あらゆる企業がソフトウェア企業になりつつあることの影響、これらがかつて見たことがないほど複雑で困難な原動力となっています。世界中に 9 億人のナレッジワーカーが存在しますが、生産性において最も重要となる観点は、彼らがこの新しい現実世界でどのように共同作業をするかということです。 そのため、チームワークを確立することが私たちの時代を特徴づける挑戦であり、機会でもあります。それにより、各産業は世界が必要としていること、たとえば、癌治療、クリーンエネルギーの開発、世界的飢餓の解決、火星の植民地化などが達成できるのです。それがアトラシアンで私たちが取り組んでいる仕事です。私たちは、チームワークの重要な要素をサポートするチームを対象として、果敢にもオペレーティングシステムの開発に取り組んでいます。チームワークの重要な要素とは、組織化、議論、そして仕事の完遂です。 チームワークを成功させることは、現代の明瞭な挑戦であり機会である。 Tweet //

続きを読む »

皆さんがやりました!アトラシアンはルーム・トゥ・リードに100万ドルを寄付

スターターチームの全員への多大なる感謝とともにこのブログを投稿しています。 もしあなたがスターターライセンスの顧客の一人であるならば、あなたのおかげで、この少女たちは学校に行けるのです。この少女たちです。この写真に写っている少女たちです。 それは本当に素晴らしく、素敵なことで、信じられないほどのことです。 ありがとう。 スコットと私がアトラシアンを始めたとき、社会的に責任を持ち、所属するコミュニティのことを大事にする企業にしたいと思いました。私たちはそれを顧客の助けによりできるとは全く思っていませんでしたが、文字どおり私たちは人生を変えることができました。 アトラシアンはルーム・トゥ・リードに100万ドルを寄付 ルーム・トゥ・リードへの寄付が100万ドルのマイルストーンに到達したのを今日発表でき、私たちは大変誇らしく思います。シドニーオフィスにおいて、今夕、ルーム・トゥ・リードの創設者であるジョンウッドに、小切手を手渡しいたします。彼の素晴らしいチームがそのお金を使ってどんな偉大な仕事をしているかについて、彼は私達のスタッフに話してくれる予定です。 そのお金は、スタートアップ企業や小規模なソフトウェアチーム向けの10ドルのライセンスである、アトラシアンのスターターライセンスの売上から全て調達されました。スターターライセンスの売上の100%がルーム・トゥ・リードに寄付されます。私たちは、25,000ドルを寄付することを目標に2009年4月にスターターライセンスプログラムを開始しました。そのプログラムがこんなに成功して、大きく、早く成長するとはそのとき思ってもいませんでした。 世界の何万ものソフトウェアチームやスタートアップ企業や、何十万人ものデベロッパーが、毎日スターターライセンスを使用しています。しかし、彼らはその購入が与えているインパクトに気づいていないでしょう。 100万ドルは何を意味しますか? では、スターターライセンスの顧客やルーム・トゥ・リードとともにアトラシアンは具体的に何を行ったのでしょう? 2010年末までに、アトラシアンは4カ国において45,500人以上の子どもたちに影響を与えました。地元のコミュニティと協力し、私たちは4つの学校を建て、99の図書室を作り、2つの地元の言語で書いた本を出版し(それぞれ10,000部を出版)、そしてそれがなければ学校に行けなかったであろう430人の少女に奨学金を提供しました。 そして、それでも100万ドルの全てではありません。私たちはその100万ドルのうちの20万ドルをちょうど送ったところで、ベトナム、カンボジア、スリランカ、ラオスにおいて子供たちの識字プログラムに分配され使用されます。 はい

続きを読む »