Archives for Giancarlo Lionetti

Stash 2.7 リリース: JIRA と Stash で開発ワークフローを最適化しよう

製品開発チームの高い生産性を維持するために、開発ワークフローの最適化は欠かせません。結局のところ、コードを書いていない一分一秒は無駄な時間です。Stash 2.6 では、フォーク同期とリポジトリ検索を使い、開発者に無駄な時間を削減する方法を提供しました。Stash 2.7 では、この開発ワークフローの最適化というテーマへの取り組みをさらに進め、毎日使用するツールからより多くの情報をいつでも簡単に入手できるようにしました。 ここに発表する強力な機能はソースコードと

続きを読む »

Stash 2.6 : フォークの同期、監査ログ、リポジトリ・クイック検索

開発者は常に「フロー」を求めています。中断は集中の妨げとなるからです。私達が知っている多くの開発者は、仕事に来て、クリーンなコードですばらしいものを作り上げたいと考えています。そんな彼らが時間を費やしたくないものは何でしょうか? フォークしたリポジトリを手作業で同期することや、サーバーログにアクセスするためのパーミッションを得るためにITと争うことです。このような作業で横道にそれてしまうと、コーディングに費やす時間が減り、コーディングに費やす時間が減れば、開発者は神経質になります。中断を削減するには、繰り返し作業を自動化する方法があります。開発者の作業から面倒なルーティン作業を取り除けば、開発者はフロー状態を保てます。 Stash

続きを読む »

Stash 2.5: プロジェクトやリポジトリへのパブリックアクセス

セキュリティーと利便性はソフトウェア開発において誰もが直面するトレードオフの関係にあり、コードをホストする場合にも当てはまります。エンタープライズグレードのリポジトリ管理における課題のひとつは、コード内の外部公開部分をアクセスが必要なユーザーに安全に公開しつつ、知的財産を保護することです。 私たちはこれまで柔軟かつ緻密なコード公開機能を提供してきました:

続きを読む »

高速になった FishEye 3.0 / Crucible 3.0 をリリース。コードの検索、可視化、そしてレビュー。

FishEye 3.0 と Crucible 3.0 をご覧ください。コード検索、可視化、そしてレビュー機能の大規模アップデートが、開発チームの毎日の仕事をよりスピードアップさせるでしょう。このリリースによってデベロッパーは、コードリポジトリ全体の変更の管理、知識の共有、そしてコラボレーション・サイクルの加速を可能にする、より力強い方法を得る事になります。特に Subversion

続きを読む »

Stash 2.4 リリース: エンタープライズでフォークする

Git が分散型であるという性質のため、プロジェクトの共同作業をどのように進めていくかを選択する際に、開発チームには多すぎるほどの選択肢が与えられることになります。開発中のプロジェクトを Git に移行しようとするチームには、分散したエンタープライズという環境下で、コードを使用して最善の仕事を行うために、十分なフレキシビリティーが求められます。ブランチやフォーク

続きを読む »

Stash 2.3 リリース: Crowd シングルサインオン、ブランチクリーンアップ、Git サブモジュール

リリースサイクルを回すことに集中し、最もリクエストの多かった Stash 機能を実装した結果が、本日リリースした Stash 2.3 です。Stash 2.3 は、エンタープライズチーム向けの機能 (シングルサインオン) と Git オペレーション (サブモジュール認識とブランチ削除) を導入し、Stash をさらにスケーラブルなものとしました (SCM キャッシュプラグイン)。 Stash 2.3 無料トライアル Crowd

続きを読む »

SourceTree for Windows 紹介 – Git 用無料デスクトップクライアント

アトラシアンの分散バージョン管理システム (DVCS) ファミリーに SourceTree for Windows を追加しました。この紹介ができることにとても興奮しています。 SourceTree は Windows で作業する開発者向けの無料 Git デスクトップクライアントです。SourceTree の美しくシンプルなインターフェース を用いてコマンドラインに別れを告げ Git の力を最大限に利用しましょう(そして Mac ユーザーの友達が

続きを読む »

Stash 2.2 リリース:Git フックでワークフローをカスタマイズ

Git ワークフローには一つとして同じものはありません。すべての開発チームは同じではないので使用するワークフローも違います。全ての開発チームが使える単一の「ベスト・プラクティス」を生み出すことは不可能です。Stash 2.1 において私たちは Git を利用した開発を簡単にしました。JIRA 課題や Bamboo ビルドなど、プルリクエスト内の変更に影響する重要な情報を提供することによってです。 本日リリースする

続きを読む »

Stash 2.1:プルリクエスト、課題、ビルドを統合

*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2013 年 2 月 5 日 “Stash 2.1: Pull Requests, Issues, Builds – Integrated“ プルリクエスト - コードに関する議論の中心です。Stash 1.3 でプルリクエストを導入し、Stash 2.0 で誰がプルリクエストのマージを実行できるのかを制御可能にしたブランチパーミッションを追加して以来、私達はプルリクエストをさらに開発者に役立つものにしようと考えてきました。 本日リリースした

続きを読む »

Stash 2.0 – 強力な Git を思い通りにコントロール

*本ブログは Atlassian Blogs を翻訳したものです。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。 *原文 : 2012 年 12 月 5 日、Giancarlo Lionetti 投稿 "Stash 2.0 – Powered by Git. Controlled by You." Chocolate rain、rage face、double rainbow.(訳者注:どれもインターネットで急速に広まったものです。これとか、すごいリアクションのこれです。) インターネット・ミームは山火事のように広まっていきます。もし知らなかったとしても、次の瞬間には韓国の歌を口ずさんでいるでしょう。ほとんど意味は分からないけれど、馬に乗るようにダンスして。(訳者注:もはや説明は不要だと思いますが

続きを読む »