この記事は、4 Atlassian enterprise announcements you don’t want to miss By Cameron Deatschを翻訳したものです。

 様々な組織で、チーム作業のためにAtlassianアプリケーションの採用が標準化し始めています。彼らが見立てたように、私たちのアプリケーションは、組織運営に必要不可欠でなくてはならない存在となっています。2年前、私たちはJIRA SoftwareのData Center版、Bitbucket、 Confluence、そしてJIRA Service Deskをリリースし、顧客が彼ら自身の組織全体で不可欠なAtlassian のアプリケーションを得られるべくセルフホストの開発オプションを提供しました。Data Centerは、Atlassianのアプリケーションを2つの点で輝かせてくれます。それはここぞという時の高可用性とハイパフォーマンスです。Atlassianのツールを標準的に使っている組織内では、これが特に顕著になります。

現在、私たちはData Center製品への投資を加速させており、使い方の柔軟性、認証、コントロール、高可用性とハイパフォーマンスへの需要の高まりの声に応えることができるようになってきていることをうれしく思っています。 また、新たな製品がデータセンターのファミリーに加わります。(hug)

AWSへの柔軟性なデプロイ

私たちは、お客様が選んだ環境下で Data Center を簡単にデプロイ、管理できるようにしたいと考えています。従来のようなサーバーのホスティングの代わりに、ますます多くの組織が低コストで柔軟なインフラサービスのプロバイダーに切り替えていっています。事実、AWSでのAtlanssian生産実例の割合は、過去3年で2倍以上になりました。「顧客達が、それぞれのAtlassianアプリケーションに必要な柔軟性を持った長期的なアーキテクチャを正しく選んでくれることは、私たちにとって重要です。」とAtlassianのサーバービジネス担当責任者ブライアン・ローリンズは話しています。

本日弊社は、アマゾンウェブサービス(AWS)とのコラボレーションを発表します。これによって顧客は、インフラストラクチャー配置と費用を最小化しつつ、Amazonによるホスティング能力を最大限に使用できるようになります。「新しいこれら2つのQuick Startsのリリースは、Atlassianと関係性をさらに強化するものとなりました。」とAWSディベロッパーのプロダクティビティとツール担当のVP、スコット・ウィルタムスはコメントしています。「さらに、AWSクラウドの柔軟性、スケーラビリティ、レジリエンスを活かすために、私たちの共通の顧客が素早く簡単に JIRA Software Data CenterとBitbucket Data Centerをデプロイできる手助けにもなるでしょう。」

aws

私たちはAWSと協力し、AtlassianのためのAWSクラウドフォーメーション・テンプレートによるQuick Startガイドを開発してきました。これによって、顧客の皆さまはロードバランサ、データベース、その他全ての必要なコネクティビティを含むData Centerクラスタを数分でデプロイできるようになりました。これらのガイドには設定の仕方とベストプラクティスも含まれ、オートスケーリングやインスタントプロビジョニングなどのAWSの便利な機能をチームで簡単に利用できます。これらの機能は、伸び続ける需要に応えてData Centerを測ることを簡単にしてくれます。もっとチームを増やしたい場合でも、AWSがあれば、問題なく仕事に支障をきたしたり、管理者にマニュアルをいじられることなく、自分の環境をユーザー負荷に応じて自動操作できます。

AWS上でのData Centerデプロイと運営がいかに簡単か、ウェビナーに参加してご確認ください。

利用可能な製品: Bitbucket Data Center 及び JIRA Software Data Center – その他のデータセンターへの対応はもう直ぐです。弊社サーバー製品のAWSもサポートしますので、どんな規模のチームもAWSが提供する設計の安心から恩恵を得られます。

Data CenterのためのSAML 2.0 シングルサインオン

多くの組織が安全のために、日々チームで使う製品全体でシングルサインオン (SSO) へと切り替えています。Atlanssianアプリケーションが組織にとって欠かせない生産性の中心であり、全アプリケーションにまたがった簡単なアクセスが弊社の多くの顧客にとって極めて重要であるため、彼らはData Centerを選んでます。 AtlassianのData Center製品のためのSAML 2.0サポートを使えば、管理者はユーザ認証を管理するためにSAMLプロバイダーを特定できます。

私たちは、Okta、OneLogin、Azure、Active Directory (ADFS)、Bitium、PingOneなど人気の身元管理プロバイダーをサポートしており、今後も増える予定です。ユーザーはこれまでより少ないパスワードを覚えればよく、管理者はより少ないリセットチケットを完了すればよく、全員にとってウィン・ウィンな結果です。加えて、SAML設定のための申請はほんの2、3の簡単なステップで完了できます。

利用可能: Bitbucket Data Center 及び JIRA Software Data Center – その他のデータセンターへの対応はもう直ぐです。

JIRA Software Data Centerのためのゼロダウンタイム・アップグレード

data_center_summit_announcements_blog_-_server_marketing_-_extranet

Data Centerの提供とともに、双方向クラスタリングとディザスタリカバリを通して計画上にないダウンタイムを取り除きました。しかし、アプリケーションのアップグレードとメンテナンスのための計画上のダウンタイムはどうでしょうか? 24時間体制でチームが働くグローバル組織では、チームの生産性に影響しない計画的ダウンタイムの時間を見つけることはほぼ不可能です。そのため、多くの管理者はアップグレードとメンテナンスを夜間や週末に予定しています。しかしその必要はなくなりました。間もなくあなたは、全てのJIRA Software Data Centerアップグレード手順をより頻繁に管理でき、チームに向けて最新の最も優れたJIRA Softwareを提供できるようになります。

JIRA Software Data Centerのためのゼロダウンタイム・アップグレードで、クラスターを分解せずにノードを一つずつアップグレードできます。それに加えて、スムースで中断されることのないアップグレードをお届けするために、クラスターのヘルスとステータスに関してより多くのモニタリングデータを公開しました。

ダウンタイムなしのアップグレードとは、より頻繁に最新のセキュリティパッチを得て、バグを修正し、そしてもちろん、新しい機能をあなたのチームにより早く届けられることを意味します。

HipChat Data Centerのベータ版

共同作業は、うまく機能するチームの重要な要素です。HipChatを使えばあなたのチームはリアルタイムで共同作業できます。世界中で1対1やグループでのメッセージを使い、全員で同じ情報を持ち、必要に応じて問題提議できます。HipChatは企業文化に素早く溶け込み、チーム作業の欠かせない要素となります。今日、私たちは HipChat Data Center のベータ版を正式リリースしました。チームに向けて、あなた自身のインフラストラクチャーで、リアルタイムの共同作業を大規模に発信してください。

hipchat data center

HipChat Data Center 間もなく、それぞれのビジネスにおいて顧客の皆さまは、稼働時間とパフォーマンスに自信を持って全ユーザーを対象にオンプレミス版HipChatをデプロイできるようになります。ベータ版に今すぐ申し込みましょう!

弊社は、顧客の皆さまがビジネスに必要不可欠なニーズをサポートするのに毎日頼ることのできる製品の提供に取り組んでいます。Data Center製品ラインへの引き続きの投資により、皆さまのビジネスに求められるデプロイの柔軟性、認証、コントロール、高可用性とハイパフォーマンスをお届けできるでしょう。

*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2016 年 10 月 12 日投稿 “4 Atlassian enterprise announcements you don’t want to miss