FishEye 3.0 と Crucible 3.0 をご覧ください。コード検索、可視化、そしてレビュー機能の大規模アップデートが、開発チームの毎日の仕事をよりスピードアップさせるでしょう。このリリースによってデベロッパーは、コードリポジトリ全体の変更の管理、知識の共有、そしてコラボレーション・サイクルの加速を可能にする、より力強い方法を得る事になります。特に Subversion リポジトリにおいて、プリコミットの閲覧をより簡単にできるようになり、インデックス作成パフォーマンスがかつてないほど向上したことをデベロッパーは感じることでしょう。新しくなった FishEye とCrucible をぜひどうぞ!

FishEye / Crucible 3.0 今すぐトライアル

パフォーマンスを最適化

FishEye と Crucible チームは、ユーザーのために開発スピードの改善について特に焦点を置いてきました。私たちの目標は、はじめた瞬間からリポジトリをインデックスしコード閲覧を閉じるまで、パフォーマンスを最大化するということです。開発過程において貴重な時間を節約するのに貢献し続けることが、重要なのです。

FishEye 2.8 ではアクティビティ・ストリームやプロジェクト・リストといった主要なページでのロード時間の改善に焦点をおきました。2.9 ではパフォーマンスに焦点を置きながら、JIRA、FishEye、そして Crucible の間にあるいくつかの共通操作における時間を短縮するよう改善しました。特にソースタブとレビュータブです。それから 2.10 では、サーバー・ロードを削減し、すべての操作を速くしました。特にエンタープライズチームにおいてです。ページロード、レビュー、レポートなど。私たちは 3.0 においてもパフォーマンスをテーマにし続けていきます。

新しくなった高速 Subversion インデックス エンジン

Subversion ユーザーの皆様、深呼吸して下さい: FishEye と Crucible を使い始めるために Subversion リポジトリのフルインデックスを待つ必要は、もはやなくなったのです。最新のリリースでは、インテリジェントなインデックス化を行っていて、インデックス作成が進行中の間も、最新の変更セットの閲覧とレビューの作成が可能になりました。どうでしょう!

fe-scanning

3.0 と 2.10 のインデックススキャン時間を比較して違いを確かめてみて下さい。FishEye と Crucible のテスト インスタンスにおいて測定されたデータです。

Screen Shot 2013-06-02 at 9.05.15 PM

これらの改善が、Subversion ユーザーにとって次のような利点をもたらすのです:

  • すぐに生産的になる:  最近の変更セットを閲覧し、レビューを作成することは、10倍速くなりました。
  • 進捗状況を理解できる: 新しい進行スクリーンによってリポジトリをインデックスするのにどれくらい時間がかかるかをより理解できるようになります。
  • より速い JIRA 連係: JIRA のソースタブとレビュータブにある情報は、インデックス作成の実行中でも使用可能です。

インデックス作成をもう待つことはありません!巨大なリポジトリ (=エンタープライズチーム) がコード品質をかつてない速さで改善できるのです。

まだあるパフォーマンス向上

私たちはそれだけでは止まりませんでした。FishEye と Crucible をユーザーの成長とともに速いものにし続けたいのです。並列パフォーマンスの改善にとても注力しています。レビューの作成やコミットの閲覧といった毎日利用している共通の操作にわたって改善があることに気づくでしょう。

  • 速くなったソースブラウザ: 内部データベースを更新 (InfinityDB-3 まで) しました。これは、より優れた並列アクセス・スピードと、より良いブラウザ・エクスペリエンスを意味しています。
  • すばやくなったレビュー作成: 技術的な詳細としては、Crucible でのレビュー作成または修正の際、いくつかの SQL ステートメントを最適化しました。これはつまり、レビューの作成または修正の時間が短縮され、貴重な時間を節約できるということです。

FishEye と Crucible の 3.0 と 2.10 を比較した、テストサーバ ロードの際の、ブラウジング改善をご覧ください。

Screen Shot 2013-06-03 at 12.54.10 PM

合理化されたプリコミット レビュー

簡単に言うと、プリコミット (あるいはパッチ) のレビューとは、リポジトリにチェックインする前にコード変更をレビューするという意味です。一般的に、チームはプリコミット レビューをコードレビューのワークフローの一部として採用しますがその理由は以下のとおりです:

  • 異常を早めに検知する: チームの他のデベロッパーが、レビューの間に発見される異常またはバグに影響されないようにするため。
  • コードをクリーンに保つ: リポジトリに入るすべてのコードが高品質であることを保証するため。
  • プロセスを強制する: レビューがいつまでも延期されたり、決して片付かない量にまで積み重なっていくことがないようにするため。

Screen Shot 2013-05-24 at 12.25.19 PM

コマンドライン インターフェース (CLI) プリコミット レビュー

今日まで、Crucible は Crucible ユーザーインターフェースを通じて、パッチファイルを更新することで、プリコミット レビューを扱ってきました。私たちはこのプロセスを合理化したいと考え、そこでデベロッパーが流れを止める事なく作業できるようにしました。Crucible 3.0 はプリコミット レビューの作成、または既存のものの更新をコマンドラインからできるようにするために、コマンドライン インターフェース (CLI) ツールを導入しました。Crucible へのログインは不要で、コンテキストスイッチもありません。これは、レビューの過程から貴重な時間を節約し、コード作成者をコード作成のみに集中させられるのです。

Screen Shot 2013-05-29 at 10.34.08 PM

CLI プリコミット レビューは、Subversion、Perforce、CVS、Mercurial、Git などの対象バージョン管理システムで動作可能です。

反復的なプリコミット レビュー

コードレビューは、当然反復され、プリコミット レビューも同様です。それに向き合いましょう: ほとんどすべてのレビューは、リファクタリングまたは改変する必要性が見つかりますし、いくつかのリビジョンを含むのはレビューにおいてよくあることです。Crucible は自動的に何をレビューしたかをファイル、リビジョンレベル、コメントの段階で追跡します。最新の変更のみが表示され、残りすべてをかきわけていく必要がなくなるのです。Crucible 3.0 においては、反復の間ずっと、レビューの管理が簡単です。

  • 古くなったファイル: いつ新しいリビジョンに更新されたのかが分かります。これをワンクリックでレビューに加えましょう。
  • 作業を追跡: Crucible は、どのファイルやコメントが作業済みかを追跡し、新しいリビジョンまたはコメントを加えてそれらをリセットします。

WhatsNew_Annotated_Crucible_2

コードレビューの反復によって、チームがコラボレーションしてコード変更することが簡単になります。コードを最高品質にするのに役立ちます。

完全に新しいユーザー エクスペリエンス

JIRA と Confluence に続いて、FishEye 3.0 と Crucible 3.0 は、アトラシアン デザイン ガイドライン (ADG)に準拠する新しいユーザー・エクスペリエンスを導入しました。ゴールはシンプルです。主要な要素を前か中央に置くことにより、デベロッパーがとどまることなく仕事をすすめられるようになっています。設計を見なおしたことは、FishEye と Crucible の操作をより簡単にするための、第一歩に過ぎません。

新しいグローバルヘッダー

FishEye と Crucible にログインするとき、最初に目に付くことのひとつは新しいグローバルヘッダーでしょう。FishEye と Crucible の操作が、最近のリポジトリ、プロジェクト、レビュー、そしてユーザーへ素早くアクセスできることによって、より簡単になるのです。

アプリケーション ナビゲーター

多くの FishEye ユーザーは、JIRA または Bamboo といった他のアトラシアン アプリケーションとつなげています。ユーザーは、簡単に FishEye と JIRA またはほかのいかなるアトラシアン アプリケーションとも FishEye と Crucible ヘッダーから切り替える事ができるようになりました。ブラウザにブックマークする必要もありません。私たちがあなたのために仕事をしますから。

WhatsNew_Annotated_Crucible_1

JIRA ソース、レビュータブを再設計

ソースコード管理者にとって大事な要素は、課題との関係性です。多くの FishEye ユーザーは、ソースを JIRA へリンクしていて、コード変更とそれらの引き金となるタスクとの間のループを完成させています。私たちはユーザー エクスペリエンスを簡単なものにしたかったのですが、ユーザーの課題解決に必要なので重要な情報を与えるようにしています。

jira-source-review-tab

FishEye 3.0 とCrucible 3.0 で開発スピードを改善しよう

FishEye と Crucible を使うのは初めてですか? 無料 30 日間トライアルに申し込み、ほんの数分で使用開始できます。

FishEye / Crucible 3.0 今すぐトライアル

すでに FishEye と Crucible をお使いですか? 3.0 へのアップグレードまではほんのワンクリックです。FishEyeCrucible のリリースノート全文をご覧になり、アップグレードを始めてください。


*本ブログは Atlassian Blogs の翻訳です。本文中の日時などは投稿当時のものですのでご了承ください。
*原文 : 2013 年 6 月 3 日 “Introducing FishEye and Crucible 3.0 – Search, visualize and review code. Faster.