Git ウェビナー公開 : チームに合わせて成長する 大規模環境 Git

Git が普及している理由や、Stash と Stash Data Center がプロフェッショナルな開発チームにおける Git の利用拡大に貢献している状況について、アトラシアンの開発者向けツールのプロダクトマーケティングマネージャーである Kelvin Yap が先週プレゼンテーションを行いました。お客様の開発チームがセキュリティや拡張性、高いパフォーマンスの維持などといった面で問題を抱えており、それらの問題に対処するために Git ソリューションの採用を検討しているのであれば、このウェビナーが役に立つはずです。

録画版ウェビナー (日本語字幕付き) を見てみよう!

たった 20 分で次のような内容を学ぶことが出来ます :

  • Git の利用が急速に拡大している理由
  • プロフェッショナルな開発チームにとっての Git の利点
  • セキュリティの問題を引き起こすことなく、またパフォーマンスを犠牲にすることなく、お客様の開発チームにおける協同作業の促進やより優れたソフトウェアの開発に対してStash がどのように貢献できるか
  • Stash Data Center (既にリリースされています!) の提供によって 大規模環境 Git の利用が可能になったことがお客様のチームにおけるソフトウェアの迅速な開発にいかに貢献できるか

ウェビナー (日本語字幕付き)

Q&A における未回答の質問

ウェビナーにおいては、Q&A セッションに寄せられた貴重な質問のすべてに答えることができませんでした。以下の未回答質問集は参加した方にも参加できなかった方にも役に立つと思われます。さらなる質問がある方はコメント欄ご利用ください。

Q1: Stash Data Center の価格は、「通常の」 Stash と比較するとどのようになっていますか?

A1: Stash Data Center は、ノードごとではなく1,000 ユーザーを区分単位として定められています。価格はサブスクリプション方式で 1,000 ユーザーあたり 24,000ドルです。Stash の価格はユーザー数の区分に応じた前払い方式の価格です。詳細は Stash 価格ページ をご覧ください。

Q2: 開発者ひとりひとりが別々のブランチを生成する必要があるのですか、それとも全員が同じブランチ内で作業できるのでしょうか? また、リポジトリはアプリケーションごとにひとつですか、それともすべての開発者に対して別々にリポジトリが必要になりますか?

A2 前半 : 複数の開発者がひとつのフィーチャーに関して同時に作業している場合はひとつのブランチ内で作業することができます。このことにより、開発者はブランチのスナップショットを他の開発者と共有したり最新のものに更新したりすることが簡単にできます。

A2 後半 : リポジトリは開発の現状を知るための真実の源泉とも言えるものであり、常にひとつであるべきです。フォーキングワークフローを利用している場合は開発者がそれぞれリポジトリを持ちますが、それ以外の場合はひとつの origin リポジトリとそのクローンがあるのみです。

Q3: マイグレーションツールをサポートする予定はありますか? 私は、Perforce から Git へのマイグレーションツールで、git-p4 以外のものに関心があります。

A3: 当社では、新たな SCM マイグレーションツールを開発する当面の予定はありません。Perforce から Gitへのマイグレーションに関して質問がある場合は、他の Stash ユーザーによるアドバイスが得られる可能性がありますので、当社のフォーラムである Atlassian Answers に投稿してみることを推奨します。また、Perforce から Gitへのマイグレーション経験を有するアトラシアンエキスパートに実践的支援を依頼することも推奨します。

Q4: 複数製品のコンカレントリリースについて、ワークフローとしては貴社ではどのように扱っているか教えてください。

A4: 当社では、関連する製品の各々にひとつずつリリースブランチを作成しています。しかしながら、各々の製品ごとに別々のリポジトリを用いるのがベストかも知れません。

Q5: SVN でフィーチャーブランチを使用する場合と比較して Git におけるブランチの優れている点を教えてください。

A5: Git では、ブランチには現実に対応する概念が存在し、それはオブジェクトツリーとは別物で、インターフェイス (コマンドライン、Sourcetree、Bitbucket、Stash) におけるファーストクラスオブジェクトとして扱われます。このため、DAG における検索や解析も容易です。SVN ではいくつかのフォルダーをハックしてブランチに見せかけているだけで、ローカルなファイルツリーにその両方が存在します。このため無用の混乱が生じやすくなります。

Q6: Stash リポジトリをバックアップする方法としてどのアプローチを推奨していますか?

A6: Stash ではバックアップ方法として、Stash バックアップクライアントと DIY バックアップ機能の二つのタイプが提供されています。どちらがお客様に適しているかを判断するには、データのリカバリーとバックアップをご覧ください。

Q7: 私は現在 TFS を利用していて Git への移行を計画していますが、その方法を知るためのドキュメントがなくて困っています。Git へのマイグレーションに関するドキュメントが欲しいのですが。

A7: 現時点では、TFS から Git への移行に関するホワイトペーパーやベストプラクティスガイドは用意されていません。当社としては、他の Stash ユーザーによるアドバイスが得られる可能性がありますので、当社のフォーラムである Atlassian Answers に投稿してみることを推奨します。また、TFS から Gitへのマイグレーション経験を有するアトラシアンエキスパートに実践的支援を依頼することも推奨します。

Q8: Stash Data Center を利用する場合、ファイルシステムのリプリケーションを行うことを推奨しますか?

A8: 当然です。可能であれば、データベース、ファイルシステム、ロードバランサーなど、Stash Data Centerに関わるすべてのシステムに高可用性モデルを使用することを推奨しています。これらのシステムのほとんどでは、Stash Data Center で利用できる高可用性機能が提供されています。

Q9: Stash/Git リポジトリのサイズ増加の結果として生ずるサイズ過大への対策として推奨することを教えてください。

A9: この問題はさまざまな要因に影響されるため、すべての開発チームに適用できる対策の推奨は困難です。当社の最善策として、基本的な推奨事項集を当社の Scaling Stash ガイドに公開しています。また、他の Stash ユーザーによるアドバイスが得られる可能性がありますので、当社のフォーラムである Atlassian Answers に投稿してみることもご検討ください。

Stash トライアル


*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2015 年 3 月 6 日投稿 “Webinar Recap: Git at Scale for Growing Teams