In Bitbucket Server and Data Center 4.13, we’ve simplified the process by letting you edit files inside of Bitbucket. To help make your change, the editor pre-selects a syntax based on filetype, lets you add a commit message, and even offers the option to create a pull request on push. With no need to do anything locally, simple changes can be applied much more quickly.

情報源: Bitbucket Server 4.13 brings in-browser editing and more | Atlassian Blogs

この時期、”単純化” という言葉を多く聞きませんか。皆、新年の抱負を決め、余計なものを除去して、より効率的に集中して作業を行おうとしています。 Bitbucket チームでも、単純化に努めています。 それが私たちの2017年初めてのリリースに、毎日の仕事をちょっと楽にするいくつかの新しい機能が含まれている理由です。

ブラウザでファイルを編集

タイポを修正したり、READMEファイルを編集したり、その他の小さな変更を加えたりするためには、小さな変更である割に、非常に多くの手順を踏まなければなりません。まず、ローカルでリポジトリを複製し、変更を加え、次に Bitbucket に戻し、そして最後に必要に応じてプルリクエストを作成します。気づかないうちに、簡単なスペルの修正に5分や10分かかっていまいます。ローカルで変更を加えるほどの準備を整えていない人たち、たとえばGitをインストールしていないドキュメントのライターにとっては、これは本当に大変なことなのです。

今回 Bitbucket Server および Data Center 4.13 では、Bitbucket 内でファイルを編集できるようにして、このプロセスを単純化しました。 変更を行いやすいように、ファイルタイプに基づいてエディターがシンタックスを事前に選択し、コミットメッセージを追加できるようにし、プッシュと同時にプルリクエストを作成できるオプションまでもご用意しました。ローカルで何もしなくて済むので、より迅速に変更を加えられるようになります。

関連するJIRA Softwareの問題を簡単に検索

私たちはここ数年で、JIRA Software および Bitbucket の統合を大幅に強化しました。JIRAのスマートコミット、埋め込み式の課題情報開発パネルといった機能により、可視性が向上し、時間を節約できるようになりました。この統合への継続的な集中の一環として、今回、小規模ですが強力な JIRA の課題統合の改善をリリースしました。Bitbucket の UI 全体で、JIRA 課題キーが JIRA へのハイパーリンクになるように修正されており、関連する問題を見つけ、掘り下げるのが簡単になりました。コミットメッセージ、プルリクエストのタイトル、ブランチ名でキーがクリックできるようになりました。

Bitbucket Data CenterSAML 2.0 ビルドイン サポート

Data Centerでのユーザー管理の単純化をご待望の管理者の皆様のために、SAML 2.0シングルサインオンサポートが、追加設定なしでご利用いただけるようになりました。 お使いの既存のインフラストラクチャーにSAMLサポートが統合され、 デベロッパーの皆様がより安全かつ簡単な方法でログイン出来るになります。1つのユーザー名とパスワードしか持たないということは、ツールにより速くアクセスでき、管理者へのパスワードリセットのリクエストが減るということを意味します。

私たちは、Okta、OneLogin、Azure,、Active Directory (ADFS)、Bitium、PingOneなどの多くの人気のアイデンティティ管理プロバイダーに対応しております。

Bitbucket Server 4.13にアップグレード

あなたの新年の抱負が何であれ、私たちは皆、生活の中でちょっとした単純化を行うのは大切です。こういった、小さな改善が大きな結果に繋がるのです。今回の場合は、ツールを切り替えたり、リンクを見つけたり、パスワードと格闘する時間が減りますので、本当に重要なタスクのために費やす時間を増やすことが出来ます。

Bitbucket Server 4.13 にアップグレードする