先日9月18日から20日まで広島で開催された RubyKaigi 2017今回初めて協賛し、ブース出展を行いました。どのような雰囲気なのかワクワクと緊張した気持ちでいましたが、3日間で 200 名以上の方にブースにお越しいただき、おかげさまで本当に楽しく有意義に過ごすことができました。アトラシアンのブースにお越しいただいた皆様および温かくコミュニティに迎え入れてくださった皆様に大変感謝いたします。

今回のスポンサーの目的は、主にユーザー調査です。アトラシアンでは、「顧客の望む製品の開発」にフォーカスして会社が動いています。したがって、このようなコンファレンスで実際にお使いいただいている方々にお会いし、アンケートにお答えいただいたり直接お話しする機会は非常に重要だと考えます。

おかげさまで、今回のイベントではユーザーとユーザーでない方を含め合計 200 のアンケート結果を得ることができました。皆様のご協力に大変感謝いたします。こちらのアンケートの結果は社内で共有させていただき、Rubyist の皆様を支えるツールとして今後の一層のサービス及び製品向上に努力を続けてまいりたいと思います。こちらのブログでは、簡単にアンケート結果とエクスピリエンス向上に役立つ情報を共有します。

 

 

Rubyists が使っているアトラシアンツール

アトラシアンのブースにお越しいただいた方のうち、約 80 % の方が既にアトラシアン製品をお使いいただいておりました。そのうち、約 65% の方に Bitbucket をご利用いただいています。ちなみに、学生の方は無料でBitbucket アカウントをアップグレードすることができます。こちらをご覧ください。 

”現在使っているアトラシアンツールを教えてください”

また、34% の方に Jira を使っていただいていることがわかりました。Jira は、昨年目的に合わせて 3 種類の製品がリリースされました。ご存じない方も結構いらっしゃったので、ここで紹介しておきます。(ちなみに今回のロゴリニューアルで Jira の綴りが、「JIRA」から変更されました。)

  • Jira Software – 開発チーム向けの Jira。スクラムボードなどがデフォルトで搭載されています。
  • Jira Service Desk – Jira をプラットフォームとして利用するサービスデスクです。課題作成用のポータルの作成や SLA の設定、ワークフローの自動化を簡単に行うことができます。
  • Jira Core – シンプルにされたビジネス向けのJira です。カンバンボードがデフォルトで搭載されています。

Rubyists がアトラシアンを知っている理由

”アトラシアンをどのように知りましたか”

社内ツールとして使われていることをきっかけにアトラシアンを知ったというケースが多いようです。

アトラシアンは、チームをより良くしたいと活動している人を強くサポートします。大小関わらず、アトラシアン製品に関する社内勉強会やセミナーを開催される際にはカンパニーユーザーグループ を是非ご利用ください。グッズを提供したり、アトラシアン社員にスピーカー依頼などすることができます。

Rubyists の製品の満足度について

ほとんどの方に、製品について満足していただいているという回答を得ることができました。ありがとうございます!

 

Rubyists の興味のあるアトラシアンツール

無料で始められる管理ボードツールの Trello がアトラシアンに今年仲間入りしましたが、ご存じない方も結構おられました。Trello につきましては、Head of Product (元 CEO) の Micheal Pryor が 11月に行われる Tech Crunch に登壇し、東京でいくつかのイベント開催を予定しています。Trello の今後や色々な使い道を知りたい方は、是非ご参加ください。私たちの FacebookTwitter から最新情報を得ることができます。

”他に興味のあるアトラシアン製品を教えてください”

Rubyists が今後アトラシアンから欲しい情報

先日行ったアンケートでも、リリースやアップデートに関する情報が欲しいをいう声が多くありました。それを受けまして、オンラインニュースレターを作成しました。こちらに最新情報のリンクをまとめていますので、ご利用ください。また、TwitterFacebook でも随時最新情報をアップデートしています。

”アトラシアンから今後欲しい情報を教えてください”

チームワークやビルディングについても、よく要望を受けます。現在、チームワークやビルディングに関するイベントを計画しています!楽しみにしていてください。アトラシアンのイベントは、こちらにリストされます。また、ユーザーグループもそういった知識を多く持っていますので、是非ご参加ください。

その他

コメント欄でたくさんの温かい応援のお言葉をいただき、感動しました。製品や技術的なご要望に関しては、是非アトラシアンのオンラインコミュニティをご利用ください。こちらで、製品や git、アジャイルなどに関するヒントをアトラシアンから発信しています。

最後に

沢山のご意見をありがとうございました!また、初めての RubyKaigi ということでかなりアウェーに感じていたのですが、実際には本当にみなさんフレンドリーな方が多く沢山のお友達ができました。Ruby に関わりのある方は、来年は仙台で開催されるようですので是非参加してみてはいかがでしょうか?今後とも開発者がコードに集中できる環境を支えるプラットフォームとして、アトラシアンをどうぞよろしくお願いいたします 🙂

アトラシアンの全製品を見る

 

About 犬山 奈穂

サンフランシスコで、米企業でエンジニアとして勤務の後、2014 年 8 月にアトラシアン株式会社に入社。ユーザーの皆様がアトラシアン製品を通じて最高なチームワークを体験できるよう、全力サポートします :)

View all posts by 犬山 奈穂 »