アトラシアンには10ドルで購入出来るスターターライセンスというライセンスがある事をご存知でしょうか?10ドル、日本円にしてみれば1,000円程度で本格的なプロジェクト管理ツールやコミュニケーションツールをご利用いただく事ができるのです。

starter

スターターライセンスでは、アトラシアンが提供している各製品がServer版(オンプレミス)は10ドルで永続ライセンスが入手可能、Cloud版は月額10ドルで利用可能です。しかも、10ユーザーまでであれば特別な資格も必要なく機能制限なしで使用する事ができます。(一部製品は制限ユーザー数が異なります)

スターターライセンスはスタートアップや小規模なチームが予算を気にせずチームのコミュニケーションとコラボレーションを強化できるようにするために導入されたライセンスです。これはアトラシアンがまだ従業員10人程度の規模だった頃に欲しかった価格と機能を同様のチームに提供できるようにと用意したライセンスです。

 

例えば、ソフトウェア開発チームとしてJIRA Software, Confluence, Bitbucket, Bambooをスターターライセンスでご利用いただくと、企画から開発、デプロイまでのコラボレーションの強化をたった40ドルで実現する事ができます。
先日の日経BP主催のEnterprise Development Conferenceで弊社エバンジェリストの長沢がこれらのツールを使用してビジネスのリードタイムを短縮する流れを紹介しましたが、この流れを40ドルで構築できると考えれば非常に効率の良い投資と言えるかと思います。
その際のスライドはこちらでご覧いただく事ができます。

すべての開発現場をモダンなチーム開発環境にするためのツールチェーン
スクリーンショット 2016-08-26 11.40.42
(Enterprise Development Conference 2016/8/25)

合わせてこちらのデモ動画をご覧いただくと、JIRA Software, Confluence, Bitbucket, Bambooがどのように連携するかを理解いただけるかと思います。

アトラシアン製品で実現するスムーズな情報追跡(YouTube)
スクリーンショット 2016-08-26 11.42.39

 

また、Server版のスターターライセンスの売り上げはRoom to Readというチャリティ組織に全額寄付されます。Room to Readは図書館や学校を設立したり、現地語の本を出版したり、読書プログラムの主催などを通じて途上国の教育向上を支援する組織です。アトラシアンはスターターライセンスを通じて社会への貢献も行っています。

RTR Logo_color

10ドルで始められるスターターライセンスはスタートアップだけでなく、部署単位での小規模からの運用や長期間の評価に最適です。プロジェクト管理ツールには非常に高価なソフトウェアも少なくありません、そのようなツールで導入がうまくいかなかったらどうしいようと悩むよりは、スターターライセンスで小規模から運用してみるのはいかがでしょうか?

About 新村 剛史

"I am always with developers."をモットーに開発者の皆様をツールを通じて支援していきます!

View all posts by 新村 剛史 »