Atlassian is open, inclusive, fair, and just. That’s what we will continue to champion for Atlassian, and it’s also what we want for the world.

情報源: Your tired, your poor, your huddled masses yearning to breathe free… | Atlassian Blogs

 

社会的にも政治的にも困難な情勢が続いています。

スコットと私としては、トランプ大統領が大統領就任後の最初の週に下した多くの決定にスコットと共に断固反対しています。アトラシアンの価値観や、アトラシアンのオープン性、インクルージョン、多様性、受容の精神に反する決定には特に反対です。

7つの国 (シリア、イラン、イラク、スーダン、ソマリア、リビア、イエメン) からの難民とビザやアメリカ永住権の保持者全員の入国または外国への渡航を禁止するトランプ大統領の大統領令は、私たちの個人的な価値観やアトラシアンの価値観、それにアメリカの建国理念とはかけ離れており、すべての愛ある人間への侮辱だと考えます。

私は移民です。私は人間です。オーストラリア風に言えば「こんなの間違ってる、○○ったれ!」です。今、起きているのは明らかに間違ったことで、間違ったことが起きている時に立ち上がって意見するのは大切だと思います。

この大統領令によって影響を受けたり今後影響を受けるかもしれない友人や家族がいる人は多いでしょう。恐れや不安によって大きな心理的負担がかかることは言うまでもありません。私たちは何があろうと皆さんのために全力を尽くし、できる限りの支援をします。

スコットと私は自分たちの信念を反映させるためにアトラシアンをつくりました。私たちが目指したのはオープンで受容性があり、公正で公平な会社です。私たちは今後もその精神を守り続け、また世界中でそれが実現することを望みます。アトラシアンはすべての人に開かれたチームです。 最も大きな影響力を持つチームとは最も多様な視点を持つチームだと私たちは考えます。今後も人種、性別、性的指向、国籍、宗教、その他の特性に関係なく自分の価値観に従って生きる人たちとチームを組んでいくつもりです。

未来は常に予測可能ではありませんが、自分たちがどう振る舞い、どうお互いに支え合うかを選ぶことは可能です。誰もが信念に基づいて行動する手段を持っているのです。私たちは間違ったことがあればいつでも立ち上がって大きな声を出し、それを正そうと努力することができます。

変化はあなたの声から生まれます (それに私の声からも)。あなたの意見を表明してください。他の人たち、特に立場の弱い人々や無視されている人々を擁護するために声を上げてください。それこそがチームによる連係プレーの真髄なのです。