Sapporo ComCamp 2016

2016年2月20日主に Microsoft 技術系のコミュニティが日本全国で一斉に開催する Japan ComCamp 2016 が開催されました。私は札幌会場での講演オファーをいただき、講演させていただきました。

 

これだけDevOps

このセッションタイトルに込めた意味と意図は、それぞれが言う、描く、DevOps が異なっているという現実と、「まだ、”DevOps” で消耗しているの?」という冒頭に出したスライドから考えていただければと思います。

「あの人が言っていた DevOps」「あこがれの某社が実践している DevOps」から「全て解決 DevOps ツール」「これをやっていなかったら DevOps とは言えない!DevOps プラクティス」といったように、いろいろな解釈とともに、強迫観念もたくさん出回っています。

このセッションでは、「世の中の情報は参照情報として、そもそもなんであなたの現場は DevOps 考えているの?流行っているから?声の大きい誰かがいっているから?とあるベンダーが最近になって DevOps, DevOps 行っているから?」といったことについて、大切なあなたの現場で何をすべきか、地に足をつけていただくきっかけにしていただくことをゴールとしました。なので、メタなはなし、それをさらに噛み砕いた話に的を絞っています。当然ですが、ツールの話はでてきませんので、アトラシアン製品についても一切言及していません。

 

 

セッションでは、簡単なワークも2つほど実施しました。協調ワークで、協調の意味と意義を感じていただくものと、手と目を使ってマルチタスクの非効率さを体感いただくものです。

About 長沢 智治

シニア エバンジェリスト。認定スクラムマスター。 Rational Software, IBM, Borland でソフトウェア開発プロセスに関するコンサルティング活動を経て、2007年より、Microsoft のエバンジェリストに。2014年1月からアトラシアンのエバンジェリストに就任も、常に変わらず、中立なスタンスで講演や執筆、現場訪問活動を継続中。 ※日本全国、無償で出張講演しています。お気軽にご相談ください。 個人ブログ: evangelism.jp Twitter: @tnagasawa Facebook: Tomoharu.Nagasawa

View all posts by 長沢 智治 »