ウェビナー要約:「JIRA Portfolio」紹介

JIRA Server 向け JIRA Portfolio が利用可能です。Cloud 向けは、2015年初頭を予定しています。詳細は下記を参照してください。

先週、JIRA Portfolio のプロダクト・マネージャーであるマーティン・サンティンガーが JIRA Portfolio に関する入門編ウェビナーを主催しました。638 もの質問を投げかけた参加者の方々は、すっかり会の主役となっていました (638 ですよ!)。マーティンがどんな状況に自分が足を踏み入れることになるのかを把握していたかは不明ですが、ウェビナーの最後に全ての参加者の質問に答えると約束したのです。その言葉通り、マーティンはそれぞれの異なる質問を読み、カテゴリー化して、これらに回答しました (合計 200)。Q&A の一覧に関してはここを参照* して下さい。また、省略版を読みたい方は以下の「マーティンの Q&A トップ 10」に目を通して下さい。それではお楽しみ下さい!

マーティンの Q&A トップ 10

Q: 見積もり (estimates) は日数/時間とストーリーポイントのどちらでしょうか?あるいは両方ですか?

A: JIRA Portfolio の現行バージョン (1.6.x) は日数もしくは時間のいずれかによって見積もりを行います。現在ストーリーポイントへの対応に取り組んでおり、これは数週間以内に提供される予定です。

Q: ストーリーポイントへの対応がリリースされたら、その大まかな仕組みはどのようなものになるのでしょうか。

A: ストーリーポイントに対応した際、大きな変更点としてスケジューリングと進捗管理の2つが挙げられます。スケジューリングに関しては、焦点が個人のリソース スケジューリングではなくチーム全体のスケジューリングになり、チームレベルのベロシティ フィールドとベロシティ予測が提供されます (直接入力するか、チームの Agile ボード上に記録されている履歴から計算されます)。これは、スケジュールにおける単位の粒度が「チーム」となり、「個別の人/リソースの入力」はオプションとなる事を意味します。進捗管理は、費やした時間ではなくストーリーポイントのバーンダウンに基づいて行われます。

Q: テーマ (theme) とは何ですか?

A: テーマとは、具体的に項目分けされたビジネス上の目標を表します。テーマは、機能的な差異で分類するのが理想的です。テーマごとのレポーティングは、各テーマに対してどれだけの時間が費やされているかを分かりやすくします。即ち、チームが実際に上層部のビジネス上の目標に集中しているか、それともそれ以外の点に労力を費やしてしまっているかを確認できるのです。

Q: 1つ以上のテーマを割り当てることは可能ですか?

A: 原則として、一番低い階層の項目には1つのテーマしか割り当てられません。よって、1つのストーリーには1つのテーマしか割り当てる事はできません。複数の子ストーリーを異なるテーマに割り当てているエピックが存在する場合、そのエピックには複数のテーマが割り当てられていることになります。あるエピック内にストーリーが無い場合、そのエピックには1つのテーマしか割り当てられません。リソースの割り当てを明確にすることが目的であるため、どのテーマにリソースが費やされているかを明確にする必要があるのです (そうしないと、リソースを複数テーマに対して分散するか、二重計上しなくてはなりません)。

Q: JIRA Portfolio によって更なるバックログのカテゴリー分けが可能になりますか?何階層まで分類が可能ですか?

A: JIRA Portfolio では複数のポートフォリオプランを作成することができ、各プランはチーム/プロジェクト横断にもできるし、単一チーム/プロジェクトに割り当てることもできます。プラン内では、作業項目を イニシアチブ > エピック > ストーリー という3階層で構成することができます。ストーリーより細かく分類したい場合、サブタスクを直接 JIRA 内を作ることが可能です。サブタスクは Portfolio に表示されませんが、進捗管理とレポーティングにおいては考慮されます。構造上、JIRA Portfolio は JIRA プロジェクトの内容をインポートでき、複数の JIRA プロジェクトから1つのポートフォリオプランへとデータをインポートすることも可能です。更に、課題にテーマ(一般的に、これは上層部のビジネス上の目標やリソース投資先の単位で表現します)を割り当てる事もできます。テーマは大まかな項目ではあるものの、イニシアチブ内の項目に異なるテーマを割り当てることができるため、テーマはもう一つの階層として利用するものではありません。

Q: エピックとユーザーストーリーを利用しなくてはならないのですか?それ以外の課題タイプをインポートできますか?

A: JIRA Portfolio にはあらゆる課題タイプを利用できる柔軟性が備わっており、新機能やその他の課題タイプをインポートできます。エピックとストーリーの唯一の明確な利点として、上下関係がすでに明確であるため即座にインポート可能である点が挙げられます。他の課題タイプの場合、課題をどの階層レベルにインポートするのかを判断し (イニシアチブ、エピック、もしくはストーリーレベル)、親項目を選択する必要があります。

Q: リリースに対するイニシアチブの機能上の目的は何でしょうか?JIRA プロジェクトとの関連はどのようなものでしょうか?

A: イニシアチブは、エピックとストーリーをより大きな作業の塊へとグループ化するもので、イニシアチブ内で複数のリリースをするような使い方が一般的です。またイニシアチブはビジネス上意味のあるスコープや投資といった意味を持つため、上層部に報告し、承認される粒度の項目となっている場合が多いと言えます。イニシアチブと JIRA プロジェクトとの間には、直接的・拘束的関係は存在しません。多くの場合、一つのイニシアチブの中に複数の JIRA プロジェクトのエピックやストーリーが存在します。それ以外のケースとして、一つのイニシアチブの中に一つの JIRA プロジェクトの全課題が存在する場合もあります。

Q: これによって、複数プロジェクト上におけるビューが可能となりますか?

A: はい。JIRA Portfolio におけるデータは、複数の JIRA プロジェクトのデータを持つことが可能な、プロジェクト横断型データです。

Q: 全ての変更が、私の JIRA プロジェクトに影響を及ぼす事になるのでしょうか?自分のプランの準備が整うまで、サンドボックスで作業する方法はありますか?

A: JIRA Portfolio では、柔軟なプランニングを可能にした設計となっているため、満足できるプランニングが完了するまでの間、保護されたサンドボックス環境で作業できます。既存の課題をインポートする際にはリンクが設けられるため、JIRA 課題の進捗およびステータス情報がリアルタイムで JIRA Portfolio にアップデートされます。プランニングにおける変更点 (担当者、リリースバージョン等) は自動的には JIRA 課題にプッシュバックされませんが、’Plan’->’Update linked Issues’ 機能により明示的に同期させる事が可能です。更に、プランのコピーを作成し、異なるシナリオを比較した後、選択したものを JIRA へ反映させることができます。

Q: JIRA で何かが変更する度にプランは自動的にアップデートされるのでしょうか?

A: ステータスと進捗は、常にリアルタイムで反映されます。課題の解決、あるいは見積った残り時間の変更といったその他の変更内容はプランに自動的に反映されないため、自身で手動更新する必要があります。これは、プランに対してどんな変更が生じているのか把握するための透明性を高めるためです。’Plan’->’Update from date'(ある日付からの変更点)においては、変更内容(課題の完了、見積った残り時間の変更)の一覧を得られるため、一括で確認することができます。チームがイテレーション開発している場合は、各スプリント後にこのアップデートを行い、チームが完了した作業に基づく最新のビューを取得する事をお勧めします。

もう一度ご覧になりますか?

ウェビナー動画はここから視聴できます:

準備が整いましたか?今すぐ JIRA Portfolio をダウンロードしましょう!

JIRA Portfolio トライアル

Cloud に関する簡単な最新情報

Summit 2014 における JIRA Portfolio の発表以来、我々はその反響に非常に驚いています。多くの方々が質問、コメント、そして商品の更なる改善に向けたアイディアを伝えてくれました。JIRA ファミリーの最新メンバーに対する皆さんの関心にはただただ驚くばかりであり、今後も是非その意見を我々と共有して頂きたいと思います。

最もよく聞かれた声として、JIRA Cloud を利用している人たちが JIRA Portfolio を自身のチームや組織に展開できるようにしたいというものがありました。Summit における JIRA Portfolio の発表を決断した際は、まず Server による提供で開始しましたが、その理由は単純に Cloud による提供に改善の余地が存在したからでした。Cloud のお客様には我々の製品を通じて最高の体験を得て頂きたいため、Cloud 向け JIRA Portfolio のリリースを延期する判断を下したのです。

我々ソフトウェア開発に従事している人間は皆、予測や推定が必ずしも科学的では無いという点を理解しています;-)。しかし、多数の方々は事前に計画できるよう、せめて大まかな時期を知らせてほしいと望まれました。恐らく、Portfolio Cloud は来年初頭、3月頃に発表できるものと見込んでいます。この製品を完了させる事が、我々にとっての最重要事項となっていますのでご安心下さい。乞うご期待!

いつも関心とサポートを頂きありがとうございます。我々も皆さん同様に興奮しています!

Anu Bharadwaj

JIRA、グループ プロダクトマネージャー

*これは JIRA Portfolio の Q&A に関する、絶えず推移するロールアップである点にご注意下さい。2014年10月4日以後に投稿された、 追加の質問と回答 に目を通して、再び確認して下さい。

*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2014 年 10 月 9 日投稿 “Webinar recap: ‘Intro to JIRA Portfolio’